「NFTアートのコミュニティを作るためにDiscordを始めたいけど、使い方がよくわからない‥‥。」

NFTアートのコミュニティを作るためにDiscordが有効と聞いたけど、使い方がよくわからない。

普段コミュニティに参加することがない方にとっては、Discordの使い方はよくわからないものですよね。

そこで、この記事では初心者の方にもわかりやすくDiscordの使い方を解説します。

記事を読めば誰でも簡単にDiscordが使えるようになりますし、詐欺に遭わないための方法も知ることができます。

ぜひ最後まで記事を読んでDiscordでコミュニティを作ってみてくださいね。

この記事をざっくり要約!

  • Discordサーバーは、LINEのグループみたいなもの
  • 二段階認証で乗っ取りを防止しよう
  • 怪しいDMには要注意!

Discord(ディスコード)の基本的な使い方

Discordを使うためには、まずアプリ画面のアイコンの意味と用途を理解する必要があります。

詳しく解説していきます。

一番左のコントローラーの形をしたアイコンをタップすると、「トーク画面」に進むことができます。

トーク画面は画像のようになっているのですが、トーク画面の一番左のアイコンが並んでいるところには「自分が参加しているサーバー」が表示されています。

サーバーとは、LINEのグループのようなものです。

サーバーが表示されている右側には「カテゴリー」と「チャンネル」が表示されています。

「#」のマークはテキストチャンネル、スピーカーのマークのチャンネルはボイスチャンネルです。

チャンネルをタップするとトーク画面に進み、チャンネルに参加している人同士で音声やテキストで交流することができるようになっています。

メッセージを長押しすることで、返信やリアクションを取ることが可能です。

トーク画面を左にスワイプすると、参加している人の一覧を見られます。

サーバーの上の吹き出しのメッセージをタップすると、DM(ダイレクトメッセージ)を確認することができます。

人型のアイコンをタップすると、「フレンド一覧」が表示されます。

虫眼鏡のアイコンをタップすると「参加しているサーバー全体の検索」をすることができます。

@マークのアイコンをタップすると「メンションされたメッセージ一覧」を表示することができます。

一番右のアイコンをタップすると、「自分のアカウントのプロフィール」を確認できます。

以上がDiscordの基本的な使い方です。

Discord(ディスコード)の最初にすべき設定

Discordを使うときに、最初に設定しておいた方が良いことについて解説します。

設定しておくべき項目は

・二段階認証

・通知の設定

・DMの設定

の3つです。

二段階認証

まず、やっておくべきことは「アカウントの二段階認証」です。

二段階認証を行っておくことで、アカウントの乗っ取りを防止することができます。

プロフィール画面にいき、「マイアカウント」をタップします。

二段階認証を有効にします。

次に、「プライバシー・安全」をタップして、「ダイレクトメッセージの警戒レベル」を設定します。

基本的には「安全第一」がおすすめです。

通知の設定

参加しているサーバーが多くなると、たくさん通知が来て大変です。

通知が必要ないサーバーからは通知が来ないように設定しておきましょう。

通知をオフにしたいサーバーのアイコンを長押しすると、「通知」という項目が出てくるのでタップします。

サーバーの通知に関する項目が設定できますので、必要に応じた設定にしてください。

自分へのメンションのみ受け取るなどの細かい設定ができるので、活用すると良いでしょう。

DMの設定

初心者の方はDMを受け取らないように設定しておくことをおすすめします。

理由は、DMを通じて詐欺が行われることが多いからです。

詐欺DMを自分で判断できるなら良いのですが、NFT界隈に詳しくないという方は知らない人からのDMは受け取らないように設定しておきましょう。

サーバー画面を開くと「ダイレクトメッセージ」という項目がありますので、許可しないように設定しておきましょう。

これで最初にすべき設定は完了です。

Discord(ディスコード)詐欺に注意!

最後に、Discordを使う際の注意点について解説します。

Discordではメンバーであれば誰でも投稿することができるため、詐欺が多発している状況にあります。

詐欺に遭わないためには

・DMを受け取らない

・怪しいURLはクリックしない

・初心者であることを教えない

という3点に注意する必要があります。

詳しく解説していきます。

DMを受け取らない

先ほども説明しましたが、多くの詐欺はDMを通じて行われます。

なので、初心者の方はDMを受け取らないように設定しておきましょう。

設定方法は前の「DMの設定」で解説しています。

もしNFT界隈に慣れてきてDMを受け取るようにする場合も、いきなりNFTの購入を進めてくるようなDMはほぼ100%詐欺の可能性が高いです

絶対にそのような相手からは購入しないようにしてください。

怪しいURLはクリックしない

公式のDiscordには公式のアナウンスがされる「アナウンスチャンネル」があるのですが、そこで詐欺が多発しています。

ひどい場合は運営のアカウントを乗っ取って詐欺メッセージを送ってくるということがあります。

乗っ取りを見極めることは難しいのですが、サーバーのルールによく目を通したり、内容をよく読んだりして違和感を覚えたらURLをクリックしないようにしましょう。

初心者であることを教えない

「質問チャンネル」などで初心者とわかるような質問は避けましょう。

なぜかというと、詐欺師というのはNFTのことがよくわかっていない初心者をターゲットにするものだからです。

詐欺師に狙われないためにも、Googleで検索したらすぐにわかるようなことは質問しないようにしましょう。

まとめ

この記事では、

・Discord(ディスコード)の基本的な使い方

・Discord(ディスコード)の最初にすべき設定

・Discord(ディスコード)では詐欺に注意

と言うことをお伝えしました。

NFTアートのファンを作って効率よく販売するためにはコミュニティの作成が必要不可欠です。

今回解説したDiscordやTwitterのコミュニティ機能を使ってファンコミュニティを形成していきましょう!

売れるNFTアートの作り方はこちらから↓

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事