NFTimesは、2022年9月21日付けで設立されたAstar / Shiden Networkの活用・発展・促進を通した日本国内での事例創出を目的とした「Astar Japan Lab」に入会いたしました。当団体は、Astar / Shidenの発展に関わる事業者やコミュニティによる有志団体であり、Astar / Shidenが日本で普及するためのサポートや、Astar / Shiden Networkを用いたビジネスの拡大化を目指します。

■ Astar Japan Labについて

Astar Japan LabはAstar / Shiden Networkを利用したサービス開発やビジネス創出に関わる事業者が日本国内において必要な情報の調査・研究、知見の集約、意見交換を積極的に行い、Astar経済圏のさらなる発展を目指すために設立されました。

Astar JapanLabの概要につきましては、下記のホームページにてご確認ください。

Astar Japan Lab公式ページ

お問い合わせフォーム

今後のUpdate情報を配信するメルマガにもご登録ください

■Astar Network、及びShiden Networkとは

Astar Networkは、渡辺創太氏がFounderを務めるPolkadot上のdApps Hubになることを目指したLayer1ブロックチェーンです。Polkadotはブロックチェーンの相互運用性の課題を解決することを目指しており、その設計上、スマートコントラクトをサポートしておらずPolkadot上に直接dAppsを構築することができません。その点、AstarはEthereum Virtual Machine(EVM)とWebAssembly(WASM)をサポートしており、EthereumやWeb Appを開発していた開発者がdAppsを開発しやすい環境を整えています。
また、Shiden NetworkはPolkadot Networkの10分の1規模の実験的なネットワークであるKusama Networkに接続されているため、Kusama Networkのセキュリティの恩恵を享受しながらdApps開発を行うことができます。


Astar ウェブページ

Shiden ウェブページ

■Astar Network

<会社紹介>
Astar Networkは日本発のパブリックブロックチェーンであり、異なるブロックチェーン同士を接続することに焦点をおいているPolkadotのパラチェーンの一つです。Astar Networkではエコシステムを豊かにするプロダクト・インフラを構築する開発者に対してインセンティブを与え、エコシステムを拡大する独自機能のdApps Stakingが特徴です。また、現在EVMに対応しており、将来的にはEVMとWASMのスマートコントラクトが共存して相互に通信できるパラチェーンになることによって開発者に最適なソリューションを提供します。

■NFTimes

NFTimesについては以下の記事をご覧ください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事