2022年9月28日から、NFTマーケットプレイス最大手のOpenSeaがOptimism(オプティミズム)チェーンに対応を開始しました。

しかし、Optimismがどんなブロックチェーンで、どういったNFTコレクションが存在するのかわからない人が多いでしょう。

そこで本記事では、Optimismの特徴やNFTコレクションについて解説します。

この記事のザックリ要約!

・Optimismはイーサリアムチェーンのレイヤー2として開発された

・Optimismを利用するとエアドロップ(無料配布)が期待できる

・Optimismを利用する際は、イーサリアムからETHをブリッジするとよい

NFT取引だけでなくエアドロップにも興味がある方は、この記事をぜひ読んでみてください。

Optimismの概要

Optimism

Optimismは2021年12月にメインネットが開放された、比較的新しいブロックチェーンです。

独自トークンとしてOP(Optimism)が発行されており、海外の仮想通貨取引所などで取引されています。

ただし、ガス代の支払いに用いるトークンはOPではなく、イーサリアムと同様にETHを使います。

NFTマーケットプレイスでもETHで支払えるため、Optimismを利用する際はETHを用意するとよいでしょう

イーサリアムのレイヤー2ブロックチェーン

Optimismは、イーサリアムのレイヤー2(セカンドレイヤー)です。

レイヤー2とは、レイヤー1(ここではイーサリアム)をベースにしながらも、トランザクション処理を別の場所でおこなう仕組みです。

イーサリアムでのトランザクション処理を少なくし、ガス代高騰や速度低下などの問題(スケーラビリティ問題)を解決するために開発されています。

一時期のイーサリアムは1万円以上のガス代が必要だったこともあり、レイヤー2の開発は急務だったといえるでしょう。

イーサリアムのレイヤー2は他にも存在し、ポリゴン(Polygon)やアービトラム(Arbitrum)などが挙げられます。

Optimistic Rollupを採用

Optimismでのトランザクション処理には、Optimistic Rollupという仕組みが採用されています。

処理方法についてザックリ説明すると、Optimistic Rollupではすべての取引に不正がないものとして処理します。

基本的に正当性を確認する計算はしないため、普段の取引における処理時間は短くなります。

そして、あとから正当性のチェックを実施し、不正があれば計算を実行します。

イーサリアムにデータを送る際に正当性チェックがおこなわれるため、処理に時間がかかるタイミングがある点に注意です。

イーサリアムより高速かつ低コスト

前述したとおり、Optimismはトランザクションを計算せずに処理するため、トランザクションのデータが大きいほど、イーサリアムより速く処理できます。

コスト面もOptimismのほうが優れており、イーサリアムと比べてガス代が数分の1程度で済みます。

公式ページには、Optimismが利用され始めてから10億ドル(約1400億円)以上ものガス代を節約できたとの表記が確認できました。

Optimism

Optimismでのエアドロップ

Optimismはメインネットを公開して以降、エアドロップなどのキャンペーンをたびたび開催しています。

まだまだOptimismチェーンは発展中なので、エアドロップは今後もおこなわれるでしょう。

これまで実施されたエアドロップについて解説していくので、今後Optimismを利用する際の参考にしてみてください。

早期利用者にエアドロップ給付金を配布

Optimism|airdrop

Optimismといえば、高額なエアドロップ給付金が配布されたことが有名です。

このエアドロップ給付金は、2022年3月までに以下の条件を満たした人にOPが配布されています。

・メインネット初期段階にOptimismを使用した人(Optimism Users)

・Optimismを繰り返し使用した人(Repeat Optimism Users)

・DAOでの提案者・投票者(DAO Voters)

・マルチシグ署名をした人(Multisig Signers)

・Gitcoinを通じて寄付をした人(Gitcoin Donors)

・イーサリアムを放棄せずに使い続けた人(Users Priced Out of Ethereum)

上にある2つの条件を満たしているだけでも2469.35OP(約32万円)が配布され、4つ以上満たしていれば追加ボーナスも加算されます。

「Airdrop 1」とされているため、こうしたエアドロップ給付金は今後も配布されると考えられるでしょう。

(参考)Optimism doc|Airdrop 1

取引利用者にNFTを配布

Quix|Optimistic Explorerミントページ

2022年10月1日時点では、OptimismのNFT「Optimistic Explorer」を無料で受け取ることができます。

NFTを受け取る条件は、公式ページのチュートリアルに従ってETHをOptimismに送るだけです。

順番通りに作業をこなしていけば、5種類のうちの1つを獲得できます。

送るETHは少額でも問題ないので、Optimismを利用するときは忘れずにチェックしましょう。

(参考)Optimism|Get Started with Optimism

Optimism Questの発行

(参考)Galxe|Optimism Quests

2022年9月から2023年1月まで「Optimism Quests」が開催され、タスクを達成した人に対して記念NFTが発行されています。

タスクは18種類あり、タスクごとに決められたNFTを獲得できます。

NFTを集めるメリットは特に公開されていませんが、エアドロップ配布の対象となる可能性があります。

簡単なタスクもあるので、できそうなものがあればやってみるといいかもしれません。

(参考)Optimism|Quests on Optimism

Optimism上のNFTコレクション例

OptimismのNFTマーケットプレイスで取引されているNFTコレクションの一例を紹介します。

ここで紹介するのは、以下の4点です。

・Apetimism

・OptiPunks

・Optimistic Bunnies

・Ganland

ちなみに、公式からエアドロップされたNFT「Optimistic Explorer」や「Optimism Quest」もよく取引されています。

Apetimism

Apetimism

ボクセルアートで描かれた猿のキャラクターが特徴のNFTコレクションです。

2022年6月に、3999点のNFTが発行されました。

Apetimismは将来的にNFT保有者に利益を還元することを目標としており、メタバースの構築も視野に入れているようです。

具体的なプロジェクトは決まっていないようなので、成長するかどうかはこれからの展開次第でしょう。

OptiPunks

OptiPunks

NFT最初期から存在する人気のコレクション「CryptoPunks」を模して作られたNFTコレクションです。

CryptoPunksと同じく1万点のNFTが発行されています。

Optimismの開発とは関係ない非公式のプロジェクトですが、OptiPunksで得られたすべての収益はOptimismの公共財として寄付すると明言しています。

Optimistic Bunnies

Optimistic Bunnies

Optimistic Bunniesは、Optimism上で最初に展開されたNFTコレクションです。

112種類の特性がランダムに与えられた、うさぎのキャラクター画像が描かれています。

NFTは5151点を発行する予定で、2022年10月3日時点で3708点が生成されています。

公式のミントページから、0.025ETH(約4700円)で生成可能です。

Ganland

Ganland

ファンタジーで独特な世界観をAIによって描いている、ジェネラティブアートのNFTコレクションです。

美麗なアート作品なので、イラスト単体でも楽しめるでしょう。

GENESISやELEMENTSなどのシリーズが6種類あり、それぞれでNFTの数やコンセプトが異なります。

また、NFTを保有している人向けに、マグカップやステッカーなど現物のグッズも販売しているようです。

Optimismで取引するまでの流れ

OptimismでNFTを購入するには、以下の手順でETHを用意しましょう。

1.仮想通貨取引所などでETHを購入する

2.ETHをウォレットに入れる

3.Optimismチェーンに移動(ブリッジ)する

4.NFTマーケットプレイスで取引する

すでにETHをウォレットに保有しているのであれば、3の手順からでOKです。

それぞれの手順について、以下で解説していきます。

ETHを購入する

Optimismはガス代として支払うためのETHが必要なので、取引に使う分も含めて購入しましょう。

日本円でETHを購入する場合は、国内の仮想通貨取引所を利用するとよいでしょう。

おすすめの取引所は、各種手数料がかからないGMOコインです。

口座開設から取引できるようになるまで数日程度かかることがあるので、注意してください。

ETHをウォレットに入れる

仮想通貨取引所にETHを入れたままではNFTマーケットプレイスでの取引に使えないため、購入したETHはウォレットに送金しましょう。

直接Optimismチェーンに送金することはできないので、いったんイーサリアムチェーンにETHを送ります

もしETHを扱えるウォレットを持っていないのであれば、MetaMask(メタマスク)をインストールして使ってください。

Optimismチェーンにブリッジする

イーサリアムチェーンで保持しているETHを、Optimismチェーンに移動(ブリッジ)します。

ブリッジ機能を利用できるサービスはこちらのページで確認できるので、利用したいサービスを選びましょう。

おすすめは以下の2つです。

Optimism Bridge(公式ページ)

Hop Exchange

Optimism Bridgeは公式ページ内のサービスで信頼性が高いですし、チュートリアルを受けながらブリッジを実行することができます。

Optimism|bridge

Hop Exchangeでは、ブリッジ料金の一部をOP Onboard Rewardとして受け取れるため、お得です。

Hop Exchange|Send

取引を開始する

ブリッジが完了したら、OptimismのNFTマーケットプレイスでウォレットを接続し、ETHが反映されているか確認してみましょう。

手持ちのETHが追加されていれば、その金額だけ取引に使えます。

気になるNFTコレクションを探して、取引を始めてみてください。

NFTマーケットプレイス

OptimismのNFTを購入できるマーケットプレイスを3つ紹介します。

いずれのマーケットプレイスでもメタマスクウォレットが利用可能です。

それぞれ特徴が異なるので、取引を始める前に一通りチェックしてみましょう。

Quix(旧名Quixotic)

Quix

Optimism上でほぼ唯一のNFTマーケットプレイスです。

2022年5月からQuixoticとして立ち上げられましたが、現在はQuixに名前を変えています。

NFTの数や最低価格といったデータをコレクション一覧画面で確認できるなど、サイト全体が見やすくて使いやすいです。

また、早期利用者にNFTを配布するなど、エアドロップも期待できる面もあります。

OpenSea

OpenSea

言わずと知れた、NFTマーケットプレイスの最大手です。

Optimism以外のブロックチェーンでのNFT取引に利用しているのであれば、安心して利用できるでしょう。

また、ユーザー数が圧倒的に多いため、Quixよりも取引の機会が多くなる可能性が高いです。

そのぶん、コレクションの最低価格が少し高めになりやすいかもしれません。

tofuNFT

tofuNFT

日本企業が立ち上げた大手のNFTマーケットプレイスです。

対応しているブロックチェーンが27以上あり、Optimismもそのうちの1つとなっています。

Optimism以外のNFTにも興味があれば利用してみるのもいいでしょう。

ただし、ほかの2つのマーケットプレイスと比べると、NFTの取引量はかなり少ないです。

まとめ:これからの発展に注目しよう

OptimismのNFTはそれほど展開しておらず、マーケットプレイスの販売ランキングでも公式のエアドロップNFTが上位を占めている状態です。

しかし、OpenSeaでの取り扱いが始まったことで、今後の成長が見込まれます。

また、Optimismでは高額のエアドロップが配布されたことがあり、今後も実施される可能性が高いです。

Optimismの公式ページをチェックしながら、NFTでも先行者利益を狙ってみるといいかもしれません。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事