2021年末になって日本でも知名度を上げているNFTゲームの1つに、Town Star(タウンスター)が挙げられます。

Town Starは短いプレイ時間で大きな利益を得ることが可能です。

しかしTown Starで利益を得る条件は少し特殊なので、具体的にいくら稼げるかわかりづらく感じるかもしれません。

この記事では、Town Starを始める手順や稼ぎ方を説明するとともに、序盤の攻略方法も解説します。

本記事を読めばTown Starで稼ぐまでの道のりが明確になるため、プレイするか迷っているのであれば参考になるでしょう。

コインチェックおトクなキャンペーンを実施中!
【1,500円相当のBTCが全員もらえる】口座開設&入金でビットコインあげちゃうキャンペーン

■キャンペーン期間
2022年7月1日(金) 0:00 ~ 2022年9月30日(金) 23:59

■キャンペーン概要
キャンペーン期間内で条件を満たした方全員に1,500円相当のビットコイン(BTC)をプレゼント

■キャンペーン対象者
キャンペーン期間内に本人確認(口座開設)完了後に72時間以内に日本円入金を行ったお客様


ビットコインがもらえるコインチェックの口座開設はコチラ

Town Starの特徴

Townstar

Town StarはGala Gamesが開発した経営シュミレーションゲームです。

ブラウザでプレイするゲームなので、PCでもスマホでも遊べます。

2021年10月からPlay to Earnが始まり、条件を満たせば報酬を受け取れるようになりました。

その前提となる条件は、次の3点です。

  • シーズンパスを購入する(シーズン1は不要)
  • 報酬が設定されているNFTを町に置く
  • GALAをウォレットに入れてGalaパワーを上げる

それぞれの詳細を順番に解説していきます。

収益化するにはシーズンパスが必要

Town StarはGala Gamesのアカウントを作成すれば無料でプレイ可能です。

ただし、稼ぐためにはシーズンパスが必要になります。

シーズン1ではパスがなくても収益を得られますが、シーズン2以降はパスを購入しなければ稼げません。

シーズン1は2021年12月時点でも継続しており、シーズンの長さは未定のようです。

(参考:Town Star Play-to-Earn Overview.| by Town Star

NFTの種類によって報酬が決まる

ゲーム内で使用できるNFTを購入することが、Town Starで稼ぐための条件です。

Town Starのデイリー報酬でいくら稼げるかは、町に配置しているNFTによって決まります。

NFTを配置していない場合、報酬をもらう条件を満たしても利益を得られません。

レア度の高いNFTほど報酬の額が増えるので、より多く稼ぐためには先行投資が必要になるでしょう。

GALAがなければ報酬を得られない

報酬額に反映されるNFTの数は、GALAの所持数によって変動するGalaパワーによって変動します。

GALAはGala Gamesで使われる仮想通貨です。

1GALAを持っていればGalaパワーのレベルが1になり、それ以降はレベルごとに必要なGALAを持っていればレベルが上がっていきます。

Galaパワーのレベル次のレベルまでに必要なGALA
01
1~205,000
21~3510,000
36~4525,000
46~5550,000
56~65100,000
66~731,000,000
74~815,000,000
82~8610,000,000
87~9450,000,000
95~99100,000,000

そして、Galaパワーのレベル数だけNFTがカウントされる仕組みになっています。

たとえばGalaパワーがレベル3だとすると、5個のNFTを町に配置していたとしても3個分のNFTに応じた報酬を受け取れるということです。

Galaパワーはリアルタイムで更新され、Galaパワーがレベル0だとNFTを配置することもできない点に注意しなければなりません。

なお、GALAの購入はBINANCEやUniswapなどでおこなえます。

ゴールドメンバーになるのも手

Gala Games

Gala Gamesのゴールドメンバーシップに参加すれば比較的安価でNFTを入手できます。

手に入るNFTによる報酬はほかと比べて少ないですが、約6000円(2021年12月時点)程度なので手を出しやすいでしょう。

最新情報をいち早くゲットできる特典もあるので、Gala Gamesで遊び続けるつもりであればメンバーシップへの加入を検討してみましょう。

メンバーシップ購入時にガス代もかかるため、資金は多めに用意しておくと安心です。

Town Starの始め方

以下の手順でゲームを開始できます。

  • アカウント作成
  • (ゲーム起動)
  • サーバーの選択
  • 土地の選択

アカウントを作ってログインできるようになれば、ウォレットの設定をしなくてもゲームを始められます。

しかし、報酬を得るためにはウォレットへGALAを入れなければならないため、アカウント作成の流れでウォレットの準備も終えておきましょう。

アカウントを作成する

ゲームをプレイするにはGala Gamesアカウントが必要なので、公式ページで作成します。

ページにアクセスし、登録ボタンからアカウントを作りましょう。

Gala Games

Gala Gamesのページは日本語に対応しているため、登録はそれほど難しくないはずです。

Gala Games用のウォレットを設定するとき、作成する転送コードとリカバリーフレーズはしっかり書き留めておいてください。

サーバーを選ぶ

アカウントが作成できたらゲームページからTown Starを起動してください。

するとサーバー選択画面が出てくるので、町を作るサーバーを選びます。

サーバーはPlay-to-EarnとWeekly Competitionの2種類があり、町が初期化されるまでの期間が異なります。

また、ランキング報酬が用意されているのはWeekly Competitionだけです。

ゲームに慣れるまではPlay-to-Earnサーバーを、ランキング報酬を狙いたくなったらWeekly Competitionサーバーを選択するとよいでしょう。

なお、複数のサーバーで町を作れますがデイリー報酬の受け取りは1回限りです。

ビルに近い土地から始める

サーバーの次は、町を作る土地を選びます。

場所によって生産しやすい商品が変わるため山や海、川といった地形の近くにある土地にするとよいでしょう。

土地選びの重要なポイントは、商品を売るためのビルに近い場所に町を作ることです。

ビルから遠いとガソリンを多く消費してしまうため、はじめに持っているガソリンで物を売れる回数が少なくなってしまいます。

世界の各地にビルがあるので、ガソリン消費量が1になる土地を優先的に探しましょう。

報酬を得るには?

Town Starでは2つの方法で報酬を獲得できます。

  • 毎日発生するチャレンジをクリアする
  • Weekly Competitionサーバーでランキング400位以内に入る

報酬はGala Gamesのウォレットに届けられるので、ウォレットの設定は必ず完了させておきましょう。

報酬として受け取れるTOWNはUniswapなどで別の仮想通貨に換金できます。

ただし、TOWNでなければ購入できないNFTも存在するため、NFTを買うためにTOWNを持っておくことも視野に入れるとよいかもしれません。

GALAやETHを送金する

Gala GamesのウォレットにGALAとETHを送ります。

GALAはGalaパワーを増やすために、ETHはガス代を払うために必要です。

NFTを購入する資金も必要になるので、BINANCEなどを利用して多めに用意しておきましょう。

ウォレットへ通貨を送るときのアドレスは「インベントリ→GALA(ETH)→Get GALA[ETH]」または「インベントリ→Ethereum→Get ETH」から確認してください。

NFTを購入する

Gala Gamesのウォレットに送金できたらNFTを購入しましょう。

公式ストアで買いたいNFTを選び、指定された通貨で支払います。

Gala Games

公式ストアにほしい商品がない場合は、OpenSeaなどのNFTマーケットプレイスで探してみてください。

ただし、見た目を変えるスキンなどを購入しても報酬は得られません

NFTは基本的に配置すればメリットがある建造物なので、少しプレイして効果の意味を理解してから購入するのもいいでしょう。

町を発展させて物を売る

準備が整ったら、いよいよ町を作っていきます。

作ったものを売って得たお金で建物を増やしていくのが、ゲームの基本的な流れです。

報酬を受け取るためにはチャレンジをクリアする必要があり、売るものが高価なほどチャレンジを達成しやすくなります。

町が大きくなれば1回売るだけで報酬を受け取れるようになるので、作るのが難しい商品をたくさん売れる町に成長させましょう。

この時点でNFTを購入している場合は、NFTを町に配置することでゲームを有利に進められます。

報酬を受け取る

チャレンジを達成したら報酬を受け取れる状態になるので、「Collect Rewords」ボタンを押してTOWNを獲得しましょう。

獲得できるTOWNの量は、配置しているNFTとGalaパワーによって決まります。

TOWN報酬が10のNFTを100個配置していても、Galaパワーがレベル3であれば3個だけカウントされるので、もらえる報酬は30TOWNです。

NFTを購入してGALAが減ればGalaパワーも落ちるので注意してください。

また、入手してから24時間が経過するまでNFTは報酬対象になりません

Weeklyサーバーではランキング報酬も

Play-to-Earnサーバーはチャレンジ報酬のみですが、Weekly Competitionサーバーではランキング報酬も用意されています。

Weekly Competitionサーバーのランキング400位以内に入れば順位に応じた報酬を獲得できます。

1週間ごとに町が初期化されるため、あとからゲームを始めた人にもランキングに入るチャンスがあるでしょう。

Play-to-Earnで町づくりのコツを掴んだら挑戦してみてください。

最初の攻略法

試しにプレイしてみればわかるかと思いますが、施設を建造する順番を考えないと所持金がすぐなくなってしまいます。

所持金がなくなれば何もできなくなるため、町を破壊して作り直さなければなりません。

そうした事態を回避できるよう、最初は次のことを意識してプレイしていきましょう。

  • 最初の目標はガソリンの確保
  • 小麦ばかり売らずに別の商品を用意する
  • 維持費で資金がなくならないように気を付ける

池を破壊すると$5000獲得できることも覚えておきましょう。

ガソリンの確保を目指そう

最初に意識しておきたいのは、ガソリンを作れる状態まで持っていくことです

ガソリンがなければ物を売れなくなるので、池を破壊するなどの金策ができなければ詰んでしまいます。

ガソリンが尽きる前に生産体制を整えるようにしましょう。

ガソリンを作るには、以下の建物が最低限必要です。

  • 燃料貯蔵庫(初めからある)
  • 木こりの家(建築材料の採取に必要)
  • オイルマシン
  • 倉庫
  • 労働者の家
  • 風力発電機
  • 給水施設
  • 製油所

すべてを建造するには費用がかかるので、お金を稼ぐための施設も用意しなければいけないでしょう。

単価を高くしよう

初期状態でも小麦を生産できますが、できるだけ早く単価の高い商品を売れるようにしましょう。

序盤はガソリンの数が決まっているので、1つのガソリンで得られる金額を増やさなければ資金が底をつきます。

スタート直後は小麦を売りつつ、小麦粉などの製品を作る機会を伺うとよいでしょう。

ただし、貯蔵庫を先に作らないと生産した商品を破棄してしまいます。

維持コストに気をつけよう

町で働く人が住む家には、1分ごとにかかる維持コストが設定されています。

たとえば、農業スタッフの家なら1分ごとにかかる費用は$10です。

費用が払えなくなるとすべての労働者が働かなくなり、売る商品を作れなくなってしまいます

画面左上に維持コストの合計が表示されているので、商品を売る前に所持金がなくならないよう気を配るようにしてください。

効率よく進めるための知識

同じ家の数、同じ畑の数でも、配置する場所によって生産効率が大きく変わります

その大きな要因となるのが近接効果です。

近接効果を把握していなければ、同じ時間で作れる商品の数が半分以下になってしまいます。

とくにWeekly Competitionで上位を目指すなら必須の知識なので、絶対に目を通しておいてくださいね。

建物や山の影に注意

畑や風車は、影(shadow)の強さによって生産速度が遅くなります。

たとえば小麦畑では影の強さに応じて20秒→40秒→80秒→160秒と遅くなっていきます。

背の高い建物が隣にあるとそれだけで最低速度になってしまうので、影の影響を考慮して距離を保ちましょう。

なお、山の隣に町を置いた場合、山のある辺の近くは常に影がかかっているため要注意です。

工業施設の汚染=自然の天敵

燃料貯蔵庫や発電所など、工業施設の多くは広範囲を汚染(Dirty)しています。

汚染する施設が近くにあると、畑や牧場の生産速度が落ちてしまいます。

そのため、工業施設はなるべく一箇所にまとめて、周囲を建物で囲むとよいでしょう。

工業施設は影の影響を受けないものがほとんどなので、ギュウギュウに詰めても問題ありません。

受動供給が高速化のカギ

自動的に材料を共有する建物や地形を利用すれば、商品作成を高速化できます。

池の近くであれば水が、発電所の近くであればエネルギーが、それぞれ供給されます。

供給源を複数配置すれば、井戸の水をまったく使わずに延々と小麦を生み出すといったことも可能です

こうした受動的な供給の効果をもつNFTも存在するので、生産効率を高めたいなら買ってみるとよいでしょう。

地形によって戦略を変えよう

地形によって生産しやすい商品が変わるので、土地に応じた戦略を考える必要があります。

たとえば、山の隣でないと鉄を生産できないため、鉄鋼やワインを作ること自体できません。

海の近くでは農作物が育ちにくくなりますが、塩田の生産速度が速くなるのでケーキやパンを作るのに向いています。

平原であれば、動物の餌になる大量の牧草を利用して、序盤から牧畜がしやすいでしょう。

地形や建物の近接効果がうまく噛み合う組み合わせを探し、もっともお金を稼ぎやすい町づくりを目指してください。

シミュレーターで効果を把握しよう

影などの影響を受ける範囲をゲーム内で確認するのは難しいです。

そこで、下記のリンク先で利用できるシミュレーターを使ってみましょう。

https://citadelofthewind.com/wp-content/visualizer/visualizer.html

Overlayの項目を切り替えれば、指定した近接効果の影響範囲を表示できます。

左上の一覧から確認したい施設を選択し、地図上に配置して調べてみてください。

まとめ:条件を満たしてTOWNを稼ごう

Town Starで稼ぐには、3つの条件を満たしたうえでデイリーチャレンジをクリアする必要があります。

  • シーズンパスの購入(シーズン1では不要)
  • NFTの配置
  • GALAの所持

2021年12月時点ではNFTやガス代の価格が上昇しているため、条件を満たすのが難しいかもしれません。

しかし条件を満たせば大きく稼ぐことは可能なので、無料でのプレイも含めて検討してみましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事