NFTスポーツってなに?

NFTスポーツの買い方を知りたい

NFTスポーツで儲けることはできるの?

こんなお悩みを解消します。

NFTスポーツってあまり聞きなれないので、どういうNFTなのかよくわかりませんよね。

そこでこの記事では、NFTスポーツの特徴や仕組みを解説していきます。

NFTスポーツは、価値の高い選手のデータを売却すれば一気に資産を増やせる可能性もあります。

また、売買の方法やについても解説するので、この記事を読み終えれば実際にNFTスポーツの取引を始めることができます。

本記事の内容

・NFTスポーツとは、選手やチームのデータを取引できるカード

・実際にあるNFTカードの紹介

・NFTスポーツの売買方法

・NFTスポーツで資産を増やせるのか

NFTスポーツとは

まず、NFTは一言でまとめると世界に1つだけの画像や音楽、カードなどを作れるデジタルデータ。

NFTのデータは誰にもコピーできない、唯一無二のデータとして今注目を浴びています。

なぜなら、ブロックチェーンの技術を使っているので、絶対に不正や改ざんができないからです。

世界に1つだけの価値を持てることから人気が急上昇しています。

そして、NFTスポーツはNFTを使ったスポーツ選手のトレーディングカードが主に取引されています。

世界的に有名なスポーツクラブだったり、有名な選手のNFTカードをプラットフォームで取引できます。

以前のカードはレアカードであっても複数あるため、簡単にコピーできたり比較的誰でも手に入れやすい環境でした。

ですが、NFTにすると世界に1つしかない唯一のカードになるので、カードの価値が上昇してカード同士でのトレードや売買が盛んに行われるようになったのです。

NFTスポーツの魅力

NFTスポーツの魅力は主に3つあります。

①NFTスポーツはユーザーと競い合える

②ファン同士でNFTの売買や交換ができる

③価値の高いカードを手に入れると稼げる

①NFTスポーツはユーザーと競い合える

NFTスポーツはNFTアートなどと違って、自分が保持しているカードとほかのユーザーが保持しているカードでスコアを競い合う仕組みがあります。

たとえば、サッカーだとチームの選手カードを集めて編集し、リアルタイムで行われている試合によって選手がスコア化され、自分が持つスコアと相手が持つスコアを競い合う仕組み。

自分が保有する選手が活躍すればするほど価値は上がります。

世界に1枚しかないカードだからこそ、自分だけが持つチームを作れたり、価値が上がったカードを売買することができています。

②ファン同士でNFTの売買や交換ができる

NFTスポーツは実在するスポーツチームがコンテンツを販売しています。

同じチームのファン同士でNFTを交換したり、売買をして自分の好きな選手のカードを集めるのも魅力の1つ。

コレクターからすると、好きな選手や好きなプレーを集めることは楽しいと思います!

③価値の高いカードを手に入れると稼げる

NFTカードは世界に1枚しかないカードですから、自分の持つカードの価値が高まれば多くのコレクターが欲しがります。

結果、カードの価格が高騰して売却すれば大きな収入を得れるわけです。

価値の高いカードを保有していれば、それだけで資産として大きな額を持てますし、単純に好きな選手やチームのカードを自分しか持っていないというワクワク感を感じられ、とても楽しいでしょう。

ただ、将来値上がりするだろうと見込んで高額のNFTを購入するのは投機に近いため、まずは趣味感覚で小額から購入しましょう。

では次に、実際にどんなNFTスポーツがあるのか見ていきましょう。

実際にあるNFTスポーツの紹介

実際にどんなNFTスポーツがあるのか紹介していきます。

NFTスポーツが注目されたことによって、数々のスポーツチームがNFT化してコンテンツを販売しています。

中にはお宝級のレアコンテンツもあるので見ていきましょう。

リオネル・メッシのNFT

NFTが売買されているプラットフォーム、「Ethernity Chain」では、サッカー選手のリオネル・メッシ選手のNFTを販売しています。

誰もが知るサッカー選手のNFTですから、価値は想像がつかないくらい高そうですね...

実際、メッシがバルセロナからパリサンジェルマンに移籍する瞬間を祝う意味合いから、価格が4日間で2倍まで急騰していました。

NBAのNFT

バスケットボールの有名チームNBAで、NBA選手のトレーディングカードが開発されました。

「NBA Top Shot」というデジタルカードで、NBA選手の試合のハイライトプレーをNFTとして保有できるサービスです。

好きな選手のプレーを保有できるのは、ファンからしたら相当人気が高いでしょう。

価値が高い選手だと、日本円で4000万以上で取引されていて、かなり金額の規模が大きい市場になっています。

NFTスポーツを作れる「Bitski」

Bitskiは先ほどは打って変わって、NFTを利用者が制作や販売ができるマーケットです。

スポーツに限らず様々なNFTサービスを作成できますが、中でもスポーツは活動が進んでいます。

すでに海外のアーティストが、スポーツメディアと提携してバスケットボールのNFTを販売しています。

売買するだけでなく、制作側にもなれるのは新しいですね。

カードパックNFT「RealFevr」

RealFevrとは、サッカー選手を集めたNFTカードパックです。

スター選手を多く取り揃えていて、発売した直後に売り切れるほどの人気を見せました。

中でも、クリスティアーノ・ロナウド選手やブルーノ・フェルナンデス選手など、世界で活躍する選手のNFTカードを所持できるレア度の高いカードパックは、わずか1分で売り切れるほど人気です。

第2弾もかなり競争率の高い争奪戦になりそうです。

埼玉西武ライオンズのNFT

日本プロ野球の埼玉西武ライオンズもNFTを販売していきます。

主に記念パネルを販売していて、すべて選手のサイン入りという独自の価値がついています。

日本ではまだNFTが世間的にブームになっていないため、コンテンツの種類が少ないですが、これから様々なプロ野球チームも参入していき、ファン同士での売買が行われていくでしょう。

NFTスポーツはどこで買える?

NFTスポーツが販売されている主流にマーケットプレイスは以下の3つです。

  1. opensea
  2. coincheck
  3. Rarible

NFTのマーケットはこれのほかにも存在しますが、大手じゃないと詐欺だったり手数料が高かったりで色々不都合が生じるのでおすすめしません。

では、1つずつ解説していきます。

opensea(オープンシー)

openseaは世界最大規模のNFTマーケットプレイス。

NFTスポーツ以外にも、NFTアートを筆頭に誰でもNFTを販売・購入ができるプラットフォームです。

今後NFTを触るならほぼほぼopenseaを通して売買するといっても良いくらい大きいマーケットプレイスです。

なお、openseaは偽サイトが多く、偽サイトから登録してしまうと個人情報を色々抜き取られてしまいます。

必ずサイトをよく確認してから登録しましょう。

coincheck(コインチェック)

coincheckは仮想通貨取引所として有名です。

コインチェックでは、NFTスポーツなどを売買できる「coincheck NFT(β版)」でNFTスポーツを購入することができます。

coincheckは、世界140ヵ国以上のサッカークラブとライセンスを提携しているゲーム

「Sorare」と取引が可能となっています。

Sorareは現実のリアルタイム試合とリンクしていて、実際に行われている試合のスコアがゲーム内でも反映されます。

そして、自分が保有するカードの選手の活躍度に応じて報酬がもらえる仕組みになっています。

レヴァンドフスキ選手やネイマール選手など、coincheck NFTでしか買えないレアNFTカードを揃えていて、購入したカードはSorareで使用可能です。

ゲーム内で自分だけが持っているカードを使えるのはファンからすればかなり嬉しいですね!

Rarible(ラリブル)

RaribleというマーケットプレイスでもNFTスポーツを購入できます。

先ほど紹介した2つと比べ、出品されているNFTスポーツが安く、「まずは手に取りやすいものを購入したい」という方にピッタリかと思います。

しかし、Raribleは他のマーケットプレイスより手数料が高いので、注意。

Raribleで購入するには、「RARI」というトークンで買う必要があります。

RARIはRaribleで入手できますが、仮想通貨のビットコインやイーサリアムを使用して買わなければいけません。

仮想通貨取引所の口座開設を済ましておきましょう。

NFTスポーツの購入方法

NFTスポーツの購入方法はopenseaかcoincheckを利用しましょう。

なぜなら、この2つは大手のプラットフォームで安心だからです。

1つずつ解説していきます。

openseaで購入

openseaでNFTスポーツを購入する主な手順は次の通り

  1. イーサリアム購入
  2. MetaMask(自分の財布)を登録
  3. MetaMaskにイーサリアムを送金
  4. openseaにアカウント登録&MetaMask連携
  5. 作品を購入

最初に仮想通貨取引所でイーサリアムを購入しなければいけません。

イーサリアムを買う取引所はGMOコインがおすすめ。

理由は取引所の中でも手数料が最安値だからです。

openseaはNFTスポーツ以外にも様々なNFTが売買できるので、これを気に登録しておいても良いかもしれませんね。

coincheckで購入

「coincheck NFT(β版)」で購入することができます。

購入する手順は次の通り

  1. coincheckの会員登録
  2. coincheckに入金し、イーサリアムを購入
  3. coincheck NFTにログイン
  4. 作品を購入

openseaもcoincheck NFTも、購入方法がイーサリアムの場合が多いです。

イーサリアムはビットコインに次ぐ大きなコインですから、持っておいて損はないです。

NFTスポーツを購入してみよう!

この記事では、NFTスポーツの魅力や実例などを紹介しました!

この記事をざっくりおさらいすると、

NFTスポーツは、チームや選手のコンテンツをデータ取引できるトレーディングカードなどのこと。

NFTスポーツの魅力

①NFTスポーツはユーザーと競い合える

②ファン同士でNFTの売買や交換ができる

③価値の高いカードを手に入れると稼げる

NFTスポーツを購入する方法

①opensea

②coincheck

③Rarible

などのNFTプラットフォームでイーサリアムを使用して購入する。

NFTスポーツはNFTの中でもまだ規模が小さいです。

だからこそ、今のうちから参入すればいずれ大きな利益を出せる可能性もありますし、ファンとしても、好きな選手のNFTを早めにゲットしておくとNFTの世界を楽しめるのではないかと思います。

一緒にNFTを楽しんでいきましょう!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事