今回は、NFT界を賑わしている話題の「Nouns DAO」について解説します。この記事はこんな方におすすめです。

・Nouns DAOのNFTに興味がある

・Nouns DAOの将来性を知りたい

・NFTに関する最新ニュースを知りたい

それでは早速、本題へいきましょう。

この記事をざっくり要約!

  • Nounsは毎日1つ自動的に生成されるNFT
  • Nouns DAOはその組織を運営するDAO型組織
  • これまでNFT界だけでなく、他の分野で知名度を上げてきた

はじめに:Nouns DAOとは?

まず、ここでは簡単に「Nouns/Nouns DAO」について解説します。

一言で説明すると、NounsとはNounders(プロジェクトの初期メンバー)によって制作されたNFTのことです。

より正確に述べると、NounsはそのNFTの集合体を意味しており、個々のNFTは「Noun」と呼ばれています。

(眼鏡のアイコンが特徴のドット絵NFTで、見たことがあるという人も多いのではないでしょうか。)

後述しますが、Nounsには「毎日1つずつ自動的に生成される」という一風変わった特徴があり、毎日公式HPで24時間のオークションが開催されています。

そこで、Nounを購入できた人がNouns DAOの一員になるという仕組みです。

ただ、これだけではまだまだわからないことだらけだと思うので、次の項目でより詳しくNounsを見ていきましょう。

Nouns DAOの5つの特徴

ここからは、Nouns DAOの特徴について解説していきます。ここまで読めば、Nounsについてだいたいのことはわかるようになるので、ぜひ最後までお付き合いください。

それでは早速、Nouns DAOの5つの特徴を紹介します。

特徴①:毎日1体のNounが自動的に生成される

特徴②:どのNoun(NFT)もレア度が同じ

特徴③:CC0(パブリックドメイン)を採用している

特徴④:フルオンチェーンNFTである

特徴⑤:収益はコミィニュティ内のトレジャリーに保管

ひとつずつ見ていきましょう。

特徴①:毎日1体のNounが自動的に生成される

1つ目の特徴は先程も述べたとおり、毎日1体のNounが自動的に生成されるという点です。

誰か一人が中央集権的な力を有してNounの提供を牛耳っているのではなく、プログラムによって自動的にNFTが生成されるため、DAOの仕組みとしてもかなり健全だといえます。

(このような自動で生成されるNFTのことを、「Generative NFT(ジェネラティブNFT)」と呼びます。)

特徴②:どのNoun(NFT)もレア度が同じ

また、Nouns間でレア度に差がないのも特徴です。普通、自動的に生成されるNFTだとレア度や優劣がつけられますが、Nounsではそのあたりも平等になっています。

そのため、見た目や自分の好みで購入したいNFTを決めることができますよ。

特徴③:CC0(パブリックドメイン)を採用している

また、NounsはCC0(クリエイティブ・コモンズ・ゼロ)を放棄しているため、著作権がありません。そのため、誰でも商用利用が可能になっています。

後の項目では、実際に利用された事例も紹介しますよ。

特徴④:フルオンチェーンNFTである

NounsはフルオンチェーンのNFT(イーサリアム上に直接保存されている)であるため、データを改ざんできないNFTであるのも魅力です。

永続的で、一生消えることがないNFTというのは安心ですよね。

(高額なNFTを買ったのに消えてしまっては元も子もないので、「フルオンチェーンのNFT」というのは非常に重要な要素となってきます。)

そのため、1体のNFTの価値が非常に高いです。はじめの1体目は613ETHという大変高額な金額で取引され、それ以降も100ETHほどで取引されています。

特徴⑤:収益はコミィニュティ内のトレジャリーに保管

また、Nounの販売で得た利益は全てNouns DAO内の「トレジャリー」と呼ばれる、一種の財布のようなところに保管されています。しかも、手数料を抜かずに全額です。

(普通ならNoundersが何%か手数料として報酬を取ると考えられそうですが、彼らはそういったことをしません。あくまで、他のユーザーと平等である「DAO」の秩序を守っているといえます。)

以上が、Nouns/Nouns DAOの5つの特徴でした。次に、具体的なNouns DAOが活用された過去の事例をおさらいしておきます。

Nouns DAOの過去の活動

Nouns DAOはNFTを販売する以外にも、さまざまな分野で活躍しています。ここでは、その過去の活動を振り返っていきましょう。

1. スーパーボウル

1つ目に紹介するのは、アメリカで最も注目度の高いスポーツの祭典であるスーパーボウルとNouns DAOについてです。

まず、Nouns DAOがビールをモチーフにしたNounを作ったことが始まりでした。

そこで、ビール会社のバドワイザーにこのNounをプレゼントし、スーパーボウルの試合の合間に流れるCMに使ってもらおうと考えたのです。

その際ももちろん、DAO内での投票が行われました。その結果はこちらのサイトで確認できますよ。>>https://nouns.wtf/vote/33

こうしてバドワイザー社は2022年のスーパーボウルのテレビCMでビールをモチーフにしたドット絵のキャラを登場させ、話題となりました。

また、それだけでは終わらず、このNFTをパッケージにしたビールの開発も始まっています。

2. ファッションブランド

こちらはあるファッションデザイナーが「Nounsをモチーフにしたデザインの服を作る」といったことを提案し、始まったプロジェクト。

実際に3Dプリンターで実物化したNounsを連結させて服を作り、話題を呼びました。今後はその洋服をデジタルファッションにも応用する予定だそう。

このような取り組みが頻繁に行われるのも、前述した「CC0を放棄した」という特徴が生かされています。

著作権がないことで、今後二次創作して服を販売する場合に、Nounsの使用料が抜かれることはないからです。

ただ、これだけを聞くと「Nouns DAOのメンバーは得をしないんじゃ…」と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

Nounsのブランディングが上がることは、NounsのNFT自体の価値を上げることに直結し、それを売買すれば間接的に利益を得ることができます。

このように、ウィンウィンの関係性が構築されているため、非常に持続可能性が高いのも魅力です。

Nouns DAOの今後の展望

ここからは、Nouns DAOの今後の展望について解説します。これまでもNFT界だけでなく、多くの分野に活動の幅を広げてきたNouns DAO。

今後も大量にあるトレジャリー内のイーサリアムを活用して、Nouns自体のブランディングを高めていくと考えられます。

先ほど紹介したもの以外にも、Nounsのコーヒーブランドを作ったり、ウクライナへの支援、Nounsを題材にしたドキュメンタリー映画の制作をしたりしています。

このように、ランダム性が一種の面白さでもあるので、将来を予想することは非常に難しいのですが、予想としましてはNounsを使ったNFTゲームが開発されると思われます。

その理由は、Nouns自体のブランディングを高める作業にも限界があるからです。

そのため、知名度・人気がある程度まで高くなったら、次はNounsを実際に利用する手段の1つとして「NFTゲームを作る」のではないかと予想します。

まとめ:Nounsのニュースをチェックしよう

今回は、Nouns DAOについて徹底解説しました。

しかし、この記事ではNounsの購入方法は解説していません。

なぜなら、非常に高額だからです。1体あたり1,000万円以上することもザラにあるため、一般人の方で購入できる人はごく少数でしょう。

だからといって「それだったらNouns DAOは関係ないな」と考えるのは早計です。

NounsにはNFT界のブームを作り出せる力があるので、Nounsを購入していなくてもNFTに興味があるならニュースはチェックしておきましょう。

今回は以上です。

売れるNFTアートの作り方はこちらから↓

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事