売っているNFTの種類が多すぎて、どれを買えばいいか悩んでいませんか?

利益を狙って購入するのであれば、売上データや新着情報を抑えてトレンドを知ることが重要です。

この記事では、トレンドを知るのに役立つツールやアプリを紹介します。

この記事でわかること
・売上データなどを分析するのに使えるツールがわかる
・イーサリアム以外のブロックチェーンに対応しているツールもわかる
ツールごとの特徴や料金プランがわかる

売上データを知ることができれば、どんなNFTが頻繁に取引されていて値段が上がりやすいか分析できるでしょう。

自分がNFTを販売する際も役立つので、NFT取引をする人は本記事をぜひ読んでみてください。

無料で使えるNFT分析ツール

まずは、機能の制限なく無料で利用できるツールを紹介します。

次で紹介する有料ツールも含め、NFT分析に利用できるツールはイーサリアムだけに対応しているものがほとんどです

基本的にはOpenSeaで販売しているNFTを対象にしていると考えておくとよいでしょう。

NFTGo

NFTのあらゆるデータを確認できる総合的なプラットフォームです。

OpenSeaやRarible、Super Rareで公開されているNFTが集約されています。

また、販売量ランキングや新着NFT一覧、ドロップ情報など、表示される情報は豊富です。

コレクションやウォレットアドレスを検索できる、NFT検索エンジンも用意されています。

URLhttps://nftgo.io/
ネットワークイーサリアム
利用料無料
主な機能・市場データの視覚化・ウォレットのポートフォリオ表示

rarity.tools

NFTのレアリティ比較に特化したツールです。

コレクションのなかでどれだけ希少な属性(Properties)を持っているかを数値で評価し、合計スコアとして比較できます。

NFTに設定されている属性が希少であるほど数値は大きくなります。

服の上下が同じものでないと点数が高くならないなど、独特なルールで数値付けがされているようです。

URLhttps://rarity.tools/
ネットワークイーサリアム
利用料無料
主な機能・レアリティ確認

NonFungible

マーケットトラッカーを利用して、NFTの基本的なデータを確認できます。

その機能とは別に、NFTマーケット全体のデータをグラフで表示する機能もあります。

グラフはダウンロードすることができ、PNGなどの画像形式やCSVなどのデータ形式を選択することが可能です。

市場データのレポートなどもダウンロードできるため、NFT全体の動きを調べるのに利用するとよいでしょう。

URLhttps://nonfungible.com/market-tracker
ネットワークイーサリアム
利用料無料(一部レポートは有料版もあり)
主な機能・市場データの閲覧・グラフのダウンロード・レポートのダウンロード

NFT Stats

NFTやコレクションの統計情報がシンプルにまとまっています。

機能が限られているため、ほかのツールやサイトを利用していると物足りなく感じるかもしれません。

そのぶん、このサイトでできることを把握しやすいでしょう。

URLhttps://www.nft-stats.com/top-collections/trending
ネットワークイーサリアム
利用料無料
主な機能・市場データの閲覧・レアリティ確認

Flips

OpenSeaの売上データをチェックできます。

ランキングで比較できる項目が多く、リスト数(出品数)の増減量で比べることも可能です。

ライブフィード(Live Feed)では5分以内の販売傾向もチェックできるので、より新しい情報を入手できます。

また、Discordで利用できるBOTが用意されており、自分のサーバーに追加すればDiscordからデータのチェックができるようになります。

URLhttps://www.flips.finance/
ネットワークイーサリアム
利用料無料
主な機能・市場データの閲覧・リアルタイムな売上データチェック

flooredApe

自分のウォレットを接続することで、NFTポートフォリオを閲覧できるアプリです。

自分の持っているNFTがリスト表示され、OpenSeaやCoinGeckoのデータをもとにした資産評価額を知ることができます。

持っているNFTのコレクションに関する情報(フロア価格など)も確認できるので、自分の資産まわりの基本的なデータが得やすいアプリだといえるでしょう。

ちなみに、flooredApeが発行しているNFTを購入すると、今後実装する機能を決定する際の投票権などが得られます。

URLhttps://flooredape.io/
ネットワークイーサリアム
利用料無料
主な機能・ポートフォリオ表示

有料で機能を増やせるNFT分析ツール

ここでは、NFTを購入したりETHを払ったりすることで全機能が使えるようになるツールを紹介します。

無料でも利用はできますが、料金を払わなければ全機能の半分も使えないツールも存在します

無料での利用はお試しとして、課金を前提にしたほうがよいかもしれません。

NFTScoring

コレクションの売上ランキングや新着コレクションなど、多様な機能が揃っています。

表示できるデータで特徴的なのは、コミュニティスコア(Community Score)で、コミュニティのコンバージョン率が数値化されている点です。

無料でも使える機能が多いですが、課金することで確認できる情報の種類が増加します。

URLhttps://nftscoring.com/upcoming
ネットワークイーサリアム
利用料・1ヶ月-0.06ETH・3ヶ月-0.15ETH
主な機能・市場データのチェック・新着コレクションの確認・ポートフォリオ表示

icy.tools

OpenSeaなどのマーケットプレイスをサポートしているNFT分析ツールです。

課金することで、約10秒ごとに取得されている最新データを得られます。

ポートフォリオやアラートなどの機能を利用するためにも、課金が必要です。

課金に必要な金額はドルで指定されており、クレジットカードとETHのどちらでも支払えます。

URLhttps://icy.tools/
ネットワークイーサリアム
利用料・1ヶ月-75ドル・6ヶ月-375ドル
主な機能・市場データのチェック・ポートフォリオ表示・アラート機能

Moby

無料ではランキングなどを閲覧できるものの、詳細なデータを確認するには課金が必要です。

大半の機能はロックされているため、Mobyを利用するなら課金が必須といえるでしょう。

無料では1時間以内のデータまでしか確認できませんが、課金すれば1分以内の販売データなどを表示できるようになります。

アラート機能はDiscordやスマートフォンに向けて発信することも可能です。

URLhttps://moby.gg/
ネットワークイーサリアム
利用料6ヶ月-0.1ETH
主な機能・市場データのチェック・ウォレットのポートフォリオ表示・アラート機能

Compass

売上データのランキング表示に時間ごとの売上が棒グラフで表示されている点や、販売予定のコレクションがカレンダーとして取り上げられている点が特徴です。

ランキング一覧で表示されている情報以外の詳細なデータは、課金しなければ閲覧できません。

課金は1ヶ月、6ヶ月、1年から期間を選択できます。

これとは別にLifetime PassというNFTが販売されており、このNFTを持っていれば永久的に制限なくCompassを利用することが可能です。

URLhttps://compass.art/
ネットワークイーサリアム
利用料1ヶ月-0.069ETH6ヶ月-0.4ETH1年-0.6ETH
※永久利用できるNFTあり
(2022年3月時点でフロア価格は0.41ETH)
主な機能・市場データのチェック・ウォレットのポートフォリオ表示・アラート機能

Ninjalerts

アラート機能に特化したツールです。

注目したいNFTコレクションを設定すれば、指定したアクションが起きたときにアラートで通知が来ます。

アラートの表示先に設定できるのは、パソコンのデスクトップ通知や、スマートフォンのプッシュ通知などです。

無料では1つのみ設定可能で、複数のアラートを設定したい場合はNFTを購入する必要があります。

URLhttps://app.ninjalerts.com/
ネットワークイーサリアム
利用料NFT販売価格-0.2ETH
主な機能・アラート機能

イーサリアム以外に対応しているNFT分析ツール

ここまで紹介したツールはイーサリアムのみに対応したものばかりでした。

しかし、イーサリアム以外に対応したツールも存在します。

イーサリアム以外のネットワークにあるNFTの情報収集や分析をおこなう際は、ここで紹介するツールを利用できないかチェックしてみてください。

CryptoSlam!

NFTの販売ランキングが確認できます。

複数のネットワークが統合されており、イーサリアム以外のNFTもランキングに表示されています。

無料で利用でき、NFTごとの詳細データも豊富なので、より深いデータの比較が可能となるでしょう。

ウォレットを接続すれば、自分のNFTの販売状況などを詳細に追跡できます。

WAXというNFTマーケットプレイスのアカウントと、ウォレットを連携させることも可能です。

URLhttps://cryptoslam.io/meebits
ネットワークイーサリアム、アバランチ、ソラナ、ポリゴンなど多數
利用料無料
主な機能・市場データの表示

Dune Analytics

このツールは少し特殊で、SQL文によって書かれたクエリによって作成されたデータが閲覧できます。

作成されたデータは一般公開されるため、ほかの人が作成したクエリをダッシュボードで選択してデータを見ることも可能です。

また、イーサリアム以外のネットワークにも対応しています。

基本無料で利用できますが、クエリを非公開にするなどの機能を追加したいときはプロ版を購入しましょう。

URLhttps://dune.xyz/home
ネットワークイーサリアム、xDai、ソラナなど
利用料基本無料(プロ版は390ドル)
主な機能・クエリにより作成されたデータの閲覧

Nansen

多くのネットワークに対応している分析ツールです。

閲覧できるデータも多く、市場データだけでなくブロックチェーンごとの取引量のような情報も幅広く収集できます。

課金しなければほとんどの機能が使えませんが、より緻密なデータ分析をするのに利用したいツールだといえるでしょう。

7日間のトライアル期間も用意されていますが、9ドルかかる点に注意してください。

URLhttps://pro.nansen.ai/
ネットワークイーサリアム、ポリゴン、ファントム、セロ、アバランチ、バイナンススマートチェーン、ロニン
利用料・スタンダード-月149ドル・VIP-月1490ドル・Alpha-年30000ドル
・7日間のトライアル-9ドル
主な機能・市場データのチェック・ウォレットのポートフォリオ表示・アラート機能

solanafloor

ソラナに特化した分析ツールです。

コレクションごとのフロア価格を表示したり、ウォレット内のフロア価格を分析する機能があったりと、フロア価格に重点を置いています。

プロ版を購入すれば、リアルタイムな販売データやトランザクションなどの多彩な情報をチェックできるようになります。

なお、プロ版にアクセスするにはShi GuardiansというNFTの購入が必要です。

URLhttps://solanafloor.com/
ネットワークソラナ
利用料NFTの購入が必要(2022年3月時点でフロア価格は2SOL)
主な機能・市場データのチェック・ポートフォリオの表示・アラート機能

Hyperspace

ソラナのNFTを販売している複数のNFTマーケットプレイスを統合したプラットフォームです。

統計(Stats)を見れば、ジャンルごとのランキングを閲覧することも可能です。

Magic EdenやSolanartなどで販売されているNFTが集約されており、NFTの購入や出品もおこなえます。

ほかのNFTマーケットプレイスに比べて取引手数料も軽減されるため、NFTの取引場所として利用するとよいでしょう。

URLhttps://hyperspace.xyz/
ネットワークソラナ
利用料無料
主な機能・NFTの売買・市場データのチェック

まとめ:使いやすいツールを選んでNFT分析をしてみよう

ただ闇雲にNFTを売買しても、利益を狙うのは難しいでしょう。

NFT解析ツールを利用すれば、売上が多いコレクションや注目されているNFTを分析できます。

この記事で紹介したツールをひととおり利用してみて、あなたが使いやすいと感じたツールで市場データをチェックしていきましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事