今回は、最近注目を集めている「Sleep Future(スリープフューチャー)」について暗号資産の観点から徹底解説します。この記事を読めば、以下の2つのことが理解できます。

この記事でわかること

  • Sleep-to-Earnの考え方
  • SleepFutureとは
  • SleepFutureの特徴

2022年〜2023年にかけてバズるであろう「Sleep-to-Earn」の考え方とともに、Sleep Futureも大きな成長を遂げると思われるので、ぜひこの機会にチェックしてみてください。

コインチェックおトクなキャンペーンを実施中!
【1,500円相当のBTCが全員もらえる】口座開設&入金でビットコインあげちゃうキャンペーン

■キャンペーン期間
2022年7月1日(金) 0:00 ~ 2022年9月30日(金) 23:59

■キャンペーン概要
キャンペーン期間内で条件を満たした方全員に1,500円相当のビットコイン(BTC)をプレゼント

■キャンペーン対象者
キャンペーン期間内に本人確認(口座開設)完了後に72時間以内に日本円入金を行ったお客様


ビットコインがもらえるコインチェックの口座開設はコチラ

寝て稼ぐゲーム『Sleep to Earn』とは?

寝ている男性

本記事では「Sleep Future」について解説しますが、その前に「Sleep-to-Earn」について知っておくことが重要なので、まずはそちらをみていきましょう。

2021年、「Play-to-Earn」という用語が流行りました。意味は「ゲームをプレイして稼ぐ」というもので、NFTゲームやメタバースゲームの流行の基にある考え方です。

そして、2022年には「Move-to-Earn」と呼ばれる、「移動して稼ぐ」という考え方が流行りつつあります。

ただ、それだけでは終わりません。情報感度の高い人はすでに次のステップである「Sleep-to-Earn」に目をつけています。意味は「眠りながら稼ぐ」というまさに夢のようなもの。

そして、そのSleep-to-Earnを基にしたサービスが今回紹介する「Sleep Future」です。

では、Sleep Futureとはどういったサービスなのでしょうか。次の項目では、その特徴について解説していきます。

Sleep Futureの3つの特徴

sleepfutureのロゴ

ここからは、Sleep Futureについて詳しくみていきましょう。

Sleep Futureは暗号資産に関する新しいプロジェクトのことで、「睡眠に悩んでいる世界中の人々を、ブロックチェーンという技術を活用して助ける」というものです。

では、具体的にどのようなサービスなのか気になりますよね。

ここでは、3つの特徴に分けて解説していきます。

①寝るだけでお金を稼ぐことができる

②6つの機能を搭載している

③提携企業には有名企業もあり

ひとつずつ見ていきましょう。

特徴①:寝るだけでお金を稼ぐことができる

Sleep Futureの1つ目の特徴は、寝るだけでお金が稼げるという点です。

「寝るだけで暗号資産が稼げるって怪しい。どうやって暗号資産を捻出しているの?」と思われる方も多いかも知れませんが、Sleep Futureではちゃんとした仕組みが整えられているので、ご安心ください。

仕組みは非常にシンプルで、睡眠という我々の行動情報が欲しい企業にその情報を売ってお金に変えているというもの。

これに似た形のサービスは今現在もたくさんあります。例えば「レシートの写真を撮るだけでポイントが貯まる」というアプリは、購買情報とポイントを等価交換していますよね。

同様にSleep Futureでは、睡眠情報と暗号資産(トークン)が等価交換されているということです。

(詳しい情報の活用方法はわかりませんが、大量の睡眠パターンを分類することで、「タイプ別におすすめのマットレスの硬さを変える」といった企業努力につながるかもしれませんね。)

また、Sleep Futureでのお金の稼ぎ方はそれだけではありません。一晩完璧な睡眠(睡眠スコアが100%)を実行することができたら、10USTD(約10ドル)得ることができます。言い換えれば、「健康的な睡眠ができるだけで1000円稼げる」ということです。

(現時点では、どのように睡眠スコアを算出するかは明らかになっていませんが、興味深いプロジェクトであることは理解していただけると思います。)

Sleep Futureでは独自のトークンである「SLEEPEE」というものを発行しており、ユーザーは以上のような方法を通して、そのトークンを稼ぐことができます。

特徴②:6つの機能を搭載している

また、Sleep Futureには多くの機能が搭載されており、今後もさまざまな場面で活躍することが見込まれます。その機能というのがこちら。

sleepfutureの機能
  • SleepTown
  • Sleepee
  • SleepDoctor
  • SleepStore
  • SleepEdu
  • SleepCloud

Sleep Town」とは寝るために用いる実際の睡眠施設のことで、シンガポールやマレーシアに数カ所設置されています。

Sleepee」は睡眠の質を測る専用のアプリケーションで、そのアプリが測定する睡眠スコアに応じてトークンが得られる仕組みです。

SleepDoctor」では睡眠の専門家に意見やアドバイスをもらうことができ、睡眠の質の向上が目指せます。

SleepStore」は睡眠に関するグッズ(枕やベッドなど)を専門で販売するECサイトで、提携企業の商品などがラインナップされています。メンバーシップ制度もあり、効率的に商品を購入することもできます。

SleepEdu」は睡眠教育(Sleep Education)を受けられるサービスで、「SleepCloud」はユーザーから得た睡眠情報をcloud上で集約・管理・分析し、医療技術の発展や睡眠教育、医療器具などの分野に活かすことを意味しています。

このように、Sleep Futureはあらゆるジャンルのビジネスを1つのサービスで行っています。

特徴③:提携企業には有名企業もあり

Sleep Futureはシンガポールにある会社によるサービスで、2019年から構想されてきました。

提携企業一覧

そして、その提携企業として有名な企業がたくさん参加しています。特に、睡眠関連の会社が多い印象です。また、ファーウェイなどのIT企業も含まれています。

以上が、Sleep Futureの3つの特徴でした。3つの特徴に分けて解説したので、詳しくSleep Futureについて理解できたと思います。

次に、本サービスの始め方について解説していくので、Sleep Futureが気になっているという人はチェックしておきましょう。

Sleep Futureの始め方を徹底考察

パソコン作業をしている男性

現在はまだ利用できないSleep Futureですが、将来的にはどのように始めていけばいいのでしょうか。

(ここからはある程度の予想・考察も交えるので、最終的な判断はみなさん自身で行いましょう。)

Sleep Futureは専用のアプリさえあれば、睡眠スコアが出力され、それ同等のトークンを得ることができます。そのため、Sleep Futureの利用は基本的に無料になると考えます。

また、始め方も簡単になるでしょう。例えば、アカウント作成だけでSleep Futureが利用できる可能性が高いです。

Sleep Futureの将来性を徹底考察

sleepfutureのロードマップ

次に、Sleep Futureの将来性について考えていきましょう。Sleep Futureはこれまでにはない「Sleep-to-Earn」という考え方を基にしているため、ライバルとなる企業はほとんどありません。

また、プロジェクトの実現性などは公式HPをみてもわかる通り、かなり計画が練られていることがわかります。

そのため、将来的に成功する可能性が高いサービスだと言えるでしょう。

2022年の9月にベータ版のsleepeeアプリが配信されるそうです。

「Sleep-to-Earn」の前の「Move-to-Earn」も、ここまで流行するものだとは思われていませんでした。

以上のことからも、今回のSleep Futureも注視していくことをおすすめします。

まとめ:寝ながら仮想通貨を稼ごう!

今回は、「Sleep-to-Earn」という考え方を基にしているSleep Futureというサービスの概要についてお話ししました。

まだ、アプリも配信されていないサービスのため、実用化にはもう少し時間がかかると思われますが、今後も注目しておきたいサービスであることは理解できたと思います。

ぜひ本記事を読まれた後は、海外の英語ニュースで「Sleep Future」についてチェックしていただければ幸いです。

(当サイトでも最新情報が分かれば、情報を発信していくのでチェックをよろしくお願いします。)

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事