この記事では

  • LooksRareとは何か知りたい
  • LooksRareを始めたいけど、始め方が分からない
  • LooksRareとOpenSeaの違いを知りたい

このような疑問を解決します。

LooksRareとは、2022年1月に始まったNFTマーケットプレイスです。

2022年2月20日現在では、24時間の取引高がOpenSeaを超えるほど、注目を浴びています。

それを踏まえて、本記事では以下の点を解説します。

  • LooksRareの特徴
  • LooksRareの始め方

この記事を最後まで読めば、LooksRareについて理解が深まるだけではなく、始めることもできるので、是非最後まで読んでください。

コインチェックおトクなキャンペーンを実施中!
【1,500円相当のBTCが全員もらえる】口座開設&入金でビットコインあげちゃうキャンペーン

■キャンペーン期間
2022年7月1日(金) 0:00 ~ 2022年9月30日(金) 23:59

■キャンペーン概要
キャンペーン期間内で条件を満たした方全員に1,500円相当のビットコイン(BTC)をプレゼント

■キャンペーン対象者
キャンペーン期間内に本人確認(口座開設)完了後に72時間以内に日本円入金を行ったお客様


ビットコインがもらえるコインチェックの口座開設はコチラ

LooksRareとは

LooksRareは、2022年1月10日から開始したNFTマーケットプレイスです。

当時シェア率No.1だったOpenSeaのライバルマーケットとして登場しました。

LooksRareは中央集権ではなく、コミュニティ主導を掲げるマーケットプレイスです。

Zodd、Gutsと名乗る匿名のエンジニアが共同創業者であり、その他デザイナーなどを含めた11人のチームで運営されています。

OpenSea並みの取引量

LooksRareは、2022年2月20日現在、OpenSeaと同程度、もしくはそれ以上の取引がされています。

(参考ページ)

この理由は、LooksRare自体のサービスの魅力もありますが、独自トークン「LOOKS」の配布(エアドロップ)によって、OpenSeaユーザーの移動を図った背景もあります。

LooksRareは、2022年6月16日~12月16日の間にOpenSeaで3ETH以上の取引を行った上客に、LOOKSを無料配布しました。

このようなライバルサービスのユーザーを狙う手法は、「ヴァンパイア・アタック」と言われています。

LOOKSについては、後述します。

LooksRareの特徴

ここからは、LooksRareのマーケットの特徴を3点解説します。

独自トークン「LOOKS」を発行

一つ目は、独自トークン「LOOKS」を発行している点です。

LOOKSは前述したように、OpenSeaの取引を3ETH以上行っている人に無料配布されました。

LOOKSは、ステーキングに利用できるため、報酬を得ることもできます。

ステーキングとは、仮想通貨を一定数預けて、金利で稼ぐ仕組みのことです。

また将来的には、LooksRareのガバナンストークンとして利用する予定であることも公表されています。

ガバナンストークンは、運営の方針について投票できる権利です。ガバナンストークンを多く持つほど、決定権が強くなります。

さらにLooksRareでは、NFTの売買が成立すると、販売者と購入者の両方にLOOKSが配布されます。これは実質、キャッシュバックに相当します。

手数料がOpenSeaより安い

LooksRareでは、OpenSeaよりもNFT販売手数料が安い点も魅力的です。

各NFTマーケットプレイスでかかる手数料は、以下の通りです。

  • OpenSea:売上の2.5%
  • LooksRare:売上の2.0%

0.5%の差でも、売上額が大きい場合、かなりの差が生じます。クリエイター側に、より売上が入る点も、LooksRareの優れた点の一つです。

ETHとWETHが使用可能

LooksRareでは、ETHとWETHの2種類の仮想通貨が使用可能です。WETHはERC-20規格のETHで、ETHと同じ価値を持っています。

ETHとWETHの使い方は以下の通りです。

  • ETH:固定価格のNFTの購入
  • WETH:固定価格のNFTの購入、コレクションのオファー

オファーする際は、WETHしか使用できません。なお2022年2月現在は、Polygonに対応していません。

LooksRareの始め方

それではLooksRareの始め方を解説します。

LooksRareの始め方は、次の通りです。

  1. MetaMaskをインストールする
  2. LooksRareとMetaMaskを連携する

LooksRareの会員登録等は必要ありません。

①MetaMaskをインストールする

MetaMaskのインストール方法は、下記の記事で紹介しているので参考にしてください。

②LooksRareとMetaMaskを連携する

最初にLooksRareのサイトにアクセスしましょう。

>>>LooksRare公式サイト

MetaMaskのネットワークをイーサリアムにする

  

Polygonのネットワークだと、エラーが起きるので注意してください。

LooksRareのサイトで「Connect」をクリック

右上にあるConnectをクリックします。

MetaMaskを選択

接続するウォレットをMetaMaskにします。

MetaMaskと連携させる

MetaMask側の画面で、接続します。

これで連携は完了です!LooksRareでNFTの売買が可能になりました!

LooksRareでNFTを購入してみましょう

LooksRareでは、OpenSeaの人気コレクション「BAYC」「Azuki」も出品されています。

固定価格で購入したい場合はETHを、オファーをしてみたい場合はWETHを使って、NFTマーケットを楽しみましょう!

まとめ

今回はLooksRareの特徴と始め方について解説しました。

本記事のまとめです。

  • LooksRareは、OpenSeaより売上手数料が安くて、クリエイターに優しい
  • LooksRareでは、独自トークン「LOOKS」を発行している。LOOKSはステーキングにも使える。
  • LOOKSはNFTの取引をすることで、NFT販売者、購入者の両方に配布される
  • LooksRareは、MetaMaskと連携するだけで、簡単に始められる

既にOpenSeaを始めている人にとっては、始めるハードルが低いので、まずはウォレットを接続して、気になるコレクションを探してみましょう!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事