盛り上がりを見せているNFT市場。

NFTのオークションが開催されれば、高額で落札される作品も多々ありますよね。

では、NFTのオークションについてどれだけ知っていますか?

「オークションって、あのオークションだよね?」

「NFTのオークションってどこでやってるの?」

「高額落札された作品ってどんなのがあるの?」

今回は、このような疑問を持っている方に向けて、NFTのオークションについて紹介します。

・NFTオークションに参入しているオークションハウス

・日本で開催されたNFTオークションについて

・高額落札されたNFT作品7選

この記事を読めば、NFTオークションの基礎知識はバッチリ!

ぜひ、最後までお読みください。

コインチェックおトクなキャンペーンを実施中!
【1,500円相当のBTCが全員もらえる】口座開設&入金でビットコインあげちゃうキャンペーン

■キャンペーン期間
2022年7月1日(金) 0:00 ~ 2022年9月30日(金) 23:59

■キャンペーン概要
キャンペーン期間内で条件を満たした方全員に1,500円相当のビットコイン(BTC)をプレゼント

■キャンペーン対象者
キャンペーン期間内に本人確認(口座開設)完了後に72時間以内に日本円入金を行ったお客様


ビットコインがもらえるコインチェックの口座開設はコチラ

NFTオークションに大手が続々と参入

オークションといえば、美術品や骨董品などの現物を扱うイメージですよね。

しかし最近のオークションは、NFTのデジタル作品も扱っているんです。

時代の流れに乗ってNFT作品を扱うオークションハウスを紹介します。

・Christie's(クリスティーズ)

・Sotheby’s(サザビーズ)

Christie's(クリスティーズ)

クリスティーズは、1766年にイギリスで設立された、255年の歴史を誇るオークションハウスです。

2021年3月、クリスティーズはNFTオンラインオークションを初開催。

このオークションでは、Beepleの作品「EVERYDAYS: THE FIRST 5000 DAYS」が75億円という値段で落札されたことは、衝撃的でしたね。

Sotheby’s(サザビーズ)

引用:PR TIMES

サザビーズは、1744年に設立された世界最古のオークションハウスです。

ロンドンで創業されましたが、現在はニューヨークに本部があります。

2021年4月、サザビーズは匿名のデジタルアーティストPakとコラボして、NFTマーケットプレイス「Nifty Gateway」で「The Fungible Collection」というセールを開催。

2021年10月には、NFTスタジオ「Mojito(モヒート)」へ23億円を投資しました。

また同月には、サザビーズ独自のNFTプラットフォーム「Sotheby’s Metaverse(サザビーズ メタバース)」を公開

このサザビーズ メタバースでは、サザビーズの専門家が厳選したNFT作品を購入できます。

日本初のNFTオークションが開催

引用:美術手帖

日本でも、2021年10月に国内初のNFTオークションが開催されました。

NFTは海外のみならず、日本国内にも大きな流れを生み出しそうですね。

ここでは、日本初のNFTオークションについて紹介します。

・主催者は「SBIアートオークション」

・出品作品は全8点

・【839万5000円】高額落札は現代美術家のスプツニ子!

主催者は「SBIアートオークション」

引用:SBI Art Auction

日本初のNFTオークションを開催したのは、2011年に設立されたSBIアートオークション。

2021年10月30日、東京都渋谷区で開催されました。

SBIアートオークションは、「アート業界のすそ野を広げ、アート市場の活性化と健全な発展に寄与することを使命としています」というように、NFTオークションを開催することで、日本のデジタルアートの活性化に貢献しています。

出品作品は全8点

引用:美術手帖

今回のNFTオークションに出品された作品は、以下の8点。

・TERRA 2021/セーワ・アテイファ

・1. DOKU Hello World 2. DOKU HUMAN/ルー・ヤン

・ムーンウォーク☆マシン、セレナの一歩/スプツニ子!

・POTATO/デヴィッド・オライリー

・Waltz of The Machine Equestrians/ウダム・チャン・グエン

・「あなたのために、」/ユゥキユキ

・Money, Money, Money/ケニー・シャクター

・Goodbye Meaning/たかくらかずき

NFT作品の詳細は、SBIアートオークション-NFTをご覧ください。

【839万5000円】高額落札は現代美術家のスプツニ子!

引用:coindesk japan

8点のNFT作品が出品された中で、最も高額で落札されたのは、現代美術家のスプツニ子!の「ムーンウォーク☆マシン、セレナの一歩」で839万5000円でした。

スプツニ子!は、東京を拠点に活動するアーティストで、東京藝術大学美術学部デザイン科准教授でもあります。

NFTオークションで高額落札されたアート7選

NFTオークションが盛んになってきた現在、高額落札された作品もたくさんあります。

それでは、一体どのような作品が高額落札されたのでしょうか?

ここでは、高額落札された作品の一部を紹介します。

① 【75億円】BeepleのNFTアート「EVERYDAYS : THE FIRST 5000 DAYS」

② 【32億円】BeepleのNFTアート「HUMAN ONE」

③ 【18億円】9枚のCryptoPunks

④ 【3億円】Twitter創業者の初ツイート

⑤ 【1億9400万円】エミネムのフィギュア

⑥ 【1300万円】せきぐちあいみの「Alternate dimension 幻想絢爛」

⑦ 【1041万3690円】与沢翼の第二子出産ツイート

① 【75億円】BeepleのNFTアート「EVERYDAYS : THE FIRST 5000 DAYS」

引用:NFT WORKS

NFTオークションで高額落札された作品といえば、これ!

BeepleのNFTアート「EVERYDAYS : THE FIRST 5000 DAYS」は、75億円というとんでもない金額で落札されました。

Beepleは2007年5月1日から13年以上、毎日1点のデジタルアートを公開し続けていました。

この「EVERYDAYS : THE FIRST 5000 DAYS」は、公開し続けた中から5000点までの作品をコラージュしたものです。

② 【32億円】BeepleのNFTアート「HUMAN ONE」

引用:Hype Art

「HUMAN ONE」は、Beepleがクリスティーズに出品した2作品目。

この「HUMAN ONE」は、史上2番目に高額で落札された作品になりました。

③ 【18億円】9枚のCryptoPunks

引用:COINTELEGRAPH

CryptoPunksは、ドッド絵で描かれたキャラクターです。

この9枚のCryptoPunksは、2021年5月にクリスティーズのオークションで落札されました。

④ 【3億円】Twitter創業者の初ツイート

引用:日本経済新聞

Twitterの創業者であるジャック・ドーシーが、初めてツイートしたものNFTとして販売しました。

このNFTは、2021年3月22日に約3億円で落札。

⑤ 【1億9400万円】エミネムのフィギュア

引用:Crypt Times

アメリカのアーティスト、エミネムがNFT として販売したアクション・フィギュア。

2021年4月25日、NFTマーケットプレイスであるNifty Gatewayにて、1億9400万円で落札されました。

⑥ 【1300万円】せきぐちあいみの「Alternate dimension 幻想絢爛」

引用:Coin Partner

日本のVRアーティストであるせきぐちあいみのVRアート作品。

2021年3月24日、NFTマーケットプレイスOpenseaにて、約1300万円で落札されました。

⑦ 【1041万3690円】与沢翼の第二子出産ツイート

引用:日刊SPA!

実業家で投資家である与沢翼の第二子出産ツイート。

2021年6月15-19日、ツイートをNFT化できる日本発のサービスHEXA(ヘキサ)で開催されたオークションで、1041万3690円で落札されました。

まとめ

いかがだったでしょうか?

NFTのオークションについて、紹介しました。

・クリスティーズ、サザビーズなど大手オークションハウスがNFTオークションに参入

・SBIアートオークションが日本初のNFTオークションを開催

・Beepleをはじめ、数々のアーティストのNFT作品が高額落札されている

NFTオークションが盛り上がりを見せている中、今後どのような高額落札を目撃することになるのでしょうか?

日本人のアーティストのNFT作品が、億を超える値段で落札されることにも注目ですね。

とてつもない金額で落札されているNFT作品、これからも目が離せません。

お読みいただき、ありがとうございました。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事