「楽天NFTでNFTを購入したいけど、どうやって購入したらいいかわからない‥‥。」

楽天NFTは、NFTを手軽に購入、出品できるNFTマーケットプレイスです。

しかし、NFTを扱ったことがない人にとっては、どうやって使えばいいかわかりませんよね。

そこで、この記事では楽天NFTの登録方法から、楽天NFTでのNFT購入方法や出品方法について解説していきます。

楽天NFTはNFTマーケットプレイスの中でも簡単にNFTを取引できるものになっています。

NFTに触れるとっかかりとしてはおすすめできるので、ぜひこの記事を最後まで読んでNFTを触るきっかけにしてほしいと思います。

この記事でわかること

✅楽天NFTの登録方法がわかる
楽天NFTでのNFT購入方法がわかる
✅楽天NFTでのNFT出品方法がわかる

Web3領域における事業開発の課題はありませんか?

NFTimesはWeb3領域におけるプロジェクト企画・実行のプロフェッショナルが集まり、NFTなどを活用したデジタルマーケティングの伴走支援をしています。

NFTimesのことを知っていただく資料を用意しておりますので、ぜひご覧ください。

楽天NFTとは?

楽天NFTとは、楽天グループが運営しているNFTマーケットプレイスです。

楽天のプライベートチェーン上に作られたNFTマーケットプレイスのため、処理速度が速く、取引手数料も安いという特徴があります。

(プライベートチェーンとは、特定の管理者が管理しているブロックチェーンのことです。処理速度などに優れていますが、NFTのやり取りはプライベートチェーン上に限られます。)

他にも、楽天IDがあれば購入・販売ができること、クレジットカードでの直接決済が可能など、パブリックチェーンのNFTマーケットプレイスにはない手軽さが特徴となっています。

楽天NFTでは、ショップでNFTのパックを購入したり、個人間マーケットプレイスでモーメントを販売したりすることが可能です。

「モーメント」とは、動画や画像をNFT化したコンテンツのことです。

モーメントを1つもしくは複数まとめたもので、ショップで販売されているものを「パック」といいます。

楽天NFTについて、詳しくはこちらの記事で解説していますのでご覧ください。

楽天NFTの登録方法

出典

楽天NFTに登録するためには、まず楽天NFTのページを開き、右上の「ログイン・会員登録」をクリックします。

すでに楽天会員である場合はメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

楽天会員でない場合は、「新規楽天会員登録はこちら」から楽天会員に登録していきましょう。

必要事項に入力し、規約を確認してチェックを入れたら「楽天会員登録」をクリックします。

すると、次の画面でニックネームの入力を求められますので、英数字、アンダースコア、ピリオドでニックネームを入力します。

Rakuten NFT ユーザー規約を確認したらチェックを入れて「会員登録」をクリックしてください。

これで、楽天NFTへの登録は完了です。

楽天NFTでのNFT購入方法

NFTを購入するには、楽天公認のショップで購入する方法と個人間マーケットプレイスという個人が出品しているものを購入する方法があります。

ショップは楽天NFTのトップページから確認することができます。

ショップに入って上部の「パックを買う」をクリックするとパックを購入するページに移行します。

「買い物カゴに入れる」から「購入手続きをする」から購入してください。

個人間マーケットプレイスで購入する方法もあります。

楽天NFTのトップページから「個人間マーケットプレイス」をクリックします。

価格やカテゴリーなどで絞って検索することもできます。

個人が出品しているモーメントが表示されますので、欲しいものを選んで購入手続きに進んでください。

楽天NFTでのNFT出品方法

楽天NFTでは、購入したNFTを出品することもできます。

トップページの「マイコレクション」より購入したモーメントを選択し、価格を設定して出品します。

出典

モーメントが購入されると、トークンの移転が始まります。

トークンの移転が完了すると取引成立となり、売上金が反映されます。

売上金は「マイページ」から楽天キャッシュにチャージし、その後出金することが可能です。

これがNFT出品の流れです。

まとめ

この記事では、

✅楽天NFTの登録方法
楽天NFTでのNFT購入方法
✅楽天NFTでのNFT出品方法

について解説しました。

楽天NFTは仮想通貨を購入したり、スワップしたりする必要がなく、クレジットカードでNFTを手軽に購入することができます。

仮想通貨の知識が全くない人でもNFTを簡単に購入することができるので、NFTを初めてやり取りする人にはとっつきやすくおすすめです。

一方で、楽天公認のクリエイターや提携企業のみがNFTを発行可能なので、一般のNFTクリエイターが参入することは難しいと言えます。

もし、自分のNFTアートを出品したいという方は「OpenSea」などのNFTマーケットプレイスを利用すると良いでしょう。

OpenSeaへの登録方法はこちらの記事で解説しています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事