誰かとNFTをトレードしたいときは、どうすればよいでしょうか?

マーケットプレイスでは仮想通貨で売買することができますが、NFTとNFTを交換できない場合がほとんどです。

この記事では、NFT同士を交換する方法や手順を解説します。

 この記事でわかること

 ・NFT同士を交換する方法や必要なものがわかる

 ・それぞれの交換方法のメリットやデメリットがわかる

 ・交換する際に気を付けるべき点がわかる

NFTの受け渡しをしたい人や、やり方に興味がある人は、ぜひ本記事を読んでみてください。

コインチェックおトクなキャンペーンを実施中!
【1,500円相当のBTCが全員もらえる】口座開設&入金でビットコインあげちゃうキャンペーン

■キャンペーン期間
2022年7月1日(金) 0:00 ~ 2022年9月30日(金) 23:59

■キャンペーン概要
キャンペーン期間内で条件を満たした方全員に1,500円相当のビットコイン(BTC)をプレゼント

■キャンペーン対象者
キャンペーン期間内に本人確認(口座開設)完了後に72時間以内に日本円入金を行ったお客様


ビットコインがもらえるコインチェックの口座開設はコチラ

NFTを交換したいケース

NFTを交換したいと思うケースはいくつかあります。

どんなケースで交換が必要になるかを把握しておけば、あなたの活動・行動に選択肢を増やせるでしょう。

NFTの交換が必要になる場面としては、次のようなケースが考えられます。

  • 同価値のNFTをトレードする
  • NFTと引き換えに商品を渡す
  • クリエイター同士で自分の作品を渡しあう

それぞれのケースについて、詳しく見ていきましょう。

同価値のNFTをトレードする

同じ価値をもつNFTを保有している人と出会うことがあれば、NFTをトレードしたくなる可能性があります。

金銭的に同額でなくても、それぞれの価値観で損得が合致すればトレードは成立します

たとえば、同じブロックチェーンゲームで利用できるNFTを、それぞれのユーザーの好みにあったものと交換したいケースが考えられるでしょう。

ゲームによっては、コミュニティでトレード専用のチャットルームが用意されていることもあります。

NFTと引き換えに商品を渡す

NFTの販売方法として、通貨の代わりとなるNFTが配布される場合もあります。

先にコイントークンをエアドロップなどで配布して、そのコインと引き換えに商品を渡すという流れです。

このときの引き換え方法は人によって異なるため、その取引方法が安全であるか、実行してよいかを考える必要があります

クリエイター同士で自分の作品を渡しあう

自分もNFTを制作するクリエイターであれば、クリエイターとの交流の一環として自分の作品を渡しあうこともあるでしょう。

お互いの作品を渡しあい、紹介しあうことで、クリエイター同士の繋がりを強くできるうえに、ファン層の拡大が期待できます。

また、NFTを渡せばコレクションの保有オーナー数が増えるため、ブランド力の向上にも繋がります。

NFTを交換する3つの方法

NFTを交換する具体的な方法を3つ紹介します。

  1. NFTの送信機能を使って送信しあう
  2. マーケットプレイスのオファー機能でお互いに購入する
  3. NFT TraderなどのNFT交換サービスを利用する

それぞれの方法の概要を一通り見ていきましょう。

方法1.NFTを送信しあう

お互いにNFTを送信するというシンプルな方法です。

あらかじめ交換するNFTを決めておき、指定されたアドレスへ送信します。

ただし、こちらがNFTを渡したのに相手が送ってくれないトラブルが起きる可能性があります。

この方法で交換するには、お互いが信頼しあっていなければ難しいでしょう。

方法2.マーケットプレイスで互いに取引する

マーケットプレイスで相手のNFTにオファーをかけ、それぞれが仮想通貨で取引をする方法です。

例を挙げると、自分のNFTを0.1ETHで販売し、相手のNFTを0.1ETHで購入するといった流れになります。

仮想通貨を担保にしているぶん、方法1より取引が成立しやすいでしょう。

こちらも片方の取引だけが成立する可能性はあるので、注意は必要です。

なお、お互いに購入することで販売実績がつくメリットもあります。

方法3.NFT交換サービスを利用する

NFTを同タイミングで交換できるサービスも存在します。

たとえば、NFT Traderというサービスを利用すれば、イーサリアムやポリゴンのNFTと通貨を交換できます。

両者が合意したタイミングで同時に交換するので、公平に取引ができるでしょう。

ただし、ガス代以外にも手数料がかかったり、限られたNFTしか交換できなかったりするデメリットもあります。

OpenSeaでNFTを送信する手順

ウォレットにあるNFTを送信する方法としては、NFTマーケットプレイスの機能を利用して送る方法がわかりやすいでしょう。

たいていのマーケットプレイスにNFTを送信する機能があるので、取引するNFTのブロックチェーンに対応したマーケットプレイスを利用してください。

ここでは、イーサリアムやポリゴンに対応しているマーケットプレイスである、OpenSeaでの送信手順を解説します。

送信の仕方

ウォレットを接続したら、アカウントのプロフィール画面から送信するNFTを選択してください。

NFTの詳細画面の右上にアイコンが並んでいるので、紙飛行機のアイコン「Transfer」をクリックします。

次に、送信先のウォレットアドレスを入力してください。

そして、署名をすれば送信手続きが始まります。

ガス代がかかる場合、署名時にガス代が表示されるので支払いましょう。

送信プロセスに入って画面が切り替われば、送信成功です。

NFTの受け取り方

相手からNFTを送ってもらったら、無事に受け取れているかプロフィール画面のNFT一覧で確認しましょう。

送られてきたNFTは「Hidden」タブに入れられていることが多いです。

NFTが見当たらないときは「Hidden」タブも見てみましょう。

なお、「Hidden」に入っているNFTは、Unhideすれば「Collected」へ移動できます。

OpenSeaでオファー取引をする手順

交換時に仮想通貨もあわせて取引する手順を解説します。

なお、商品を出品して購入してもらうこともできますが、その方法では第三者が購入してしまう可能性があります。

取引する相手を確実に選べるオファー取引で売買してください。

オファー(入札)する方法

まずは、入札するNFTのURLアドレス(OpenSeaのもの)や名前を教えてもらい、NFTの詳細ページへアクセスしましょう。

詳細ページにある「Make offer」ボタンからオファーを出せます。

オファーするNFTが未承認の場合はその旨が表示されるので、問題なければチェックを付けてください。

そして金額の入力画面になったら、支払いに対応している仮想通貨でいくら支払うか入力しましょう。

あとは送信する場合と同様に、署名をすればオファーが相手に届きます。

もし金額が足りなかったり、違うネットワークからコンバートする必要があったりする場合は、それらの処理もする必要があります。

オファーを承認する方法

NFTにオファーが付くと、NFT詳細画面の「Offers」一覧にオファー内容が表示されます。

「Accept」ボタンを押して承認すれば取引が成立し、NFTを渡してお金が支払われます。

なお、取引する相手以外からもオファーされている場合があるかもしれません。

その場合、取引相手の名前や金額をよく確認したうえで承認するよう気を付けてください。

NFT Traderの利用方法

NFT Trader|White Paper

NFT交換サービスの例として、NFT Traderを利用した方法を解説します。

NFT Traderでは、トレード内容を決定する人と、そのトレードに同意する人に分かれます。

それぞれでトレード内容を決めるときにウォレットアドレスやNFTを選択しなければならないので、あらかじめ相談しておきましょう。

トレード内容を決定する

トレード内容の決定は、トップ画面の「Make a trade」ボタンからおこないます。

NFT Trader

「My Wallet Assets」側に自分が渡すものを、「Counterparty Assets」側に相手から受け取るものが表示されます。

+ボタンから交換物を選択しましょう。

一覧に表示されているコレクションのNFTのみ交換可能なので、要注意です。

ちなみに、ETHなどの仮想通貨と一緒に交換することもできます。

両方の取引物を選んだら「NEXT」ボタンを押し、手数料などを支払ったら登録完了です。

トレードに同意する

トレード内容が確定したら、取引相手はトップ画面の「Check My Trades」から該当するトレードを探します。

取引完了前のトレードは「Pending」に表示されるので、選択して支払いを済ませてください。

支払いが終わったら取引成立となり、このタイミングでお互いのNFTがトレードされます。

交換時の注意

NFTの交換をする際に注意したいのは、次の3点です。

  • アドレスを間違えないように気を付ける
  • 取引内容は事前確認をして明確にする
  • 心当たりのないNFTには触れない

NFT分野は法整備が整っておらず、トラブルが起きやすいことが予想されます。

トラブルに巻き込まれないように細心の注意を払いましょう。

アドレスを間違えない

NFTの交換において一番注意したいのは、アドレス間違いです。

入力するアドレスを間違えると相手に届かないどころか、別の人に渡してしまったり、NFTが消失したりする可能性さえあります。

けっしてアドレスを手入力せず、ウォレットからコピー&ペーストする習慣を付けてください

取引内容の事前確認は明確にする

交換するNFTや受け渡しする金額、日時など、取引内容は事前に確定させましょう。

NFTは本当に自分がほしいものなのか、金額に間違いはないか、といった確認を、取引を実施する前に調べておいてください。

相手との認識にズレがあった場合、取引後に揉める可能性があります。

文章に書き留めて再確認をとるなど、確実な対応をしていきましょう。

心当たりのないNFTには触れない

OpenSeaでの取引をしていると、交換した覚えのないNFTが届いていることがあるかもしれません。

そのNFTには絶対に触れないでください。

HiddenからUnhideにするなどの操作によってアカウントが乗っ取られるリスクがあります。

確実に自分が手に入れたものだという自信がもてるNFTのみ取り扱いましょう。

まとめ:状況に応じたNFTの交換方法を選ぼう

今回の記事をまとめると、次のようになります。

方法メリットデメリット
送信しあうすぐに実行しやすい取引が成立しない可能性がある
オファー取引をしあうお金を担保にして交換できるほかのオファーと混同する可能性がある
交換サービスを利用する確実に交換が成立する一部のNFTしか対応していない

交換相手との信頼関係や交換するNFTによって適した方法を採用してください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事