Nifty Gateway(ニフティゲートウェイ)とは?特徴や有名アーティストを徹底紹介!

みなさんはNifty Gateway(ニフティゲートウェイ)を知っていますか?

NFT作品を購入できるNifty Gateway。

名前は聞いたことあるかもしれませんが、どのようなサービスかわからない人も多いはず。

そこで今回は、Nifty Gatewayについて

・Nifty Gatewayの特徴

・Nifty Gatewayで活動している有名アーティスト

を紹介します。

この記事を読んだら、Nifty GatewayでNFT作品を買いたくなるでしょう。

ぜひ、最後までお読みください。

Nifty Gateway(ニフティゲートウェイ)とは?

引用:nifty gateway

Nifty Gateway(ニフティゲートウェイ)は、NFT作品を購入することができるNFTプラットフォームです。

Nifty Gatewayの概要

引用:coindeskjapan

以下がNifty Gatewayの概要です。

・公式サイト:https://niftygateway.com/

・創業者:Duncan Cock Foster&Griffin Cock Foste

・運営会社:Gemini Trust Company, LLC

・カテゴリー:クレジット決済サービス/NFT販売所

・リリース日:2018年11月

2018年11月にサービス開始しているので、2021年で3年経過しています。

NFT販売所としては、なかなか早い時期に始まっていますね。

また、創業者がDuncan Cock Foster&Griffin Cock Fosteという双子であるという点でも注目されていました。

Nifty Gatewayの変遷

Nifty Gatewayは2018年11月、NFT作品をクレジットカード決済で購入できるサービスを開始したスタートアップです。

しかし2019年11月19日、仮想通貨取引所Geminiに非公開金額で買収されてしまいます。

Geminiの創業者もCameron Winklevoss&Tyler Winklevoss(ウィンクルボス兄弟)という双子なので、さらに注目されましたね。

ちなみにウィンクルボス兄弟、聞き覚えがある人もいるのではないでしょうか?

ウィンクルボス兄弟は、Facebook(現Meta)のザッカーバーグを訴えた人物として有名ですよね。

2020年3月17日、NFT作品の販売と二次流通を取り扱うNFT取引所として「Nifty Gateway2.0」の提供を開始。

Nifty Gatewayで利用可能な通貨

Nifty Gatewayは、ethreum(イーサリアム)上で構築されたNFTマーケットプレイスなので、利用可能な仮想通貨はETH(イーサリアム)です。

2020年3月、ETHでの取引だけでなく、新たにクレジットカードデビットカードを用いて法定通貨のドル取引が可能になりました。

Nifty Gateway(ニフティゲートウェイ)の2つの特徴

Nifty Gateway(ニフティゲートウェイ)には、2つの特徴があります。

① Nifty Gatewayにはクリエイター審査がある

② Nifty Gatewayはクレジットカードやデビットカード決済対応

① Nifty Gatewayにはクリエイター審査がある

引用:nifty gateway

1つ目の特徴は、Nifty Gatewayにはクリエイター審査があるということです。

Nifty Gatewayで出品するためには、クリエイター審査の通過が必須。

運営側に認定クリエイターとして認められなければ、オリジナルのNFT作品を出品することができません。

裏を返すと、実力のあるアーティストしか作品を出品できないのです。

そのため、マーケットには質の高いNFT作品ばかりが並べられるということになります。

またクリエイター審査によって、著作権侵害している違法な作品を事前に排除することも。

他のNFTプラットフォーム「OpenSea(オープンシー)」などは、誰でも出品できることを考えると、Nifty Gatewayは質の高いマーケットであると言えますね。

② Nifty Gatewayはクレジットカードやデビットカード決済対応

2つ目の特徴は、Nifty Gatewayはクレジットカードやデビットカード決済対応であるということです。

仮想通貨やNFTに興味や知識がある人にとっては、ETHしか使えなくても問題がないです。

しかし、「NFTに興味はあるけど仮想通貨とか難しいことはわからない」という人にとっては、敷居が高くなってしまいます。

Nifty Gatewayがクレジットカードやデビットカード決済に対応したというのは、多くの人に市場を開いたという意味で大きなことですね。

Nifty Gateway(ニフティゲートウェイ)で活動している有名アーティスト

引用:nifty gateway

NIfty Gateway(ニフティゲートウェイ)は、クリエイター審査があるので実力のあるアーティストが多数参加しています。

ここでは、NIfty Gatewayで活動している有名アーティストを紹介します。

・Beeple:クリプトアーティスト

・3LAU:DJ

・Zedd:DJ

Beeple:デジタルアーティスト

引用:Crossroad

クリプトアーティストであるBeeple(本名:マイク・ヴィンケルマン)。

Nifty Gatewayで行われたオークションに出品した、ドナルド・トランプ氏が草むらに伏せているデジタルビデオ映像「Crossroad」は、約660万ドル(約7億2000万円)で落札されました。

また、クリスティーズで出品したデジタルアート作品「Everydays - The First 5000 Days」が、約6935万ドル(約75億円)で落札されるという前代未聞の快挙を成し遂げたことは、記憶に新しいですよね。

Beepleは、NFTブームの火付け役と言えるでしょう。

3LAU:DJ

引用:3LAU

2011年にデビューしてアメリカで活動する、DJの3LAU(ブラウ)。

これまでに有名アーティスト(アリアナグランデ、リアーナ、ケイティペリー)のリミックスCDをリリースしています。

3LAUは、NFT音楽を積極的にリリースしています。

Zedd:DJ

引用:Zedd

Zedd(ゼッド)は、ドイツ在住の人気DJです。

ZeddのNFT作品は、視覚聴覚でZeddを訴えかけてくるので、これまでのファンの心をグッと掴む出来栄えとなっています。

まとめ

いかがだったでしょうか?

Nifty Gateway(ニフティゲートウェイ)について、紹介しました。

・Nifty Gatewayにはクリエイター審査があるので、良質な作品が多い

・Nifty Gatewayではクレジットカードやデビットカード決算ができる

・Nifty Gatewayで活動するのは、Beepleや3LAU、Zeddなどの有名アーティスト多数

クリエイター審査によって、Nifty Gatewayのマーケットにはレベルの高いNFT作品が多数出品されているというので、気になってしまいますね。

有名アーティストも活動しているということは、Nifty Gatewayの人気がうかがえます。

この記事を読んだことによって、Nifty GatewayでNFT作品を買いたくなった人も多いはず。

ぜひ、Nifty Gatewayをのぞいてみてくださいね。

お読みいただき、ありがとうございました。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事