今回は、話題のNFTアートの仕組みについて解説をします。

NFTアートがアート市場を変えるとも言われています。それは、 アーティストの方々も、投資、副業目的の方々もおおいに注目しておかなければならない領域です。

アートが価値を持つためには唯一性が必要です。NFTアートには、アートに資産価値を持たせる仕組みがあります。

早速NFTアートについて解説したいと思います。

NFTアートとは何か

NFTアートとは、ブロックチェーンのデジタル資産のことです。
NFTは、「non-fungible token」を略した言葉であり、「非代替トークン」という意味あいです。

NFTアートの仕組みにより唯一性が担保されるため、所有者や真証性を証明することができ、実際に販売されている絵画のように資産価値を持つアートとして取引することができます。

デジタルデータ自体は昔から存在しているものです。しかしNFTアート=デジタルデータなのかといえばそうではありません。デジタルデータなら、同じものを容易に何枚の複製することができ、どれに対してもオリジナルということができるため、そこになかなか資産価値を生み出すことができませんでした。

ブロックチェーンの仕組み

NFTアートの仕組みには、ブロックチェーンがあります。ブロックチェーン(分散型台帳)こそが、仮想通貨の副産物ということができます。

従来存在しているデータベースは非中央集権的ではなく、中央管理が前提です。一方でNFTアートは常に同期し中央が介在しないでデータを共有することができ、フラットな立場を実現できる特徴があります。

ブロックチェーンのメカニズムは、仮想通貨だけでなく管理者不在のデータプラットフォームや第三者を介さない取引など、既存経済システムを改革する流れで多く活用されています。

NFTアートはブロックチェーン上でやりとりするから、所有者を明確化させることができ、受け渡しが完了した段階では手元から消えてなくなることになります。そのようなメカニズムによって、デジタルデータなのに唯一無二の資産価値が生まれることになります。

NFTアートの仕組み:トークンとは

NFTアートの仕組みを理解するためには、トークンの意味を知ることが必要です。仮想通貨をはじめようと思っている方々も、最初にトークンという言葉にぶつかり頭を抱えているかもしれません。

トークンとは、ごくごく簡単にいえば企業、また個人の方々がブロックチェーンの上で発行した独自コインのことです。トークンには象徴だったり、しるしという意味がある一方では、商品との引換券という意味あいがあります。 トークンとは、いわば、何か価値が存在しているものと交換することができる引換券だとイメージするとわかりやすいかもしれません。

私達が日頃トークンとは無関係の生活をしていると思いきや、意外とトークンは身近にも存在しています。例えば、日常生活で様々な形で提供されているポイントサービスです。

楽天ポイントだったり、 Amazonポイントとか様々なポイントサービスを既に利用していらっしゃることでしょう。Amazonポイントは、ポイント自体をマネーの代用として使用し、Amazonが提供している商品、サービスを買うことができます。それは既にトークンの種類の一つということができます。

では、仮想通貨でのトークンとはなんなのでしょうか。仮想通貨というものは全部トークンだという思い方をしている方々も多いのではないでしょうか。その考えが大きく違っているという訳ではありませんが。しかし、ある意味そうではありません。その区別として大事なキーワードが、ブロックチェーンです。

仮想通貨は、全てブロックチェーンの上で発行されて販売を行っています。ビットコインやイーサリアム・ネムという仮想通貨は、それぞれのブロックチェーンの上で取引が行われています。

しかしトークンがどうなのかといえば、ビットコインやイーサリアムなどの既に存在しているブロックチェーンを利用して発行されています。

仮想通貨とトークンの違いをバッサリとでも理解していただきたいので更に解説しますが、 仮想通貨は独自ブロックチェーンで流通しているビットコインやイーサリアム、ネムなどのデジタル通貨なのに対して、トークンは既存のブロックチェーンで発行されるものです。

それは店舗を間借りしている感じです。仮想通貨という家主から店舗を借りてトークンを営業しているのです。

トークンはなんのために存在しているのか

なぜ、トークンのような存在が必要であり、注目されているのでしょうか。トークンという存在は、お金集め(資金調達)を簡単に実現するため誕生したものということができます。

株式会社は、株を発行して資金集めをしていますが、トークンは株よりも簡単、かつリーズナブルに発行することができます。でしたら多くの企業がトークンに注目するのも当然です。

トークンには、例えば
株式会社フィスコが発行しているフィスココインがあります。そして、NFTもトークンの一種です。トークンなくしてNFTの仕組みはなりたたないのです。

トークンは、使用することができる場所、交換することができる対象が限定的な、使い捨ての代用貨幣なのです。

NFTアートの仕組みが注目される理由

NFTが今後更に大きく注目されるであろう理由はブロックチェーン・トークンのメカニズムにプラスして、代替不可能の特徴があることです。NFTの仕組みによって、様々なものの固有の価値を証明することができるようになりました。そして、現在NFTは、NFTアートとして活用されることになりました。

アートという存在は、インターネットで簡単にコピー出来てしまうものに対しても言うことができます。しかし、果たしてそこに価値をつけることができるかと言えば、コピーされ続けてしまうことでアートは二束三文のものになってしまうでしょう。そのようなものに対して、いつまでもアートという名前をつけていいのか疑問はあります。

アートには、オリジナルを所持することの価値が存在しているのです。唯一無二のモナリザの絵画を持つことは大変ですが、コピーなら誰でも持つことができます。果たしてあなたはコピーでもいいと言うのでしょうか。

NFTのメカニズムによって、いままでデジタルアートはなかなか真贋証明をすることができないためアートとして価値を見いだすことが難しかったのですが、それが出来るようになったのです。NFTアートとは、本物であることが証明されたアートということができます。

NFTアートの大きな特徴が真贋証明であれば、今後、NFTが注目されなくなってしまうことがあるかといえば、それもなかなかあり得ないことなのです。

まとめ

いかがでしょうか。今回NFTアートについて解説しました。アートは、そもそもモノとして取引されることが当たり前の流れが存在していました。しかし、NFTが登場して無形のアセットにも所有権を付与することができるようになり、デジタルアートに対しても希少価値を持たせることができるようになったのです。

リアルアートに比べて簡単に複製できるデジタルアートはその希少性を担保することが困難でしたが、NFTアートがそれを変えたのです。まさに、それはアートの世界の変革なのです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事