物価高でも上がらない賃金。人口減少で縮小する日本市場。そんな中で「全世界が市場のメタバースでビジネスをしたい!」と思われているあなたへ!脈々と続く日本の歴史・文化から生まれた仕組みや商品・サービスを全世界に発信していける面白い人達の関係を築くためのコミュニティである「SAMURAIバース」を紹介いたします。

この記事のザックリ要約!

✅士業インフルエンサーがメタバース活用のコミュニティを構築。その名もSAMURAIバース

✅目標はコミュニティ参加メンバーの士業の単価を上げる、コミュニティ内での協業を増やすこと

✅賃金が上がらない安い日本、そこから脱却し、メタバースを活用して世界に羽ばたこう

SAMURAIバースとは

SAMURAIバースはもともとメタバース士業交流会から始まりました。

士業をメタバースに呼び込み、より高い付加価値の出せる業務を提供しよう、ワクワクする仕事をやっていこうというのを目的に、メタバース士業交流会を発足しました。

おかげさまでメタバース士業交流会の会員数も300名を超え、士業のみならずWeb3.0やNFTビジネスを手掛けている方も参加いただいています。

士業はサムライ業とも言われています。サムライ=SAMURAI×メタバースということで、SAMURAIバースと命名しました。

次世代型の新たなビジネスをこのSAMURAIバースでつくってもらえるようにしたいと思っています。簡単にいうと、コミュニティ内でベンチャー企業を立ち上げて世界に発信していきたいと思っているのです。

多くの方がSAMURAIバースでワクワクする仕事を経験してもらえるようなコミュニティを目指すべく、SAMURAIバースの事務局一同は日々業務に励んでおります。

下記にSAMURAIバース発足までの道のりを解説します。

メタバースと日本再興の可能性

みなさん

「安い日本、賃金の上がらない日本」というニュースを目にしたことがあるのではないでしょうか?

士業をはじめとした専門家であっても、その状態になっており、専門家も苦労している事態です。

ですが、

「ピンチに見えるこの状況も、チャンスなのではないか?」

と考えられるようになりました。

というのも、なぜなら

「日本は素晴らしい文化や仕組みがあるのにも関わらず、それを海外に発信して外貨を獲得していない伸び代があるから」

です。例えば、世界的に見ても和食はヘルシーで人気です。和食といえば、しょう油、だし、味噌が欠かせませんよね。でも、こだわりの醤油を販売しているのに日本国内の市場でしか販売していない・・・。

「どうやって作っているのか、どんなこだわりがあるのか」という背景・舞台裏を海外へ発信できていない企業は多いのではないでしょうか?

士業の働き方もそうですが、

「特定の地域の中で、知る人ぞ知るという状態で止まっている・・・」

という状態。

SNSの登場と普及、オンライン化により日本国内全体の市場に発信できるようになったものの、国内の市場ですらまだまだ発信が不十分ですし、

・言語の壁

・法律の壁

・物理的時間の壁

などの壁があり、海外への発信や外貨獲得の取り組みができていないのです。

法律については、士業は専門家ですので法律の壁は突破していけますし、テクノロジーの進歩でメタバースが登場し、その市場は「世界市場」になっています。

つまり、日本で暮らしながらでも海外に素晴らしい日本の文化や仕組みの情報やノウハウ自体を発信していけるとてつもない可能性がある状況なのです。

あるドキュメンタリーからの危機感と希望

2018年、SAMURAIバース創立者の笹がまだ公務員だった時のある日の話です。

テレビをつけていると、ベトナムから日本に出稼ぎに来られたあるママさんのドキュメンタリーが流れていたのです。

そのママさんは日本では清掃業で働かれていて、

「正月は帰れません、稼ぎ時なので!クリスマスに少しベトナムに帰ります」

とインタビューで答えながら帰国するために移動されていました。

帰国し、ようやく家に着くと泣きながらママさんと子どもが再会。

ぼくにも子どもがいるので、そのご家族の姿がすごく印象的でした。

今、日本でエンジニアとして働いている友人の年収が600万円なのですが、海外で同じサービスを提供すると年収2000万円になるということを聞きました。出稼ぎにいこうとする気持ちもわからなくもない・・・。

「本当は家族と暮らしたい」

とドキュメンタリーで話されていたベトナムのママさんのように泣く日本人を増やしたくないですし、ぼくもそうなりたくないのです。

まだ、手は打てると信じています。

世界市場で発信を行うことで、

「日本ってすごい国じゃないか!」

と価値を海外の方々に発見してもらえる可能性や、日本国内で暮らしながらメタバースで海外のチームに所属して働ける可能性があるのです!

例えば、海外のある方が、

「和食レストランを開きたいからアドバイスがほしい」

と悩まれていたらどうでしょう?

日本人のプロジェクトチームでその方のアドバイザーになることができますし、おいしいだけでなく健康に配慮したホンモノの食材やだし、醤油、味噌やそれらを使った料理、おもてなしなどの情報・ノウハウなどを提供していけるイメージが湧きませんか?

「これは本当に良い商品、サービスなんです!」

「今、こんな斬新なアイデアを持っているんです!」

という想いの経営者、起業家の方や、法律の壁をクリアできる士業、想いを言語化するライター、投資家の方など必要な人脈、専門家が出会い、プロジェクトを作っていける場を作っていきたいのです。

ワクワクしてきませんか?

このビジョンの元、まだまだメタバースそのものを体験したことのない方や、世界に向けたプロジェクトのお披露目の場を企画しました!それが、【SAMURAIバース】です!

SAMURAIバースの目指す未来:日本を世界につなぐ

まだまだ、メタバースは日本では浸透していません。インターネットが登場した時もアメリカでは「インターネットを使って世界や生活をこう変えたい」というエネルギーから世界的な検索エンジンやITサービスが生まれました。

メタバースもそれと同じ、市場が「世界」になるということや「メタバースを使って世界や生活をこう変えたい!」というニーズが生まれる大転換期なのです!

ぼくたち日本人はそこで勝負できないのかというと、そうではありません。

日本には、脈々と流れてきた歴史、文化を元にした素晴らしい商品やサービスがあります!

"日本"を"世界"につなぐ

"古き良き"を"未来"につなぐ

これがSAMURAIバースが目指す世界です。

一緒にみなさんで面白いことをやっていきませんか?

創立者の笹圭吾とは

大学卒業後、大阪国税局に入局。

在職中、税理士試験に合格し17年間勤務した後に税理士事務所を開業。

SNSを活用した集客に成功し、開業後1年間で100社以上の顧問契約を獲得するものの、自らのビジネスの幅を拡大するために顧問業から撤退する。

副業解禁、個人が活躍できる時代を背景に、従来にない税務周りに困っている暗号資産(仮想通貨、Web3.0、メタバースといった最新のビジネス領域に係る法律。制度の未整備エリアで困っている個人や法人に対して税制面でサポートを行っている。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事