NFT 仮想空間(メタバース)は一般の方には聞き慣れない言葉ですが、オンライン上で設けられた空間で3DCGで作られた空間です。そのため各種のゲームやシステムのプラットホームとして起用されています。

NFTは暗号資産

オンライン上で構築しているので「ネット回線によってその他のネットユーザー」とのコミュニケーションを図ることが出来たり取引を行うことが出来ます。また「最大の魅力はアバターを作成」することができるのでメタバース内で自分の分身をイメージして操作をすることが可能です。すでに大手のゲームメーカーがサービスを展開していますが「NFTは暗証資産としてブロックチェーン」の上で作られます。

通称「NON FUNGIBLE TOKEN」と呼ばれていていて経済的な価値を持ち、決済やショッピングをネット上で簡単に行うことができるようになるトークンです。日本の企業でも「AVEXなど音楽関係の企業」がすでにチケットの販売などにおいて導入していて、今後も市場でのさらなる導入が期待されるトークンです。

ブロックチェーンに証明書を付帯可能に

ブロックチェーンを使用して「NFTの利用を更に広める」ことが可能となり、コンサートやイベントなどの身分証明確認などもシステム上で行うことができるようになり、会計やショッピングを更にスムーズに行うことができるシステムです。

ネット上で更に安全性の高い暗証資産を使用することができるようになり、今後もさらなる拡大が見込まれています。

1つのコンテンツをより確実に安全に購入することができるようになり、特に音楽業界などの「コンテンツのダウンロードなどにおいて所有者を証明」し明確にすることができるというメリットがありますのでコピーなどの防止にも繋がり、よりデジタルコンテンツの価値を上げることが出来ます。

NFTによって正規販売店の証明書を発行することができる。

NFT 仮想空間(メタバース)は特に、仮想空間やゲームなどにおいて最も利用されていますが、証明書を発行することで販売促進に繋がり安全なショッピングを可能とします。

また送信権を持つことが可能となりだれがどこから購入をしたのかをはっきり明確にすることが可能となります。

金融トレンドとして経済での応用も始まり、情報化社会に適した買い物が可能となります。

だれでも簡単に、デジタルデータをコピーすることが出来ないようにも設定が可能となり、販売業者への利益を確約するようなシステムです。

集団的なバーチャル体験にも

集団的なバーチャル体験においてもメタバーズはすでに利用されています。その魁を行くのがゲームメーカーですが、オンラインでのバーチャル的な体験が可能でコミュニケーションの他にも「売買や物々交換」なども可能となります。ゲームでいうとアイテムの購入などが出来、今後はソーシャルネットワークでの導入も急がれています。こうした試みの中からショッピングやデジタルコンテンツの販売において最も利用されています。

高額なアート商品の販売にも活用できる

NFTは高額なアートなどの取引においても活用されています。特に数百万円する絵画などにおいても「証明書を同時に発行」することが可能となりより、所有権を同時に取得しより信頼性の高い取引を可能とした取引を可能としています。

NFTの持つプログラマビリティについて

プログラマビリティは付加機能であり、データに暗号や、情報を盛り込むことが可能な設備です。

作者の手を離れていっるときでも流通すれば、利益が還元される仕組みとなっています。

デジタル上での資産管理にも最適でNFTはだれでも専用に作成することが出来、市場での流通にも長けています。「所有者は自身のNFTを自由に取引も可能」で様々なショップでの個別での利用ができるようになります。

期待されるマーケット

今後NFTの導入は様々な分野でのビジネスが期待されますが、日本ではゲーム業界、音楽業界システム開発などを担う会社が導入していて更にはECサイトなどでの活躍も期待されています。

ブリックチェーンによってオリジナルの証明を得ることができるようになり、所有していることを明らかにすることが出来るので不正などにも応用が可能となります。

アーティストにとっても有益な仕組みとなっていて登録した商品はアーティストに自動で還元されるようになるので、デジタルデータの所有から収益の確定までスムーズに行うことができるようになります。

Facebookが社名をMETAに変更メタバースに注力

Facebook は今月28日に社名をMETAと変更しましたが、この社名の通り、Facebookはメタバースのサービスを展開するための準備で大忙しです。メタバースはVRや拡張現実と呼ばれ、仮想空間でコミュニケーションを図ることができるようになるので3Dソーシャルネットサービスとして鞍替えの時期のようです。

社名までMetaと変更するようですから、今後はソーシャル・ネットワーキングの形も大きく変わることとなり、メタバーズは今後有力なプラットホームとなることは間違いありません。

また利用者にとっても新しい「プラットホーム」となり、今現在のソーシャルネットウェアーに飽きているネットユーザーにとっても刺激的なプラットフォームとなるようです。

Facebookの今後の方針としても、先5年間のうちFacebookもメタバーズの導入を促進していくと発表していて、今後、一般のネットユーザーがSNSとしてメタバースを導入することが予想されます。新たなコミュニケーション手段となり、SNSなどのソーシャルネットワークにとっても絶好のイメージチェンジの機会になると考えられています。また同時にネットユーザーがショッピングを有意義に行うことができるようにもなり今後の導入において非常に有意義な利用が期待されています。

Facebookがメタバースを導入するに辺り

メタバーズはユーザーが仮想の不動産や、アバターを利用して建物の購入から直接売買などを行うことが可能となり、更には仮想通貨の利用も拡大することに貢献しています。

その他の主要なメタバース市場もデジタルの不動産所有権や、仮想空間を利用して不動産業界なども今後導入されることが予想されます。各エリアごとの特徴などを3Dで表現して、どの土地が良いのかをメタバースによって選択することが可能となります。

メタバーズと仮想通貨、不動産、デジタルグッズ等、インターネットで売買がすでに行われている産業は更に拍車がかかるものとされています。

ゲーム産業での導入

近年Minecraftなどの3Dフィールドを冒険するようなゲーム産業での導入によって、ネットユーザーもAVATARの操作などにも慣れています。フィールドを自在に移動することができ、その他のネットユーザーとのコミュニケーションを図ることが出来、なおかつブロックチェーンによって友人との売買が可能となり、非常に魅力的な操作や利用が可能となります。

ゲーム産業だけでなくソーシャルネットワークや不動産業でも有力視されているので今後の活躍にも期待がかかるイノベーションです。

まとめ

より手間がかからずにデジタルアートやゲームやシステムを購入しやすくなり、購買者や作成者にも効率的で安全な取引を可能としているのがNFTです。今後は様々な方面で活躍が期待されます。

Facebookも社名をMetaに変更することになる程メタバースのプラットホームは注目されています。メタバースは様々な業界での導入が予想されています。

メタバースのプラットホーム上でショッピングや売買が可能となり更に今よりも身近なものへとなり、新たなコミュニケーションの手段として期待されています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事