今回は、「メタバースゲームで副業ができるのか?」について解説します。

「メタバースゲームでお金は稼げるのかな?」「自分の好きなゲームを副業にしたい」と考えている方は必見です。副業にすることができるメタバースゲームを本記事では3つも紹介していますよ。

また、メタバースゲームについての基本的な説明もしているので、メタバースについて全然知らないという方でも理解できる内容になっています。ぜひ最後までご覧ください。

はじめに:メタバースゲームとは?

まずは簡単にメタバース・メタバースゲームとは何かについて解説します。

早速ですが、メタバースとはインターネット上の仮想空間のことです。その仮想の3D空間では世界中の人々がアバターとなり、ひとつのコミュニティを形成しています。

メタバースでは現実世界と同じような生活をすることが可能です。例えば、ゲームをしたり、ファッションを楽しんだり、音楽ライブに参加したりと現実世界のように人生を満喫できます。

(メタバースについては当サイトの他の記事で詳しく解説しているので、より詳細に知りたい方はこちらをご覧ください。)

そして、特にメタバースで注目されているのが「メタバースゲーム」です。ほとんど同じ意味で「NFTゲーム」というものも存在しますが、メタバースゲームは完全に仮想空間内でのゲームという意味では全くの別物と言えるでしょう。ただ、どちらにも共通して言えることが、「ブロックチェーン技術を活用しているため、お金が稼げる」ということ。

メタバースゲームはまだ発展途上といった段階で、日本でもあまり普及していません。しかし、メタバースゲームは「どうぶつの森」や「マインクラフト」の世界観に似ているため、流行れば一気に火がつくことが予想されます。

そこで本題ですが、メタバースゲームを副業にしてお金を稼ぐことはできるのでしょうか。次で解説していきます。

メタバースゲームを副業にすることはできるのか?【答えはYESです】

早速、結論からお伝えします。メタバースゲームを副業にしてお金を稼ぐことは可能です。その理由として以下の3点が挙げられます。

・収益化構造が整えられている

・簡単かつ安全にプレイできる

・好きなことだから続けられる

順番に見ていきましょう。

収益化構造が整えられている

メタバースゲームを副業にできる1つ目の理由は、「収益化構造が整備されている」からです。NFTゲーム同様にメタバースゲームではお金を稼ぐ方法が整備されているため、誰でもゲームを楽しみながらお金が稼げます。

具体的に説明すると、ブロックチェーン技術によってゲーム内で獲得したアイテムが全てNFT化されます。NFTになったアイテムはその価値が保証されるようになるため、そのアイテムを仮想通貨と交換したり、他のユーザーと売買・取引できるという仕組みです。

「ゲームで稼げる」と聞くと、詐欺のように思えるかもしれませんが、きちんとした仕組みで稼げるため安心して利用できます。

簡単かつ安全にプレイできる

メタバースゲームを副業にできる2つ目の理由は、「簡単かつ安全にプレイできる」からです。メタバースゲームは誰でも簡単に始められるようになっており、かつ危険性もありません。

例えば、ゲームの世界では「バグ」や「チート」といった不正行為が蔓延していますが、NFT・メタバースゲームではそういった改ざんができない仕様になっています。なぜなら、ブロックチェーンがデータを分散して保存しているからです。これは、仕事としてメタバースゲームに取り組む人間にとってはありがたいですよね。

好きなことだから続けられる

メタバースゲームを副業にできる3つ目の理由は、「好きなことだから続けられる」からです。この記事を読んでいる人の多くは、ゲームが好きな方々だと思います。それなら、メタバースゲームを副業にすることは簡単です。なぜなら、副業の最大の難点は「継続できないこと」なので、そのハードルをあっさりクリアできるメタバースゲームなら副業として稼ぎ続けられるでしょう。

以上が副業としてメタバースゲームで稼げる3つの理由でした。ここからは、具体的に副業でメタバースゲームを始めるのにおすすめなものを3つ紹介します。

副業で始められるメタバースゲーム3選

ここでは副業におすすめのメタバースを紹介します。自分が使うメタバースを決める際には「面白そうなゲームがあるか」を重視して探してみてください。今回紹介するのはこちらの3つです。

・The Sandbox

・Decentraland

・Enjin Network

ひとつずつ簡単に紹介していきます。始める際に必要な初期費用についても言及しているので、参考にしてみてください。

The Sandbox

1つ目に紹介するのは「The Sandbox」という、イーサリアムのブロックチェーンを活用したメタバースで、仮想空間内で土地(LAND)を購入したり、ゲームをしてアイテムを獲得することでお金を稼ぐことができます。具体的には獲得したアイテムや土地をNFTマーケットプレイスに出品することで、仮想通貨と換金できますよ。

初期費用として仮想空間上のLANDの購入だけが必要になります。LANDはOpenseaなどで購入可能で、2021年8月時点では0.4〜0.6ETHとなっています。日本円で約14〜21万円です。

ゲームはマインクラフトのようなオープンワールド形式のものなので、マイクラの世界観がお好きな方はぜひプレイしてみてください。

Decentraland

2つ目に紹介するメタバースは「Decentraland」です。こちらもイーサリアムのブロックチェーンを活用したメタバースで、VRを使って利用することができます。自分の買った土地(LAND)を自由自在にカスタマイズして遊べるため、よりリアルになった「どうぶつの森」といったイメージです。

もちろん、自分の買った土地や建てた家、アイテムなどは売買できるので、副業としてメタバースゲームをしたい人にもおすすめ。

Decentralandで利用できる仮想通貨は「MANA(マナ)」と呼ばれるトークンで、メタバースが注目されていることもあり、価格は上昇傾向にあります。こちらのコインは日本国内で最大手の取引所である「コインチェック」で購入可能なので、まずはコインを買ってから始めてみてください。

初期費用として仮想通貨のMANAを購入しておきましょう。ただ、ご安心ください。1000円程度の少額から始められますよ。

Enjin Network

最後に紹介する3つ目のメタバースは「Enjin Network」です。こちらも先ほどまでの2つと同様に、イーサリアムのブロックチェーンを活用したプラットフォームで、Enjin Network内でゲームをプレイしてGETしたアイテムはENJトークンという形でNFT化されます。それを売買することで、プレイヤーはお金を稼ぐことができるという仕組みです。

Enjin Networkではさまざまな種類のゲームを楽しめますが、特におすすめなのが「The Six Dragons」です。ファンタジー世界を舞台にクオリティの高いRPGを堪能できるので、そういった世界観が好きな人はまずプレイしてみましょう。アイテムや武器を自分なりに強くして、取引できますよ。

こちらの初期費用も非常に安く済みます。仮想通貨のENJコインを購入するだけで始められますよ。日本のコインチェックでも購入できるコインなので、今すぐチェックしてみましょう。

以上が、副業をするのにおすすめのメタバース3選でした。どのメタバースでもお金を稼ぐことができるので、まずは自分がやってみたい類のゲームができるメタバースを始めてみてはいかがでしょうか。

まとめ:メタバース・NFTを勉強しながら副業として稼ごう

今回は、「メタバースゲームを副業にできるのか」ということをテーマにお話ししました。

結論、副業としてメタバースで稼ぐことは誰でもできます。まだ日本では馴染みのない話ですが、先行者利益を得るためにもぜひ今日から始めてみてはいかがでしょうか。

日本語の情報も少ない分野ですので、ぜひ当サイトなどのメディアも活用しつつ、日々学習して稼いでいきましょう。今回は以上です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事