今回は、TwitterのツイートをNFT化して出品するまでの手順を徹底解説します。この記事を読めば、主に以下の3つのことがわかるので、ぜひ最後までご覧ください。

・ツイートNFTについて理解できる

・ツイートをNFT化する方法がわかる

・HEXAの使い方をマスターできる

はじめに、ツイートNFTとそのメリットについてお話しするので、あわせてチェックしておきましょう。

はじめに:ツイートNFTとは?

まずここでは、「ツイートNFTとは何か」について解説します。

一言で説明すると、ツイートNFTとは、ツイートの所有権のことです。

ただ、NFT化することでツイート自体が他のアカウントに移動するというわけではありません。

NFT化したツイートは、あくまでその本人のアカウントに残り続けます。また、そのツイートをいつでも削除することが可能です。

そのため、「NFT=所有権」という認識はよくある勘違い。正しい認識としましては、そのツイートに対して「私が購入したよ」「このツイートは僕のなんだ」と主張することができる権利。それこそがNFTです。

では、どのような人がツイートNFTで得をするのでしょうか。次の項目では、ツイートNFTを”発行する人”と”購入する人”という2つの面から、そのメリットを検討していきます。

ツイートNFTを発行する人のメリットは?

ツイートNFTを発行したり、購入したりすることにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

まずは、発行者側のメリットを見ていきましょう。ツイートNFTを発行するメリットは、主に以下の3つが挙げられます。

①NFT販売を通じて収益が得られる

②ファンとの繋がりを強固にできる

③新しいファン層が獲得できる

ひとつずつ見ていきましょう。

メリット①:NFT販売を通じて収益が得られる

ツイートNFTの発行者が得られる1つ目のメリットは、収益が得られる点です。これが最もシンプルで、注目されている要因ですね。

発行者はツイートNFTを発行して販売することで、その販売収益を得ることができます。手数料はいくらかかかりますが、販売額のほとんどを発行者が得られるのが魅力です。

メリット②:ファンとの繋がりを強固にできる

2つ目のメリットは、ファンとのつながりを強固にできる点です。ツイートNFTを発行する人の多くは、インフルエンサーなどの著名人。

そんな彼らとファンとの関係性を強固にするのが、このツイートNFTです。ツイートNFTの購入者はそのインフルエンサーと1対1の関係性が構築され、他のファンとは頭ひとつ抜けたファンとして認識されます。

そのことにより、今まで以上に質の高いファンが獲得できるため、お金を稼げるという点以外にも、ツイートNFTを発行するメリットはあると言えそうです。

メリット③:新しいファン層が獲得できる

最後、3つ目のメリットは新しいファン層を獲得できる点です。先ほどファンとの関係性を強固なものにできるとお話ししましたが、その一方で新しいファン層の獲得にもツイートNFTは一役買ってくれます。

多くのNFTは将来的に価値が上がったり下がったりするため、NFTアートを投資目的で購入する人がたくさんいます。そして、それはツイートNFTも例外ではありません。

そのため、「この人は伸びそうだな」と目をつけた資本家が、駆け出しの著名人のツイートNFTを購入すると言うケースも今後出てくるでしょう。

このことから、ツイートNFTを発行すれば、投資的にファンになる層をインフルエンサーは獲得することができます。

以上が、ツイートNFT発行者が得られる3つのメリットです。次に、ツイートNFTを購入する側のメリットを見ていきましょう。

ツイートNFTを購入する人のメリットは?

ここからは、購入者側の目線からみたツイートNFTについて解説します。ツイートNFTを購入する側が得られるメリットというのがこちら。

①ファン活動が一種の投資になる

②有名人と”1対1”の関係性が築ける

ひとつずつ見ていきましょう。

メリット①:ファン活動が一種の投資になる

ツイートNFTを購入する1つ目のメリットは、ファン活動が投資につながるという点です。

と言うのも、ツイートNFTは一種の資産になり、その価値が上がる可能性を秘めています。

そのため、ファンの証として購入したツイートを売買することで収益を上げることが可能です。

これはかなり革新的で、これまでのファン活動の多くは投げ銭やプレゼントといった”一時的なもの”ばかり。

これを踏まえると、ツイートNFTの購入は新しい形のファン活動とも言えそうです。

メリット②:有名人と”1対1”の関係性が築ける

2つ目のメリットは、有名人・インフルエンサーと1対1の関係性を構築できるという点です。

ツイートNFTを購入すれば、世界に1つだけ存在する特定のツイートに対して、特定のたった1人のファンが権利を主張できます。

さらに、購入者はただ権利を主張できるだけでなく、自分のニックネームや自分のTwitterのアカウントURLを保有者欄に掲載することが可能。

そのため、インフルエンサーに自分の名前を認知してもらうことができます。

以上が、ツイートNFTを購入するメリットです。発行する側も購入する側も、別々の形ではありますが、お金を稼ぐことができるのは非常に魅力的ですよね。

ツイートNFTの出品方法を解説【HEXAを使えば、計7STEPで完了します】

では、ここからは実際にツイートNFTを出品する方法を解説します。HEXAを使えば、計7STEPでツイートNFTの発行から出品を行えますよ。

その手順というのがこちら。

①NFT化するツイートを決める

②ツイート単体のURLをコピーする

③「HEXA」の公式HPにアクセスする

④『NFTを発行する』をクリックする

⑤Twitterアカウントを認証する

⑥NFT化するツイートを設定する

⑦NFTの発行条件を設定する

ひとつずつ見ていきましょう。

STEP①:NFT化するツイートを決める

まず、NFT化したいツイートを決めましょう。最初は、自分のTwitterアカウントの一番最初にしたツイートや、バズったツイートを中心にNFT化してみるのがオススメです。

STEP②:ツイート単体のURLをコピーする

NFT化するツイートを選んだら、そのツイート単体のURLをコピーしてください。

STEP③:「HEXA(ヘキサ)」の公式HPにアクセスする

次に、ツイートNFTを発行できる「HEXA(ヘキサ)」というサイトにアクセスしましょう。

上のリンクをクリックして、下のような画面が表示されればOKです。

STEP④:『NFTを発行する』をクリックする

公式HPにジャンプしたら、『NFTを発行する』というタブが上部にあるので、それをクリックしてください。

そしたら、このような画面が表示されます。表示されたら、次にSTEPに移りましょう。

STEP⑤:Twitterアカウントを認証する

そしたら、上にある『Twitterアカウント認証する』というボタンをクリックしてください。

STEP⑥:NFT化するツイートを設定する

Twitterアカウントが認証されたら、画面が変わりNFT化したいツイートを設定できるようになります。

そこで、最初に選んだツイートのURLをコピペしてください。

STEP⑦:NFTの発行条件を設定する

NFT化するツイートを設定したら、その発行条件も設定していきましょう。

このような画面から、以下の項目について設定していきます。

  • 発行チェーン(MATIC or ETH)
  • 販売方法(固定価格 or オークション)
  • 販売方法(先着順 or 抽選)
  • 希望販売期間
  • 二次ロイヤリティ
  • 販売価格の個別設定

以上の設定が終わったら、『利用規約に同意する』にチェックマークを入れて、『NFTを発行する』をクリックしましょう。

これで、NFT発行が完了です。みなさんの想像以上に簡単だったのではないでしょうか。

まとめ:HEXAを使って簡単にツイートNFTを発行・販売してみよう

今回は、誰でも簡単にできる「ツイートNFTを発行する方法」を解説しました。

NFTに関するサービスは近年多く登場しており、この記事で紹介したHEXAもその1つです。

ぜひこのようなサービスを活用して、みなさんの仮想通貨・NFTライフに役立ててみてはいかがでしょうか。

ツイートNFTも発行するだけでなく、購入という形で関わっていくこともできるので、ぜひ利用してみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事