最近、NFTという言葉を聞く機会が増えてきたことから、実際にNFTを購入したり、出品したりしてみたいと思う方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、NFTマーケットプレイスの最大手であるOpenSea(オープンシー)の特徴と取引できるNFTについて解説していきます。

NFTを購入、出品してみたい人は知っておくべきプラットフォームなので、押さえておきましょう。

OpenSeaとは?

OpenSeaとはNFTを売買できる、世界最大規模のNFTマーケットプレイスで、アメリカのニューヨークを拠点に2017年12月にスタートしたサービスです。

イメージとしては、メルカリやヤフオクなどと同様ですが、OpenSeaでは取引できる商品が「NFT」に制限されています。またメルカリやヤフオクなどと大きく異なる点は、円やドルなどの法定通貨で売買できないことです。代わりにOpenSeaのようなNFTマーケットプレイスでは、仮想通貨を使用して取引します。取引数量も年々増加しており、今後も大きくなっていくことが期待できるプラットフォームです。日本国内の著名人で、アーティストとして活躍する西野亮廣さんも、NFTアートを2021年7月に出品し、画像3点が400万円ほどで落札されています。

OpenSeaの特徴

ここからは、OpenSeaの特徴について解説していきます。

多くのブロックチェーンに対応している

OpenSeaは複数のブロックチェーンを利用して取引が可能です。

イーサリアムだけでなく、TezosやKlaytnなどのブロックチェーンを利用して取引できます。さまざまなブロックチェーンで取引ができるということは、ユーザーの利便性も上がり、NFTの取引数量も増えるので、今後のマーケット拡大も期待ができるでしょう。

無料でNFTを作成できる

OpenSeaでNFTを購入、販売することはもちろん可能ですが、無料でNFTの作成もできます。他のNFTマーケットプレイスでは、NFTの作成が有料のところもあるので、無料で作成できるのは大きなメリットでしょう。

日本語に対応している

OpenSeaは基本的に英語での表記になりますが、一部日本語に対応しています。

NFTを取引したい初心者の方が、簡単に利用できるのもメリットです。

また難しい登録なども必要ないので、対応する仮想通貨さえ持っていれば、すぐに取引できます。

ロイヤリティや販売方法を選べる

OpenSeaでNFTを販売する際、3種類の方法が選べます。

1つ目はSet Priceと言って価格を設定する方法で、Amazonなどと同じイメージ。

決められた価格に対して、仮想通貨を支払いNFTが購入されるという流れです。

2つ目はHighest Bid、オークション形式で販売する方法で、購入を希望するユーザー同士で駆け引きが行われ、1番高い価格を提示したユーザーが購入できます。

3つ目はBundle、NFTをセットで販売する方法で、文字通り複数のNFTをセット販売できます。このようにさまざまなバリエーションでNFTを売買できるのです。

また、ロイヤリティを自分で決められるのもOpenSeaの大きな特徴。

ロイヤリティとは、印税のようなもので自分のNFTが取引される度に、自分に入ってくる利益のことです。OpenSeaではこの価格を自分で決められます。

OpenSeaで取引できるNFTのカテゴリとは?

OpenSeaでは、さまざまなNFTの取引が可能です。

以下のような幅広いカテゴリーのNFTを扱っています。

・Art(美術)

・Music(音楽)

・DomainNames(ドメイン名)

・VirtualWords(仮想単語)

・TradingCards(トレーディングカード)

・Collectibles(収集品)

・Sports(スポーツ)

現在ではこのようなNFTの取引が可能ですが、急成長しているOpenSeaでは今後も、取引できるNFTは増えていくでしょう。

ここからは、各項目がどのような作品なのかについて、詳しくみていきます

Art(美術)

NFT作品の中で、1番イメージしやすいものがアートではないでしょうか。

下記のようなイラストが、NFTアートになります。

主にPhotoshopやIllustratorを使用し、画像を作ります。動物をモチーフにしたイラストや、ドット絵の作品などが人気です。

実際に2021年9月には、8歳の少年が夏休みの自由研究として取り組んだNFTアートが、240万円ほどで取引されています。

また日本では、出品にまでは至らなかったものの、村上隆のような著名人もNFTアートに参入しています。

Music(音楽)

OpenSeaでは、音楽作品の取引も可能です。

購入前に再生したい場合は、左下の再生ボタンをクリックすれば、どのような音楽かを確認できます。

今まで音楽業界では、コピーコンテンツの販売を防ぐために、仲介業者を介して音楽販売されていたため、アーティストは業者に手数料を支払っていました。しかしブロックチェーン技術を活用したNFT音楽では、ユーザー同士が取引履歴を監視しているので、不正販売が起きることはほとんどありません。そのためアーティストは購入者と直接取引ができるので、収益も大きくなります。また楽曲販売の際に、アーティスト情報をNFTにプログラミングでき流ため、デジタルコンテンツの不正販売防止に役立つだけでなく、楽曲が転売された際にも、売価の一部を利益として得ることができます。

DomainNames(ドメイン名)

ドメイン名はインターネット上の住所とも言われており、このドメイン名もOpenSeaでNFT作品として販売可能です。

ドメイン名を作ることのメリットは、仮想通貨のやり取りで必要となる長いアドレスに紐づけられるので、送金時の間違いを防止できることです。もし1文字でも間違っていれば、送った資産は消えてしまいますが、ドメインを取得することで、安全かつ簡単に仮想通貨のやり取りが可能になります。

実際に、大手老舗ビールブランドのバドワイザー(Budweiser)がドメイン名の「beer.eth」を1000万円ほどの価格で購入しています。

VirtualWorlds(仮想世界)

ブロックチェーン技術を活用したNFTゲームで、ユーザーが自作したキャラクターやアイテムを唯一無二のNFTとして、価値付けしOpenSeaで販売できます。

下記画像のようなものが販売されています。

NFTゲームには、ゲーム同士互換性があるものがあり、1つのアイテムを複数のゲームで使用できます。またゲームサービスが終了しても、他のゲームでアイテムやキャラクターを使用できるので、手に入れたものが消えることがありません。半永久的に使用でき、販売もできるので、一つの資産となるのです。

NFTゲームは多数ありますが人気は「Axie Infinity」や「The Sandbox」などがあります。

TradingCards(トレーディングカード)

OpenSeaでは、トレーディングカードも取り扱っています。

通常のトレーディングカードと異なる点は、NFTトレカは実物が無いデジタル上のトレーディングカードというところです。実際に、2020年にはアイドルグループのSKE48のNFTトレカが発売されています。デジタル上のトレーディングカードなので、メンバーの画像や音声、動画、ライブパフォーマンスなどが、NFTトレカに含まれています。

Collectibles(収集品)

収集品のカテゴリーでは、アートなどのコレクション品を取引しています。

Sports(スポーツ)

スポーツカテゴリーは、スポーツ関連のNFTゲーム内で使用できるものが取引されています。例えば、カーレースゲームであれば、レースで使用できる車のNFTなどです。

こちらの馬は「Zed Run」という海外で人気の競馬ゲームで使用できる競走馬です。

馬自体に価格がついているだけでなく、ゲーム内でのレースで勝つことで賞金も得られます。

Utility(効用)

権利に関するものが売買されています。

ユーティリティはコミュニティへのアクセス権です。

そのため、マーケットプレイスの規模が拡大することで価値が高まります。

OpenSea利用の際の注意点

OpenSeaの特徴と商品カテゴリーについて解説してきました。ここからは、注意点もチェックしておきましょう。

NFTを取引する際にOpenSeaではイーサリアムで決済をしますが、その際に手数料としてガス代がかかります。そのため購入の際は、手数料分の仮想通貨も考慮して、送金しておく必要があるので注意しましょう。

またOpenSeaには、さまざまなNFTが出品されています。素人の作品が、数十万円で販売されていることも多いです。現在はNFTバブルとも言われているので、落ち着いたときに価値が大きく下がる作品もでてくるでしょう。このようなリスクがあることも、十分に理解しておきましょう。

まとめ【OpenSeaを利用して、NFT取引をしてみよう】

いかがだったでしょうか。

本記事では、NFTマーケットプレイスのOpenSeaについて解説してきました。

NFTの購入はMetamMaskとイーサリアムさえあれば誰でもすぐに可能です。

さまざまなNFTを取り扱っているので、興味のあるものから入手してみてはいかがでしょうか。

NFTの市場は今後拡大していくと考えられています。ぜひこの機会にOpenSeaを利用してみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事