仮想通貨やビットコインなど、デジタル内での取引は増加しています。今回のNFTトレカ(Non Fungible Token)もデジタル取引の1つです。

初めて聞く方も多いと思います。その為、今回はNFTトレカについて解説していきます。

コインチェックおトクなキャンペーンを実施中!
【1,500円相当のBTCが全員もらえる】口座開設&入金でビットコインあげちゃうキャンペーン

■キャンペーン期間
2022年7月1日(金) 0:00 ~ 2022年9月30日(金) 23:59

■キャンペーン概要
キャンペーン期間内で条件を満たした方全員に1,500円相当のビットコイン(BTC)をプレゼント

■キャンペーン対象者
キャンペーン期間内に本人確認(口座開設)完了後に72時間以内に日本円入金を行ったお客様


ビットコインがもらえるコインチェックの口座開設はコチラ

1) NFTトレカとは

NFTトレカとはNon Fungible Tokenの略で日本語では「非代替性トークン」と呼ばれています。非代替性トークントレーディングカードです。

ブロックチェーン上で個人のデータを記録され、安全に取引することが可能です。

株式会社coinbookが提供しているサービスの1つです。誰でもトレーディングカードの売買が可能になりました。

資産や通貨を管理している会社は、暗号資産の取引が国内で広い、コインチェックが管理しています。コインチェックにアカウントを登録すれば、すぐに売買が可能です。

2) NFTの仕組みと使い道

「ブロックチェーンとは」

サイト内で不正を働く人や正常に動作しない人が居たとしても、正しい取引ができかつ、不正な改善がされないため、安心・安全に取引が可能のこと

NFTはすべてブロックチェーンで紐づけされているため、デジタルの作品に唯一性を付与することが可能となりました。

「Coincheck運営とは」

暗号資産に特化したサイト。国内でもトップで使用される

NFTトレカは、ブロックチェーンの技術を使うことで第3者からの不正なやり取りや動作ミスで取引が改ざんされることが無く、

安全・安心の取引と唯一性の価値のあるデジタルトレーディングカードとして扱うことができます。

売買をやり取りするうえで、Coincheckが運営するCoincheckに口座を作ることで、データの管理ミスもなくなります。

そのため、NFTはデータであっても1枚1枚に値段を付ける事ができます。

3)NFTトレカのアプリの種類

NFTトレカは数が多いため、今回は取引可能なカードを何種類かご紹介します。

ゲームアプリ「クリプトスペルズ」

クリプトンゲームス株式会社が作成したブロックチェーン技術を取り入れたカードバトルゲームアプリです。

このゲームではNFTを用いることによって、ゲーム内で販売することを可能にしています。

互いのカードを売買することで、自分のデッキを強くしたり、使わないカードを売ることで自分の資金にすることもできます。

ブロックチェーンの開発NETを所持するユーザーは自由に2次流通を行うことが出来ます。

2021年1月27日にSKE48がコラボで販売されました。

内容は「SKE48 12th Anniversary Fes 2020 ~12公演一挙披露祭~ NFTトレカ」以外にもここでしか入手できないSKE48の新規メンバーの晴れ着姿も販売されました。

Sorare(ソラーレ) ゲームアプリです

世界140ヶ国のサッカークラブなどが提携しているファンタジーフットボールゲームです。

ゲーム以外にも、アイドルがNFTトレカを採用し自身のトレーディングカード販売したりしています。。

例えば、アイドルの「ももいろクローバー」が、「ももクロメモリ」というタイトルのNETトレカを販売すると発表しています。

10周年記念のNETトレカや、ライブのトレカなどが収録されているそうです。

SKE48もクリプトスペルのコラボだけでなく、「SKE48」も自分たちのNFTトレーディングカード販売しています。

アイドルには、音声や動きなどがカードとして表現されています。

コレクターには嬉しいですね。

4)  NFTトレカの登録の仕方と売買

・Coincheckの登録

NETを始める前に必要なのは、ご自身の暗号資産を作成することです。

https://coincheck.com/ja/

Coincheckのサイトに登録します。

Coincheck用のアプリをダウンロードします。Android版とiPhone版両方あります。

アカウント登録をします。入力の情報を入れて、メールを送ります。

  ↓

暗証認証を送ります。

  ↓

本人確認をします。写真を送ります。

  ↓

取引が可能できるようになります。

  詳細な方法は、コインチェックのサイトに書かれていますのでそちらをご覧ください。

・NFTトレカで購入の仕方

「大きく分けて2つ購入の仕方があります。」

1つ目は、NFTトレカのアプリがあり、そちらから購入するやり方です

2つ目は、NFTトレカが提供している、アプリ内での購入方法です。

1つ目のNFTトレカのアプリでは、「SKE48」や「ももクロ」などの購入が可能です。

アプリ名も「NFTトレカ」です。

NFTトレカを開き、画面右斜めにあります。家のマークをタッチします。

画面が切り替わります。ご自身が購入したいカードが表示されるので、タッチすることで決済画面切り替わります。

クレジット決済で購入が可能です。

2つ目のNETトレカが関与した、アプリ内の購入は、「クリプトスペルズ」や「Sorare(ソラーレ)」などのアプリを使用します。

ゲームアプリで購入の流れが変わるため、アプリ内の指示に従って購入しましょう。

  こちらも同様にクレジット決済が可能です。

・決済方法

  クレジット決済と「Coincheck」の決済があります。

Coincheckはクレジット会社の1つと考えていただくのがイメージしやすいと思います。

金融庁登録済の暗号資産交換業者であるコインチェック株式会社が経営している仮想通貨取引所のため、ネット上での不正の売買や、突然起きる、動作ミスなど仮想通貨の管理に、コールドウォレットという方法を用いています。これは、インターネットに繋がっていないウォレットで仮想通貨を管理しているということです。

  ハッキングに強いシステムとなっており、自分が購入した通貨が安全に守られる仕組みになっています。

そのため安全に取引ができます。

・NFTトレカでの売り方

こちらも上記の「NFTトレカアプリ」や「ゲーム内でのアプリ」で、売る方法が変わります。

1つ目の「NFTトレカ」のアプリで売買する際、マーケットプライスに出品すると、

売買が可能になります。

NFTトレカのアプリ内で操作が可能です。

2つ目はゲーム内での売買です。

例えば「クリプトスペル」では、アプリ内にある「マーケット」のボタンをタッチすることで売買することが可能になります。

クリプトスペルでは、ゲームのキャラクターのレアリティ度によって売買したときの価値が変わります。

かつ、株のようなレートがあり、そのレートによっても、金額は上下します。

同じレアリティでもレートが高ければ、金額は跳ね上がり、レアリティが高ければそれだけで、高額で売ることも可能になります。

アプリ内で異なるため、ご自身のお使いのアプリの売買方法を確認しておきましょう。

5)NFTトレカのメリット・デメリット

メリットとデメリットですが。

「メリット」

・トレーディングカードをカードとして鞄に収入しないため、嵩張りません。

・音声や動きがトレーディングカードについているのもある。

「音声や動きがトレーディングカードについているのもある。」

データだからこそ、トレーディングカードも動きを表すことができます。これもNFTトレカの大きな特徴と言えるでしょう。 

「デメリット」

・実物がないため実感がわかない

・価値の付け方が難しい

・マイナーで認知度が低い。

「実物がないため実感がわかない」

メリットの内容がそのまま、デメリットですね。

データのため、かさばらず、遊びたいときに遊べてその場で売買が可能ですが、トレーディングカードのような、カードがリアルの物体として存在していないため、自分が所持している実感は少ないです。

「価値の付け方が難しい」

クリプトスペルやSorare(ソラーレ)などのトレーディングカードは最安値の平均でも300円だったりします。他のアプリによって価格が異なっているため、価値をつけるのが難しいです。

「マイナーで認知度が低い」

トレーディングカードが好きな方や仮想通貨の取引を行う方であれば知っているかもしれませんが、一般に流通するものではないため、マイナーで一部のユーザーの間しか取引がありません。

6)NFTトレカまとめ

現在、資産は株や暗号資産など様々な形が存在します。まだまだ、知名度は低いNFTトレカですが、今後も増え続け資産の1つになることでしょう。

トレーディングカードの種類も増えていき、すべてがデータでのやり取りになることでしょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事