あなたは仮想通貨を稼げるカードゲーム「CryptoSpells(クリプトスペルズ)」をご存知でしょうか?

日本の会社が運営しているNFTゲームとして注目されたこともあるので、名前は聞いたことがあるかと思います。

そんなCryptoSpellsではどうやってお金を稼ぐのか、気になるところですよね。

今回の記事では、CryptoSpellsの始め方から稼ぐ方法まで詳しく解説していきます。

具体的な手法を説明しているので、CryptoSpellsで稼ぐイメージを作る参考にしてもらえれば幸いです。

CryptoSpellsとは

https://cryptospells.jp/

CryptoSpellsはイーサリアムネットワークを利用したブロックチェーンゲーム(Dappsゲーム)です。

正式リリース初日に600ETHの売上を達成したことがネットニュースで取り上げられました

このゲームの特徴には次の4点が挙げられます。

  • 一部のカードがNFTになっている
  • ほかのゲームで利用できるNFTも存在する
  • NFTカードの売買などでお金を稼げる
  • 無料でプレイを始められる

PCとスマートフォンのどちらでもプレイできるので、気軽に始められるでしょう。

一部のカードがNFT

CryptoSpellsでは一部のカードがNFTになっています。

その意味を端的に説明すると、カードのデータをあなたの資産として所有できるということです。

NFTカードは公式で販売していますが、販売期間を過ぎると購入できなくなります。

期間を過ぎたカードを手に入れるには、ほかのプレイヤーとトレードする必要があるでしょう。

カードの購入やトレードはゲーム内だけでなく、OpenSeaなどのNFTマーケットプレイスでも可能です。

ほかのゲームで利用できるNFTも

NFTカードのなかには別ゲームとコラボしているアイテムもあり、NFTを移動させて利用することもできます。

たとえば、対象となるNFTカードをMy Crypto Heroesというゲームへ持ち込めば、戦闘に参加させるヒーローとして扱われます。

すべてのNFTカードが互換性を持っているわけではありませんが、ほかのゲームを通じて世界が広がる将来性が感じられるのではないでしょうか。

ちなみに、ゲームではありませんがNFTトレカとコラボした前例もあります。

プレイすればお金を稼げる

NFTカードの売買で利益を得るなど、お金を稼ぐ楽しみ方もできます。

ゲーム内ではSPLと呼ばれるゲーム内通貨を利用して取引しますが、ゲーム外ではETHなどの仮想通貨で支払ってもらうことが可能です。

また、デイリーミッションをクリアすればMCHCという仮想通貨が手に入ります。

ランキング上位に入るような強さがなくても、毎日コツコツプレイできれば少しずつ稼げるでしょう。

無料で始められる

CryptoSpellsは基本プレイ無料です。

お金が稼げるNFTゲームといえば始めるためにお金がかかるものが多いので、無料なのは嬉しいですね。

ただし、無料プレイではレアカードを手に入れるのに時間がかかります。

お金を稼ぐためにゲームを始めるのであれば、少なからず投資したほうがいいかもしれません。

ゲームを始める手順

CryptoSpellsを始めるためにユーザー登録をしましょう。

スマホであればアプリをインストールして実行し、ブラウザでプレイするなら下記リンクからアクセスしてください。

https://cryptospells.jp/

ユーザー登録をする際、以下に挙げた3つの方法から選べます。

  • Eメールで新規登録
  • Twitterで新規登録
  • ウォレットでユーザー登録

Eメールで登録する場合はメールアドレスを入力し、Twitterで登録する場合はTwitterにログインして認証を行いましょう。

MetaMaskなどのNFTウォレットを持っている場合は、ウォレットを接続すればログインできるようになります。

スマホには2種類のアプリがある

ゲームをスマホにインストールする際、「クリスペApp」と「GO!クリスペ」の2種類が見つかるでしょう。

プレイするうえで大きな違いはないものの、ログイン方法については大きく異なります。

クリスペAppはメールやTwitterでのみログインでき、すでに持っている対応ウォレットをあとからアカウントに関連付けることができます。

いっぽうGO!クリスペはウォレット一体型になっており、付属しているウォレットを利用して自動的にログインします。

すでにNFTウォレットを持っている場合はクリスペAppを、クリスペ用に新しくウォレットを作りたい場合はGO!クリスペを、それぞれ選ぶとよいでしょう。

PCは別途ウォレットが必要

PCでプレイする場合はNFTウォレットを自分で作る必要があります。

スマホのアプリはどちらにもウォレットが付属していますが、PCには付いていません。

ウォレットがなくてもプレイ自体は可能ですが、入手した仮想通貨をゲーム外へ持ち出すためにウォレットが必須です。

ブラウザへの拡張機能を追加することで簡単に作成できるので、サクッと作ってしまいましょう。

最初にするべきこと

ゲームを始めたら、まずはスタートダッシュミッションから手を付けていきましょう。

ミッションを達成するには対戦する必要があります。

ルールに慣れていないと初期デッキで勝つのは難しいかもしれません。

ルールや手持ちのカードを把握し、いち早く報酬を獲得できる状態までもっていきましょう。

スタートダッシュミッションをクリアする

最優先で達成したい課題は、スタートダッシュミッションをすべて終わらせることです。

スタートダッシュミッションをすべてクリアすれば通常のミッションが表示され、それらを達成すれば仮想通貨(MCHC)やゲーム内通貨(SPLやSoul)などの報酬が手に入ります。

なるべく早く報酬を獲得しはじめられるよう、初日のうちに完了させてしまいましょう。

なお、スタートダッシュミッションにはウォレット接続も含まれているため、早めに用意することをおすすめします。

デッキを編成する

初心者ミッションを達成するためにバトルする必要がありますが、戦う前に使うデッキのカードを変えたほうがいいでしょう。

はじめから用意されているデッキは全キャラ共通のカードのみで構成されています。

使えるキャラが限定されている色付きカードのほうが強い場合が多いので、カードを入れ替えたほうが強いデッキになります。

もしルールがわからなければ、先にバトルのチュートリアルを受けてみてください。

自分に合った文明を選択する

キャラには文明が設定されており、文明によって使えるカードの色が異なります。

たとえば、フェルトゴルトは赤文明のキャラなので赤のカードをデッキに入れられる、といった具合です。

文明によってカードの特色が異なるので、ひととおりキャラを使い自分に合った文明を選びましょう。

ちなみに、赤文明は攻撃力が高くて効果がわかりやすいので初心者におすすめです。

CryptoSpellsで稼ぐには?

おそらく、CryptoSpellsで稼ぐにはどうすればいいのかが一番気になるところかと思います。

大まかに分けた場合、CryptoSpellsで稼ぐ方法は3つです。

  1. ミッションを達成する
  2. NFTカードをトレードする
  3. ギルドに貢献する

ここからは、これらの方法を1つずつ詳細に解説していきます。

バトルの勝率が良くなくても実践できる内容も多いので、できる方法で稼ぎましょう。

3つ以外にも稼ぐための手法はある

3つの区分に含めていませんが、紹介やレンタル機能は稼ぐために役立ちます。

新しく始めるユーザーにあなたのリファラル(紹介)コードを入力してもらえば、そのユーザーが使用したゲーム内通貨の一部がもらえます。

「ユーザー→リファラル」でコードを確認できるので、新規ユーザーに入力をお願いしてみましょう。

レンタルはあなたの持っているレジェンドカードを有償で貸し出す機能です。

レジェンドカードを入手するのは困難ですが、もし手に入れられたらレンタル機能での貸し出しを検討してみてください。

稼ぎ方1.ミッションを達成する

一番堅実な稼ぎ方は、ミッションを達成して稼ぐことです。

バトルで勝利する必要がありますが、フリーバトルではCPUが対戦相手になる場合もあるため、粘り強く対戦すれば勝利できるでしょう。

バトル回数に制限はないので、勝てなくても諦めず挑戦してみてください。

ちなみに、チャレンジミッションには期限がなく、急いでクリアする必要がありません。

デイリーミッションで毎日コツコツ稼ぐ

デイリーミッションを達成すればMCHCが手に入るので、毎日プレイしていけばお金を稼げます。

MCHCはMy Crypto Heroes Coinの略で、別のゲーム「My Crypto Heroes」で生まれた仮想通貨です。

ETHに換金できるので、換金するときはUniswapなどの海外取引所を利用しましょう。

なお、2021年12月時点においてデイリーミッションで手に入るMCHCは0.3MCHC、約10円です。

月間ミッションでSPLを手に入れる

月間ミッションを達成すると、MCHCのほかにSPLが手に入ります。

SPLは、ゲーム内でカードを購入するのに使うゲーム内通貨です。

SPLがあれば強いカードやNFTカードを購入できるので、最低でも月間ミッションの達成を目標にしてプレイするとよいでしょう。

ちなみに、一ヶ月で貯まるSPLの目安は、安いNFTカードを1枚トレードできる程度です。

公式で販売しているカードや、人気のある強カードを買うだけのSPLをミッションだけで手に入れようとすれば、数ヶ月をかけることになります。

Prime+に加入するとお得に!

サブスクリプション式のプランであるPrime+に加入すると、ミッションが増えて稼ぎやすくなります。

ミッションの追加はPrime+への加入で得られる特典の1つです。

デイリーでSPLがもらえる特典により支払ったぶんも返ってくるので、SPLの最初の使いみちはPrime+にするとよいでしょう。

なお、クレジット払いで加入できるPrimeでは得られない特典があるため、間違えてPrimeを選ばないように注意してください。

稼ぎ方2.NFTカードをトレードする

レアリティがゴールド以上のカードはNFTになっており、外部のNFTマーケットプレイスで売れば仮想通貨が稼げます。

シルバー以上であればゲーム内のマーケットで販売してSPLを稼げるものの、SPLを換金する方法はありません。

そのため、SPLを貯めて購入したNFTカードをOpenSeaなどで出品して仮想通貨を手に入れる流れになるでしょう。

それでは、シルバー以上のレアカードを手に入れる方法をいくつか紹介していきます。

ほかのプレイヤーから購入する

カードをトレードして稼ぐなら、SPLを使ってカードを仕入れる必要があるでしょう。

「マーケット→トレード」で他プレイヤーが販売しているカードの一覧を見ることができるので、カードの能力や相場をチェックしながら購入するカードを選びましょう。

OpenSeaなどの外部サイトでも販売されているので、あわせてチェックしてみてください。

また、カードの購入に使うSPLは「マーケット→SPL」で購入できます。

ETHまたはクレジット決済で支払い、必要なSPLを確保しましょう。

採掘する

採掘はいわゆるガチャで、シルバーランクのカードを入手できるチャンスがあります。

ただ、それまでのプレイ状況に応じてレアカードを手に入れられる確率が変動するそうです。

採掘画面の注意書きにも、称号数やカードのレベルで上昇すると書かれています。

採掘チケットを100枚集めると称号が手に入るため、枚数が100に達するまでは採掘を控えたほうがよいでしょう。

イベントやキャンペーンで受け取る

ゲームの大会イベントや、ゲーム外のキャンペーンによって、レアなカードが配布されるときもあります。

イベントスケジュールを見れば開催予定の大会がわかるので、1つ1つチェックしてレギュレーションや賞品を確認してみてください。

キャンペーンについては公式のTwitterで発信されるため、情報をつねに見ておきましょう。

また、CryptoSpellsには自分で大会を開催するシステムがあり、条件を満たせば期間ごとに設定されたプロモーションカードが手に入ります。

「バトル→コロシアム」から大会を作成し、人を集めて盛り上げるのも1つの手です。

Sカードを発行する

スピリット(素材)を集めればSカードと呼ばれるオリジナルのNFTカードを発行でき、ゲーム内外で自由に取引することができます。

スピリットは3種類あり、それぞれ入手方法が異なります。

スピリットの1つを購入するためにはSoulが必要なので、月間ミッションはきちんとこなしておきましょう。

ちなみに、カードのイラストには好きな画像を使用できますが、著作権侵害などの問題があればイラスト非表示のカードになってしまうので注意が必要です。

稼ぎ方3.ギルドに貢献する

ギルドにはより多くの報酬を得る手段があるため、必ず参加するようにしてください。

5つあるギルドのどれに加入するか迷うと思いますが、月の初めに他ギルドへ移籍する機会があるので、とりあえず入ってみるといいかもしれません。

さて、ギルド関連の稼ぎ方には以下の方法があります。

  • ギルド採掘で魔石カードを発掘する
  • ギルド戦のメンバーに加わってMCHCを分配してもらう
  • ギルドストックを購入して分配金を受け取る

ギルドストックはギルドに加入していなくても実行できる方法ですが、まとめて解説します。

ギルド採掘をおこなう

ギルドに加入すればギルド採掘ができるようになり、普通の採掘とは異なるレアカードを手に入れるチャンスが生まれます。

ギルド採掘で排出されるレアカードは、所属するギルドによって異なります。

出てくるシルバーカードはギルドの詳細ページで確認できるので、ギルドを選ぶ判断材料にするとよいでしょう。

さらに、各ギルドの色に対応した魔石カードもギルド採掘で獲得できます。

魔石カードは同じレアリティかつ同文明のカードをプレミアム化できる効果を持ち、そのカード自体もNFTマーケットプレイスで販売可能です。

ギルド戦に参加する

月末に開催されるギルド戦へ参加すれば、その成績に応じてMCHCが授与されます。

ギルド全体の順位が高いほど分配されるMCHCも多くなるので、バトルに勝利して多くの報酬を獲得しましょう。

ただし、ギルド戦は誰でも参加できるわけではなく、月の中頃に開催されるチャレンジカップでギルド内上位に入らなければなりません。

ギルド戦の参加権を獲得するため、デッキを強化してチャレンジカップに挑戦してみてください。

ギルドストックを購入する

ギルドストックは株のようなもので、持っているだけでETHが分配されます。

ギルドに所属するメンバーが使用したSPLの15%(2021年12月時点)に相当する金額が配られる仕組みです。

また、持っているストックの割合が多いほど分配される割合も大きくなります。

ETHの分配以外にも特典があるので、ギルドストックの購入も考えてみるとよいでしょう。

ギルドストックの分配はすでに終わっているので、購入したい場合はOpenSeaなどで「CryptoSpells Guild」と検索をかけてみてください。

まとめ:MCHCやSPLを稼いで利益を得よう

最後にCryptoSpellsで稼ぐ方法をまとめておきます。

  • ミッションをクリアしてMCHCやSPLを獲得する
  • 外部のNFTマーケットプレイスへNFTカードを持ち出して販売する
  • ギルド戦やギルドストック保持によってMCHCやETHを受け取る

MCHCは取引所で換金可能で、SPLはNFTカードを購入するために利用できます。

それぞれの通貨をどう使うか把握し、CryptoSpellsで稼ぐ方針を定めていきましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事