NFT売買の経験者であれば、OpenSea(オープンシー)を利用した方も多いのではないでしょうか。

実際にOpenSeaは、世界最大のNFTマーケットプレイスであり、多くの日本人がNFTを購入、出品しているサービスです。

しかしOpenSeaで、NFTを取り引きした際に、ガス代が高いと思ったことはないでしょうか。

そこで今回は、そもそもガス代って何?というところから、OpenSeaでガス代を安く設定するコツを紹介していきます。

この記事でわかること

  • NFTにおけるガス代の意味
  • ガス代が必要なタイミング
  • ガス代を安く済ますコツ

これからOpenSeaでNFTを購入、出品する予定の方は、ぜひ参考にしてみてください。

OpenSeaとはどんなサービス?

OpenSeaは、2017年にアメリカでローンチされた世界最大のNFTマーケットプレイスです。

NFTと聞けば、アートをイメージする方も多いと思いますが、OpenSeaではアート以外にもトレーディングカードやゲーム内でのキャラクター、アイテム、写真などさまざまなNFTを取り扱っています。

OpenSeaは、NFTの種類や取引数量が多いため、さまざまな作品を出品でき、自分のNFTが購入される可能性も高いです。

また、2021年のNFTブームを期に、作品の出品数も大幅に増えており、今後もマーケットの拡大が期待されています。

NFTにかかるガス代とは?

ガス代(手数料)は、イーサリアムブロックチェーンの利用時にかかる手数料のことで、「Gwei」という単位で表されます。

イーサリアムでは、仮想通貨(ETH)の送金や取引を承認する際に、ガス代を支払わなければいけません。

OpenSeaはイーサリアムチェーンを利用した取引所のため、NFTを購入、出品する場合はガス代が必要です。

ガス代の相場は、イーサリアムチェーンの需要やETHの価格によって変動します。

2021年のNFTバブルでは、取引量が増えたことから、ガス代が高騰してしまいました。

しかし、取引数や利用者が少ない時は、ガス代は安くなるので、ガス代を抑えたい方は取引数量の少ないタイミングを狙いましょう。

現在のガス代を確認する方法

NFTを購入、出品する前にどのくらいのガス代がかかるのか気になりますよね。

ガス代の相場は、「Ethereum Gas Tracker」や「ETH Gas Station」を確認すれば、現在のガス代(手数料)がわかります。

NFTが話題になったり、注目度が高まることでガス代は高騰するため、現状では価格変動も大きいです。

NFTの出品を検討している方は、出品前にガス代の相場をチェックすると良いでしょう。

OpenSeaでのガス代はいつ必要?

イーサリアムブロックチェーンでOpenSeaを利用した際に、どのタイミングでガス代がかかるか気になりますよね。

ここからはOpenSeaでNFTを購入、出品した場合、ガス代が発生するタイミングについて解説していきます。

NFT購入時

OpenSeaでNFTを購入する場合は、以下のタイミングでガス代が発生します。

・NFTを購入する時

・ETHからWETHにスワップする時

・購入希望を出したオファーをキャンセルする時

気になったNFTをオファー形式やオークション形式で購入する場合、WETHを使用します。

WETHはETHを交換(スワップ)する必要があるので、その際にガス代がかかります。

スワップの都度ガス代がかかってしまうので、資金に余裕がある場合は、まとめて交換しておくと良いでしょう。

NFT出品時

NFTの出品時にもガス代は発生します。

・初めて出品する時

・購入オファーを受け入れる時

・固定価格販売をキャンセルする時

・オークションをキャンセルする時

・NFTデータをIPFSに保存する時

・NFTをTransfar(譲渡)する時

このようなタイミングで、ガス代が必要です。

「NFTデータをIPFSに保存する時」というのは、

NFTデータをOpenSeaのサーバーではなく分散型サーバー(IPFS)に保存することで、1作品ごとにガス代が発生します。

IPFSに保存しておけば、OpenSeaのサーバーが動かなくなっても、NFTを保管しておけるので安心です。

OpenSea以外の取引所でもガス代はかかる

OpenSea以外のマーケットプレイスで取り引きする場合も、ガス代は必要です。

先ほど解説した通り、ガス代はイーサリアムブロックチェーンの利用時に発生するからです。

一方で、マーケットプレイス側がガス代を負担することもあります

その場合、ユーザーはガス代を支払わずに済みます。

OpenSeaでガス代を安くするコツ

NFT取引にガス代はどうしても必要ですが、取引のタイミングを調節するなど、工夫することでガス代を抑えられます。

ここからは、ガス代を節約するコツを紹介していきます。

ガス代が安いタイミングを狙う

ガス代の相場は日々変動します。

そのため、ガス代が安いタイミングを狙うのがおすすめです。

ガス代の相場は、「Ethereum Gas Tracker」や「ETH Gas Station」などで確認できます。

Gas Price (legacy) の低いタイミングであれば、ガス代を安く抑えられます。

ネットワーク優先度を下げる

OpenSeaでは、NFT取引の優先度を決められます。

優先度を「Low」に下げることで、ガス代が通常よりも少し安くなります

しかし、マイナーによるトランザクションの承認が遅くなってしまうので、取引が「Pending(保留中)」状態になる可能性もあります。

一方で、優先度を「High」に設定すればガス代は高くなりますが、早く処理してもらえるので取引が滞らず、スムーズに進みます。

OpenSeaでの取引が「Pending(保留中)」になっている場合の対策は、下記の記事で詳しく解説しています。

ETHの価値が下がっているタイミングを狙う

仮想通貨ETHの価格が下がっているタイミングを狙うのも、ガス代節約のコツです。

ETHを価格が下がっているタイミングで購入しておけば、日本円ベースでみた時に、費用負担を下げられます。

実際、ETHは価格変動も大きく価格下落時に購入すれば、実質的な費用を抑えられるためおすすめの方法です。

Polygonチェーンを利用する

手に入れたいNFTがイーサリアムにしかない場合は不可能ですが、Polygonを利用できる場合は、大幅にガス代を下げられます。

Polygonはイーサリアムチェーンでかかるガス代や処理速度を改善するために、生まれたブロックチェーンなので、ガス代は数十円程度しか必要ありません。

イーサリアムの方がNFTの数も多いので、全ての作品で実現できるわけではありませんが、Polygonを利用できる場合は、試してみると良いでしょう。

まとめ

今回は、ガス代についての解説とOpenSeaでガス代を安く設定するコツを紹介してきました。

しかし、ガス代を節約することでトランザクションの処理が遅くなるというデメリットもあります。

ガス代を節約するメリット・デメリットを理解し、本記事で紹介したガス代を安くするコツを活用してみてください。

売れるNFTアートの作り方はこちらから↓

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事