今回現在話題のNFT について解説します。NFT が話題沸騰している理由は、仮想通貨とは違う新しい投資先として注目されているからです。

これからNFT を投資として取り入れようと思っている方々は是非この記事を最初にお読みください。

NFT 投資のポイントについて解説をします。

NFT が新しい投資向きである特殊性

NFT とは、「Non-Fungible Token(非代替性トークン)」を略した言葉であり、偽造をすることができないデジタルアートを指します。

NFT は、ブロックチェーン上にデジタルデータをアップロードし、デジタルデータが改ざんされる問題を解消、価値を向上させて来ました。

代替不可能なトークンである

NFT が投資として向いているのかNFT のメリットから探ってみましょう。

NFT の大きなメリットは代替不可能なトークンであることです。ビットコインやイーサリアムなどFTは代替可能なものです。同じ価格のトークンを発行できるため通貨として有効的に活用されています。

NFT はそうではなく通貨として流通はしません。NFT は、それぞれアートを固有な存在として価値付けすることができます。この大きな特徴が有効的に活かされて真贋判定を必要とする様々なシーンで活用されることになりました。

誰でも作成することができる

仮想通貨であったり、ブロックチェーンという単語を頻繁に聞くようになり、NFT を利用するためにはかなりレベルの高い技術、知識が必要だと考える方々も少なくありません。

しかし実際にそうではなく、NFT はデジタルデータをブロックチェーン上にアップロードさせるだけで誰もが簡単に利用出来てしまうのです。

文章、画像、映像、音楽のような現実に存在するアナログデータは全部デジタルデータに変換可能、現実に作成したアナログデータは全部NFT として扱うことができます。

このようなことから見ても、NFT 市場は今後もっと多くのアーティスト、投資家を巻き込み拡大していくことを予測することができます。

あらゆる設定や条件をプログラム可能

NFT に注目が集まる理由にプログラマビリティにあります。NFT では、ブロックチェーン上にデジタルデータをアップロードすれば売買可能な状態にすることができます。

イーサリアムなどのプラットフォームは、売買する時には契約を自動実行できるメカニズム(スマートコントラクト)が採用されています。データの所有者はNFTの取り引き時に様々機能をプラスして付加させることができます。

この特徴が有効利用され、二次流通したNFT の売り上げの一部が作成者に還元されるメカニズムなど実際にスマートコントラクト上で付加されています。

NFT は、複雑な条件や機能をつけた状態で作品を取引することも可能であるからアーティストなどに大変注目されています。

NFT アートの取引例

実際に既にNFTに多くの人たちが注目し取引がされています。

2021年3月11日には、

米国のアーティストMike Winkelmann氏(Beeple)が作成したNFT アートが、オークションで6900万ドル(約75億円)で落札されています。

Mike Winkelmann氏は、この作品以前はほとんど無名と言ってもいいアーティストでした。今回のオークションでは最後の二時間で価格が一気に上昇しました。

2021年3月22日、Twitterの共同開発者でありCEOのJack Dorsey氏が、自身で投稿した最初のTweetをNFT化し、291万ドル(約3億1500万円)で販売しています。

TweetのNFTマーケットプレイスでの販売はこの件だけではありません。実業家である与沢翼氏も、第2子誕生時のTweetがオークションで約1041万円で落札されています。

2021年2月22日には、

LeBron James氏(ロサンゼルス・レイカーズに所属)のダンクシュートを撮影したトレーディングカードが約2270万円で取り引きされています。NFT の高額取引は、トレーディングカードの領域も巻き込んでいます。

さらに、VRアーティストせきぐちあいみ氏が作成したVRアート「Alternate dimension 幻想絢爛」が、2021年3月25日、約1300万円で落札されています。

前澤友作氏もNFT に注目

ZOZOTOWNで知られる株式会社ZOZOの創設者前澤友作氏もNFT 市場に非常に関心を持っています。

彼は、2021年8月、NFTに特化したブロックチェーン「パレット」を提供するHashPort社へおおよそ4億8000万円を投資、ブロックチェーンを利用して新しいサービスを開発することを発表しています。

著名なアーティスト、実業家あたりがNFT に今後注目することでよりNFT 市場はにぎわいを見せることでしょう。国内でも今後充分NFT 市場が活気づくことを予測することができます。

NFT投資の期待値  市場は今後どう動く?

NFT 市場は今後どのような動きを見せるのでしょうか。NFT 市場は、まだまだスタートして日が浅いので判断材料が乏しいといういい方も当てはまるのかもしれません。  

しかし、米暗号資産情報サイト「DappRader」では、NFTの取り引き額が2020年上半期1370万ドルをであったものが、2021年の上半期で24億7000万ドルだと報告しています。

市場は具体的数字でも急拡大し、今後の見通しは非常に明るいと見ていいのではないでしょうか。

日本国内で言えば、Coincheckが国内はじめての取引所一体型NFTマーケットプレイスである「Coincheck NFT(β版)」を立ち上げするなど、明るい見通しを示す材料はたくさんあります。

NFT の投資方法

NFT に関心を持った投資家の方々のため、投資方法について解説をします。

NFT作品を直接取り引きする方法

NFT 投資の方法のひとつは、NFT作品を直接取り引きする方法です。

NFT 市場に投資家が参入し、多くのNFT アートが価値上昇しています。投資家が関心を持っているNFT アートに上手く投資することができれば、大きく稼ぐことも決して夢ではありません。

NFT に投資するためには、

・NFTアートが販売されているマーケットプレイスに登録

・仮想通貨をウェブウォレットに入金

・仮想通貨でNFTアートを購入

の3ステップを踏みます。

NFT アートは、ブロックチェーンでの取引であるため法定通貨での取引ではなくイーサリアムのブロックチェーンを活用することが多く、売買もイーサリアムを使用しています。

ウェブウォレットは、

MetaMask(メタマスク)が一番メジャーです。

ほとんどのマーケットプレイスにおいて、MetaMaskと提携されています。

ブラウザに拡張機能として導入したり、スマートフォンのアプリをインストールしたりすることでいつでも仮想通貨の管理、また送金、受け取りが出来ます。

MetaMaskで管理できる仮想通貨はイーサリアムや、イーサリアムのブロックチェーン上のトークンです。

NFT アートを売買することができるマーケットプレイスはいろいろありますが、多くの人たちが利用しているものは、

・OpenSea

・miime

・Coincheck NFT(β版)

です。

OpenSeaは、世界最大手のNFTマーケットプレイスです。

miimeはゲームのキャラクター、アイテムをユーザー同士売買できるマーケットプレイスです。

Coincheck NFT(β版)は、仮想通貨取引サービスと一体化を実現した国内はじめてサービスです。

NFT関連の通貨に投資する

もうひとつNFT 投資の方法には、NFT関連の通貨に投資する方法があります。

最近話題のNFT関連銘柄には、

・エンジンコイン(ENJ)

・サンドコイン(SAND)

・チリーズ(CHZ)

などがあります。

エンジンコイン(ENJ)とは

エンジンコインは、Enjin Platform(64位と)で使われる仮想通貨(ENJ)です。

2021年11月15日には、時価総額ランキングが64位、CoincheckとGMOコインの2社が上場を発表し既に大変注目されている銘柄です。

更に、NFT関連銘柄が上昇を始めており、エンジンコインもその1つとして世界中から大量のお金が集まっています。

サンドコイン(SAND)とは

サンドコイン(SAND)は、 Sandbox(サンドボックス)上で流通している仮想通貨です。

Sandboxは、「メタバース」という仮想空間でマーケットプレイスやゲーム環境など様々なサービスを展開しています。

また、Coincheck社と連携し、Coincheck NFT(β版)でメタバース上の「ランド(土地)」を売買することができます。

チリーズ(CHZ)とは

チリーズ(フィンテック・ソリューション・プロバイダ)はチリーズ(CHZ)を基軸通貨として採用し、特にスポーツ界との提携に力を入れています。

チリーズのファンエンゲージメントプラットフォームである「Socios.com」を通じ、

チームへの応援だったり報酬付与といったファンとの新しい交流を提供することを目的として開発されました。

国内ではCoincheckと提携、チリーズのファンコミュニティ作成用プラットフォーム「Socios.com」で利用可能のNFTをNFTマーケットプレイスで取り扱うことを公表しました。

NFT アートを出品する方法

NFT 利用者の全員がデジタルアートを作成して、NFT アートとしてマーケットプレイスに出品することができます。

NFT アートを出品するためには、

・NFTを保存しておくウェブウォレット

・実際に取り引きをおこなうマーケットプレイス

が必要です。

更に、NFTアートは出品する時には交換する通貨や販売期間など様々詳細事項をとり決めする必要があります。

マーケットプレイスにはCoincheckのマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」

を利用するといいでしょう。取り引き後の仮想通貨を取引所で更に増やすことができます。

NFT投資の注意しなければならないポイント

いままさにNFT 投資をしようと意気込んでいる方々も多いのではないでしょうか。

投資とはギャンブルではありません。ギャンブル以上確実性の高いものであり、将来必要な資産を増やすために有効的方法です。

しかし、投資が100%保護されたものであるかといえばそうではありません。投資にもリスクが存在しているのでそのあたりのことを用心して、NFT 投資をスタートする必要があります。

どうすればリスクを最小限に留めることができるか考えて投資を行うといいでしょう。

NFT を確実な投資とするため、NFT がどのようなものかもっとメカニズムを熟知する必要があります。

NFT にもデメリットがあります。2021年現在、ほとんどのNFT作品はイーサリアムのプラットフォーム上で取引がされています。イーサリアムブロックチェーンはスマートコントラクトを採用し、取り引きなどの契約が実行さればガス代(手数料)が発生します。ガス代はユーザーのアクセスが集中するほど高くなる特徴がありますので、今後もっともNFT 投資の弊害となってしまうことも予測することができます。(Coincheck NFT(β版)利用すれば問題解決出来ます)

また、投資を感情任せにしてしまうから、負けてしまった時もっと取り戻そうと思い大損してしまうことになります。そのようなことが起こらないように感情をセーブ、自分なりルールを決めて冷静に投資と向きあうことが大事です。

まとめ

いかがでしょうか。今回、NFT 投資について解説しました。

NFT は投資として有効的、既に注目している投資家が大勢います。

まだNFT は今後注目される市場なので、これから投資として取り入れることも充分検討の余地があります。

NFT は、日常的なものであり理解しやすいものかといえばそうではありません。非日常に存在する特殊なメカニズムなので、まずはNFT を正しく理解することからはじめてみましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事