NFTを取引していれば、MetaMaskを利用している方も多いでしょう。

MetaMask利用する上で、「安全なパスワードに変更したい」など悩んでいる方も多いはず。

今回は、MetaMaskのパスワード変更手順や安全なパスワードの設定方法、パスワード紛失時の対策などについて解説していきます。

この記事でわかること

  • MetaMaskのパスワード変更方法
  • パスワードの決め方
  • パスワードを忘れた際の対処法

MetaMaskとは?

MetaMask(メタマスク)は、暗号資産を管理するためのウォレットです。

主流のウォレットで、多くのサービスと連携でき、利便性が高く、はじめてウォレットを作る方にはおすすめです。

MetaMaskの作成手順は、下記の記事で詳しく解説しています。

MetaMaskのパスワード変更手順【PC版】

MetaMask内の資産を守るためにも、パスワードを変更し安全性を高めたいですよね。

ここからは、PC版とアプリ版に分けて、パスワードの変更手順を解説していきます。

シークレットリカバリーフレーズを準備する

MetaMaskでパスワードを変更する際には、シークレットリカバリーフレーズが必要です。

シークレットリカバリーフレーズとは…12個の英単語でMetaMaskをインストールした際に、振り分けられる文字列のこと。

パスワード変更を始める前に、シークレットリカバリーフレーズを準備してください。

他人に知られると、暗号資産を盗まれるなどのリスクもあるので、注意しましょう。

アカウントをロックする

アカウントのロックが解除されている状態であれば、「ロック」してください。

1.MetaMaskを開き、右上のアイコンをクリック

2.「ロック」をクリック

この手順で、アカウントロックが可能です。

シークレットリカバリーフレーズでインポートする

アカウントがロックできたら、MetaMaskのログインページに移動します。

「シークレットリカバリーフレーズを使用してインポートする」を選択します。

パスワードを設定する

シークレットリカバリーフレーズを入力し、新しいパスワードも同時に設定します。

PC版でのパスワード変更は、これで完了です。

MetaMaskのパスワード変更手順【アプリ版】

アプリ版でもPC版と同じような手順で、パスワード変更が可能です。

シークレットリカバリーフレーズの準備

アプリ版でも同様に、シークレットリカバリーフレーズが流出しないよう、安全な環境で準備してください。

アカウントをロックする

MetaMaskのアプリを開き、サイドバーから「ログアウト」を選択。

最下部にある「ウォレットのリセット」をクリックしてください。

パスワードの設定

ウォレットがリセットできたら、シークレットリカバリーフレーズと新規パスワード入力画面に移るので、順番に気をつけながら入力しましょう。

MetaMaskの利用で、押さえておくべきポイント

ここからは、MetaMaskを使用する際に、押さえておきたいポイントについて解説していきます。

最適なパスワード選び

下記のようなパスワードは、安全性が高いと言われています。

・12文字以上

・文字の種類が組み合わさっている

・他サービスと併用しない

・生年月日のように予測しやすいものや「12345678」など、規則性のあるものはNG

パスワードを決められないという方は、自動のパスワード生成ツールを活用しましょう。

「B_bf5haDAcC|」

実際に、このようなパスワードを作れるので、活用してみてはいかがでしょうか。

イーサリアムなどの暗号資産は、NFTバブルなどの影響もあり、今後資産価値は高まると予想されているので、管理には十分に注意しましょう。

パスワードを忘れた場合

パスワードを忘れた際は、シークレットリカバリーフレーズを利用して復元します。

もし、他のウォレットでMetaMaskをインポートしていれば、復元できる可能性もあります。

原則、シークレットリカバリーフレーズで復元することになるので、必ずメモなどを残しておきましょう。

シークレットリカバリーフレーズを覚えていない方は、下記の手順で確認してください。

1.MetaMaskを開き、プロフィールアイコンをクリック

2.設定を選択し、「セキュリティとプライバシー」をクリック

3.「シークレットリカバリーフレーズを公開」をクリック

4.パスワード入力画面に移るので、入力すれば表示されます

パスワードもシークレットリカバリーフレーズも忘れた場合

パスワードもシークレットリカバリーフレーズも紛失した場合は、基本的にMetaMaskのアカウントを復元できません

管理していた暗号資産も失ってしまいます。

MetaMaskを利用する上で、パスワードとシークレットリカバリーフレーズは、必ず必要なので、忘れないように管理してください。

フィッシング詐欺には注意する

MetaMaskでも、フィッシング詐欺に巻き込まれる可能性があります。

フィッシング詐欺には、以下のような手段があります。

・偽サイトからMetaMaskを装って、ダウンロードさせる

・偽リンクをメールなどで送り、クリックさせる

・アカウント復元に必要な秘密のフレーズを入力させて、アカウント情報を盗まれる

実際に、2016年に暗号資産取引所から4200億円相当のビットコインが盗まれています。

2022年2月に、アメリカで押収されましたが、実際にハッキングされるという被害は、起こります。

普通に利用していると、全く気づかないような非常に巧妙な手口なので、リンクのクリックやダウンロードする際は、注意が必要です。

MetaMaskのパスワードは適切に管理しよう

今回は、MetaMaskのパスワード変更手順や安全なパスワードの設定方法、パスワード紛失時の対策などについて解説してきました。

MetaMaskはさまざまなNFTマーケットプレイスで利用でき、暗号資産の取引も簡単で利便性の高いウォレットです。

一方で、パスワードやシークレットリカバリーフレーズが盗まれると、容易に資産を盗まれるリスクや、紛失すれば資産が引き出せない可能性もあります。

パスワードやシークレットリカバリーフレーズ、秘密鍵は必ずメモなどを取り、安全に保管しておきましょう。

本記事を参考に、MetaMaskを安全に利用していただけると幸いです。

売れるNFTアートの作り方はこちらから↓

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事