Twitterのアイコンなどで猿の画像を見かけることが多くなりました。

多様な猿のイラストが存在するなか、とくに有名なイラストはBored Ape Yacht Club(以下BAYC)と呼ばれています。

この記事では、BAYCの詳細や関連物を解説・紹介します。

BAYCを持っていると得られる特典についても説明しているので、興味があればご一読ください。

BAYCとは?

BAYC

BAYCとは、2021年4月にYuga Labs社が販売した、類人猿のNFTアートです。

コレクションには1万点が用意されており、それぞれ表情や服などの特徴が違います。

購入した人はTwitterなどのプロフィールにBAYCの画像を設定することで、自分のステータスを示せます。

また、BAYCにはコミュニティの側面もあり、BAYC保有者しか利用できないコミュニティやコンテンツが存在します。

現在はOpenSeaでのみ販売

BAYC:購入ページ

BAYCの公式販売はすべて終了しているため、OpenSeaでのみ購入可能となっています。

公式サイトで販売されたときの価格は0.08ETHでしたが、人気が爆発してから価格はみるみるうちに上昇。

2022年2月時点では90ETH(約3200万円)以上の値が付いています。

なお、総売上はおよそ39万ETHにも及び、OpenSeaの総売上ランキングではCryptoPunksに次いで2位になりました。

OpenSea:ランキング

多くの有名人や企業が購入している

BAYCの価格が上昇した理由の1つとして、有名人や企業が購入したという実績が挙げられます。

たとえば、エミネムとして知られているヒップホップMCのマーシャル・ブルース・マザーズ氏は、123.45ETH(約5320万円)でBAYCを購入し、プロフィール画像も変更しています。

Twitter:Eminemのページ

また、ミュージシャンとして有名なジャスティン・ビーバー氏がBAYCを購入したことがニュースに取り上げられており、その購入額はなんと500ETH(約1億5000万円)です。

OpenSea:購入されたBAYC

ほかにも、adidas Originalsはメタバースアカウントのプロフィール画像にBAYCを使っており、コラボ商品の販売などもおこなっています。

Twitter:adidas Originalsページ

BAYCに関連するNFT

BAYCの関連コレクションとして、以下のシリーズも提供されています。

  • Mutant Ape Yacht Club
  • Bored Ape Chemistry Club
  • Bored Ape Kennel Club

どれも公式では販売・配布を終了しているため、入手するにはOpenSeaで購入する必要があります。

Mutant Ape Yacht Club

MAYC

MAYC(Mutant Ape Yacht Club)は、BAYCがミュータント(突然変異体)になった姿が描かれているNFTアートです。

2万点が用意されており、皮膚がただれていたり目が増えていたりと、BAYCと比べて見た目のインパクトが強烈です。

MAYCには3段階の変異レベルが設定されており、M1、M2、Megaの順にレア度が高くなっていきます。

なお、MAYCには購入以外の入手方法があり、条件を満たせばBAYCをもとに鋳造(ミント)することもできます

Bored Ape Chemistry Club

OpenSea:BACCページ

BAYCからMAYCを鋳造するために必要なNFTで、BAYC保有者に配布されました。

登録されているNFTは3種類のMutant Serumで、変異の仕方が異なるM1、M2、Megaが用意されています。

Mutant Serumを使用すれば、BAYCの持っている特徴が残っているMAYCを入手することが

可能です。

MAYC

MAYCと引き換えにMutant Serumは焼却(バーン)されるため、MAYCの引換券ともいえるでしょう。

なお、Mutant Serumを使用してもMAYCはなくなりません。

Bored Ape Kennel Club

OpenSea:BAKCページ

BAYCの仲間として作られた、犬の画像のNFTアートです。

公式から直接販売はされず、期間内に申請したBAYC保有者に向けて無料で配布されました。

BAYCやMAYCのような保有者限定の特典は用意されていないようなので、購入する際は気を付けましょう。

BAYC保有者の特典

BAYC:The Bathroom

BAYCやMAYCは単なるプロフィール画像ではなく、コミュニティのメンバー証明としても機能します

メンバー限定で利用できるコンテンツには、次のようなものが挙げられます。

  • The Bathroomの利用権
  • 商用利用の権利
  • 限定グループチャットへの参加権

上記以外にも、BAYCをモチーフにしたスマホゲーム関連の企画に参加する権利といった特典が、続々と追加されています。

Bored Ape Kennel ClubやMutant Serumを配布した前例もあるので、これからもBAYCを保有するメリットが期待できるでしょう。

The Bathroomの利用権

最初に提供されたコンテンツは、BATHROOMと呼ばれるピクセルキャンバスでした。

リン

The Bathroomでは15分ごとに1ピクセルのみ描画でき、保有者全員でキャンバスを共有します。

メンバーが力を合わせながら1つのイラストを完成させていく過程で、仲間意識を育むことができるでしょう。

商用利用の権利

BAYC

BAYCは二次販売できるだけでなく、購入したBAYCの画像を商用利用することも可能です

そもそもNFTは購入しても所有権が与えられないことが多く、手に入れたNFTアートの商用利用が認められていない場合がほとんど。

しかし、BAYCでは所有権と商用利用権が認められており、そのことは公式ページにも明記されています。

そのため、購入したBAYCの画像をTシャツなどのグッズに印刷・販売したり、二次創作に利用したりすることができます。

限定グループチャットへの参加権

公式のDiscordにはBAYC保有者のみ参加可能なチャンネルが存在します。

BAYCを保有しているウォレットを接続・認証しなければ、チャンネル一覧に表示さえされません。

BAYCを購入するほどの投資意識を持った人が集まるため、有益な出会いのチャンスがあるでしょう。

有名人がチャンネルに顔を出し、交流を持つことになるかもしれませんね。

まとめ:BAYCは購入者特典のあるNFTアート

OpenSea:BAYCページ

BAYCはNFTアートであり、メンバーカードでもあります。

adidasなどの有名企業とのコラボが実現するほど人気のあるNFTなので、投資目的で購入するのもいいかもしれません。

購入する際はOpenSeaのイーサリアムブロックチェーンで探してみてください。

ただし、購入者による二次創作が認められていることもあって、BAYCに似ているNFTも多数販売されています

類似商品ではBAYC購入者限定の特典を受けられないため、間違って別のNFTを購入しないよう注意しましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事