「NFTをオリジナルで作ってみたけど、全然売れない…」「SNSを使って自分のNFTを宣伝したい」

このような悩みをお持ちの方に、この記事は非常に有益です。

今回は、Twitterを通してNFTを効果的に宣伝する方法を解説します。この記事を読めば、主に以下の3つのことを理解できますよ。

この記事でわかること

  • あなたのNFTが売れない理由
  • NFTが売れるための3つの要因
  • Twitterによる効果的なNFTの宣伝方法

ぜひ最後までご覧ください。

あなたのNFTが売れない理由【結論:知名度がないからです】

まずは、我々一般人が作るオリジナルのNFTが売れない理由を解説していきます。

見出しにも書いてありますが、結論から申し上げると、あなたのNFTが売れない理由は「知名度がない」からです。

NFTアートは世界中の人々によって販売されているもの。さらに、デジタルアートは言語の壁を気にしないので市場が広い分、ライバルも多数存在します。

そのため、あなたがインフルエンサーや著名人といった知名度のある人物でない限り、あなたのNFTアートが評価・認知される可能性は極めて低いです。

もちろん、アート作品そのもので評価されることもあります。そして、それこそがアート評価のあるべき姿でしょう。しかし、世の中そんなに甘いものではありません

やはり、NFTアートが売れる多くの理由は、「有名人が作ったものだから」「話題だから」といったものです。

以上のことより、NFTアートを売るためには「知名度・認知度を上げる」必要があり、まさに本記事では、そのための「NFTアートをSNSで宣伝する効果的な方法」を解説しています。

知名度が必要になるNFTですが、裏を返せば、NFTアートをただ制作するだけではなく、ツイッターを使って宣伝するところまでイメージできる人はごく少数

そのため、一気にNFTという大きなパイを独占して、お金を稼ぐことも可能になります。

次に、自分のオリジナルのNFTを売れるようにするために必要な3つの要素を解説します。

NFTが売れる仕組みを理解していないと、間違った宣伝方法で遠回り(時間・コストの浪費)する恐れがあるので、あわせてチェックしておきましょう。

世界中で爆発的に売れているNFTがある理由【背景にある3つの要素を解説】

世界に目を向けてみても、ほとんどのNFTは誰の目にも止まっていません。そして、お金のやり取りもされていません。

しかし、ごく稀に世界的に注目されるNFTアートがありますよね。例えば、Beepleの「Ocean Front」や「Everydays—The First 5000 Days」など。これらは、他の作品とどういった違いがあるのでしょうか。

ここでは、そのような”売れているNFT”と”そうではないNFT”とを隔てる3つの要素に注目しました。

・ターゲットを明確にする

・固定のファンを獲得する

・作品の知名度を上げる

もちろん、先行者利益的に注目を浴びた作品もありますが、以上の3つの要素は人気のあるNFTアートには必要不可欠なものなので、ひとつずつ見ていきましょう。

要素①:ターゲットを明確にする

1つ目の売れているNFTにある要素の1つは、ターゲットの明確化です。

Beepleなら社会風刺的な絵を描くことがあり、その作品による収益は慈善団体に寄付することが明言されています。

例えば、「Ocean Front」というBeepleの作品。本作は気候変動がもたらす環境破壊の風刺画が描かれており、SDGsなどのキーワードに敏感なターゲットに向けたものであると予想されます。

要素②:固定のファンを獲得する

2つ目の売れているNFTアートにある要素は、固定のファンがいるかどうかです。

アート作品の価値は、その作品に関連するファンが多ければ多いほど上昇します。そのため、常に新作を待ってくれるファンの存在が、売れているNFTアートの絶対条件の1つだと言えそうです。

要素③:作品の知名度を上げる

最後、3つ目の要素は作品の知名度です。

何度もお話ししている通り、「作品の知名度」はNFTアートが売れるかどうかで最も重要な要素です。

BeepleはNFTアート界で最も有名なアーティストの1人ですが、やはりそういった知名度があれば、作品自体の価値を検討する前から価値がつきます。

以上が、売れているNFTアートの3つの要素です。次に、具体的なNFTの宣伝方法です。

以上の要素を意識しながら、TwitterでオリジナルのNFTを宣伝できれば、間違いなくこれまで以上に作品が注目されるようになります。

NFTでお金を稼ぎたい人は、必ずチェックしてくださいね。

TwitterなどのSNSを活用したNFTの宣伝方法【事前準備も解説】

ここからは、具体的なTwitterを使ったNFTの宣伝方法を解説していきます。その前に、その事前準備を簡単にみていきましょう。

まず、NFTアート用のSNSアカウントを作成します。そして、NFTアートのターゲットを決めましょう。SNSのおすすめは、「Twitter」になります。

なぜなら、国内外問わずNFTの情報を収集している人たちの多くはTwitterを利用しているからです。

世間一般の感覚ではインスタの方が人気だと思われるかもしれませんが、NFT界隈ではTwitterを主戦場にして戦うことをおすすめします。

次に、NFTアートのターゲットを決めましょう。ただ、いきなりターゲットを絞るのは難しいと思います。

なので、ここでは1つだけ決めてしまいましょう。それは、「国内と海外のどちらに売り込むか」ということ。

国内向けに発信するならTwitterは日本語アカウントですし、海外に向けて発信するなら英語を使う必要があります。これらを両立することは難しいので、最初の段階でどちらか1つに決めておいてください。

(マーケットの大きさを考えても、おすすめは英語を使って海外向けに発信することです。英語力に関してはそこまで必要ないので、苦手だからという理由だけで諦めないでくださいね。)

ここからは、具体的な宣伝方法を解説します。今回は主に2種類の方法を紹介するので、読了後は実践してみてください。

・作品画像をツイッターで投稿する

・他のアカウントにリプを送る

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

宣伝方法①:作品画像をツイッターで投稿する

1つ目の宣伝方法は、Twitterのツイート機能で作品を紹介するというもの。

まずは、自分のNFT作品を宣伝するために、「作品画像+1文」のツイートをしましょう。

やはり、視覚情報である「絵」が最も人の目を惹きつけやすいので、短めの文章と共に作品画像を添付することをおすすめします。

宣伝方法②:他のアカウントにリプを送る

そして、2つ目の方法は他のNFTに関するツイッターアカウントのツイートにリプを送るというもの。NFTに興味を持つ層はまだまだ少ないので、そのコミュニティに積極的に参加したり、交流することで宣伝効果があります。

ただ、その際に「自分の宣伝ツイートのURLだけを送る」や「明らかにコピペの文章を貼り付ける」などの迷惑行為は絶対NGです。

ひとつひとつのリプを丁寧に考えてください。「面倒な作業だな」と感じる方もいるかもしれませんが、後々誠意のある愛情のこもったメッセージを送り合える関係になるとメリットもたくさんあるので、ここは頑張りましょう。

以上、2つの方法がTwitterを使ったNFTの宣伝方法です。ただ、本記事はこれだけでは終わりません。

この続きでは、ツイッターでNFTを宣伝する際に押さえておくべきポイントを計3つ紹介しているので、より効果的に宣伝したい人はあわせてチェックしておきましょう。

効果倍増!TwitterでNFTを宣伝する際の3つのポイント・コツ

ここからは、TwitterでNFTアートを宣伝する際のコツをお伝えします。先ほど紹介したもの以外の知名度をUPさせる方法も解説しているので、有益な情報になっていますよ

そして、宣伝する際のポイント・コツは以下の3点です。

①常日頃からフォロワーを集める

②#(ハッシュタグ)を活用する

③世界に向けて発信できる英語力を養う

ひとつずつ見ていきましょう。

ポイント①:常日頃からフォロワーを集める

まずは、常日頃からフォロワーを集めるための施策を行いましょう。Twitterなら「プレゼント企画」や「他の人のツイートにリプを送る」などが効果的なアクションになります。

SNSを使うのは、NFTの宣伝と知名度を上げるためなので、最初はギブの精神を持ってフォロワーさんに還元していきましょう。

ポイント②:#(ハッシュタグ)を活用する

そして、#◯◯といったハッシュタグを有効活用することも心がけてください。

例えば、英語圏では「#NFTGiveway」というハッシュタグがあります。このハッシュタグは、NFTアートのプレゼント企画を指しており、多くの人がこのハッシュタグを習慣的にチェックしているので、知名度を上げるチャンスです。

先ほども述べた通り、最初は将来的な投資だと考えて宣伝のために資金を投入することも必要になります。

ポイント③:世界に向けて発信できる英語力を養う

さらに、世界的なユーザーに向けて発信するため英語を有効に使いましょう。ネイティブ並みの英語力が必要だとは言いませんが、英語力はあって損なものではありません。

NFT関連のニュースも英語で書かれているものがほとんどなので、情報収集のためにも英語をある程度扱えるようになるとお得です。

Twitterでの宣伝にも英語を使ってリプを送ったり、ツイートをする必要があるので、英語嫌いの人はGoogle翻訳などのツールを使って頑張ってください。

以上が、NFTアートを宣伝する際の3つのポイントでした。しかし、ハッシュタグやリプライを送るといった施策のやりすぎは禁物です。

(こちら側の「自分のNFT作品を宣伝したい」という気持ちだけで行動すると、相手に不快な気持ちを与えかねません。なので、「相手ファーストで行動した結果、宣伝効果もあった」というのが最善です。)

まとめ:Twitterを活用して、オリジナルNFTアートを世界に宣伝しよう

今回は、Twitterを使ったNFTアートの宣伝方法とそのコツをお伝えしました。

ただ、ここまでいろいろなテクニックなどもお伝えしてきましたが、決して一瞬で効果の出る魔法のようなものは一つも紹介していません。

地道にコツコツ努力することで効果があるものばかりなので、ぜひこの機会にNFT作品の宣伝に力を入れてみてください。

その努力が実を結んで、オリジナルのNFTアートで一攫千金が狙えるかもしれませんよ。

売れるNFTアートの作り方はこちらから↓

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事