日本発のNFTマーケットプレイス「LEAD EDGE」。仮想通貨に関心がある人なら一度は耳にしたことがあるかもしれませんが、実際に利用した経験がある人は少ないですよね。

そこで今回は、LEAD EDGEの概要・特徴・将来性についてご紹介します。日本のNFT市場を盛り上げるきっかけを作ったマーケットプレイスでNFTを取引してみましょう。

コインチェックおトクなキャンペーンを実施中!
【1,500円相当のBTCが全員もらえる】口座開設&入金でビットコインあげちゃうキャンペーン

■キャンペーン期間
2022年7月1日(金) 0:00 ~ 2022年9月30日(金) 23:59

■キャンペーン概要
キャンペーン期間内で条件を満たした方全員に1,500円相当のビットコイン(BTC)をプレゼント

■キャンペーン対象者
キャンペーン期間内に本人確認(口座開設)完了後に72時間以内に日本円入金を行ったお客様


ビットコインがもらえるコインチェックの口座開設はコチラ

NFTマーケットプレイスとは

NFTマーケットプレイスとは、利用者が自由にNFTを取引できるプラットフォームのこと。クリエイターが製作したNFTを一次販売したり、それを購入した人が仮想通貨にてNFTを二次販売したりできます。

OpenSea・Rarible・SuperRareといったNFTマーケットプレイスが世界的に有名です。特にOpenSeaは世界最大のNFTマーケットプレイスで、2022年1月前半の取引高は約27億ドル(日本円にして約3100億円)となっており、今後もさらなる盛り上がりが期待されます。

とはいえ、多くのNFTマーケットプレイスは英語ベースであるため、日本人にとってはなかなか参入しにくい領域です。そこで近年、日本語に対応したNFTマーケットプレイスも徐々に増えてきたので、本記事ではその代表格である「LEAD EDGE」についてご紹介します。

国産NFTマーケットプレイス「LEAD EDGE」

国産NFTマーケットプレイスとして注目を集めているのが「LEAD EDGE」。英語が苦手な日本人にとっては理解しやすく、NFT初心者でも始めやすいのが魅力です。

LEAD EDGEとは

LEAD EDGEは日本発のNFTマーケットプレイスです。Onigiriman・YokogaoProfileなど人気クリエイターが参入したことで話題となりました。最近ではSHIBUYABlockchainRecordsのような企業も参入しており、さらなる盛り上がりをみせています。

LEAD EDGEの概要

LEAD EDGEは「あらゆる『モノ』を『資産』に変える」というコンセプトで設計されたプラットフォームです。世の中には真っ当な評価をされていない「無形価値」があふれています。それをデジタルの力で「資産」に変えることが、LEAD EDGEの目指すところです。

LEAD EDGEの特徴

LEAD EDGE最大の特徴は、なんといっても日本語ベースであること。NFTの発行・販売・購入・転売まで、すべて日本語で取引できます。

NFT市場では、世界的にみるとEthereumチェーン上のETHという仮想通貨での取引が多いですが、LEAD EDGEではPolygonチェーン上のMATICという仮想通貨での取引となります。

そのため、世界のコレクターへのアピールという意味ではやや弱いかもしれませんが、取引数が多い・初心者でも始めやすいという点がメリットです。

LEAD EDGEの将来性

国産NFTマーケットプレイスのLEAD EDGEは始まったばかりの事業であり、さらなる将来性が期待されます。

LEAD EDGEは、株式会社リードエッジコンサルティング(以下、LEC)が運営する事業の一環です。LECは2021年4月より新たに業界問わずあらゆるモノのデジタル化に挑戦し始めたスタートアップ企業であり、NFTマーケットプレイスの他にも、NFTメディア「NFT NOW」・NFTコンサルティング・DX支援事業・デジタルIP開発事業などを行っています。

新しい企業の新規事業ということもあり、まだまだ規模は小さいのが現状です。しかし最近では日本の芸能人でもNFT取引に参入する人が増えており、仮想通貨市場全体が盛り上がりをみせています。市場全体の拡大に伴い、マーケットプレイスであるLEAD EDGEの重要性も高まっていくのは、ほぼ間違いないといえるでしょう。

LEAD EDGEの使い方・始め方

LEAD EDGEを利用するには、MetaMaskウォレットとLEAD EDGEアカウントが必要になります。

MetaMaskのウォレット作成

ウェブストアからMetaMaskをインストールして、画面の指示に従いながら初期設定を行いましょう。

初期設定の際に「パスワードの作成」と「秘密のバックアップフレーズ(シークレットリカバリーフレーズ)の発行」を行います。この2つを忘れると、万が一のときにアカウントを復元できなくなるため、必ずメモして大切に保管しましょう。

最後に秘密のバックアップフレーズの確認を行い、正しく入力するとMetaMaskウォレットの作成完了です。

LEAD EDGEのアカウント作成

MetaMaskウォレットの作成が済んだら、LED EDGE公式サイト(https://leadedge-c.com/ )へアクセスします。

画面の指示に従い、MetaMaskのメインネットを「Polygon Mainnet」へ切り替える・画面右上の丸いアイコンから「アカウント設定」をクリック・ユーザー名やメールアドレスなどを入力すると新しいアカウントが作れます。

LED EDGEはスマートフォンからも利用できますが、その場合はMetaMaskのスマートフォン版アプリケーションからアクセスする必要があるので注意しましょう。

日本のNFTマーケットプレイスの未来

日本のNFTマーケットプレイスは今後もさらに拡大していくと予想されます。LEAD EDGEの他にも、2021年4月にグローバルリリースされた「nanakusa」も有名です。

NFT市場へ参入する際に障壁となっていた、ブロックチェーン技術の理解についても、書籍・ブログ・YouTubeなどでわかりやすく学べる環境が整いつつあります。初心者でもフリマ感覚でNFT売買を楽しめる未来もそう遠くないでしょう。

時代に取り残されないためにも、まずは国産のマーケットプレイスでNFT取引をはじめてみましょう。日本のNFT市場のさらなる盛り上がりに期待です。

国産マーケットプレイス「LEAD EDGE」でNFTを売買しよう

今回は、国産NFTマーケットプレイスLED EDGEについてご紹介しました。日本語ベースのプラットフォームであるため、NFT取引の経験がない人でも理解しやすいのが魅力です。日々、進化する仮想通貨市場への第一歩としてもおすすめなので、興味がある人はぜひ利用してみてくださいね。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事